片付けられない原因は大きくわけて3つ!原因を知り片付けられるようになろう

部屋を片付けられないという人は実は意外とたくさんいます。小さいころに、使ったものは片付けなさいと母親や先生から平等に言われて育ったはずなのに、どうして片付けが得意な人と苦手な人が出てきてしまうのでしょうか。 片付けられない人には原因があります。今回は片付けられない原因を解き明かしてみたいと思います。


この記事は約6分で読み終わります。

部屋が片付けられない原因は大きくわけて3つ!

部屋が片付けられない原因は大きく3つに分けられます。3つそれぞれについてみていきましょう。

・忙しくて後回し
片付けは家の内部のことにとどまるので、多少汚くても散らかっていても自分たちが我慢すればそれで済む家事です。そのため、仕事や育児が忙しくて後回しになってしまうという人も多いのではないでしょうか。
片付けられない人は、毎日掃除したり片付けたりするのは無理だから、いつか一気にやろうと思っている人が大半です。しかし、一気にやる時間がなかなか取れず、結果的に片付けられないと悩むことになってしまうのです。

・片付けが苦手
家事の中で片付けだけは苦手だという人はたくさんいます。料理や洗濯は自分の生活にかかわることなのできちんとやる人が多いですが、片付けは自分が気にならなければそれでいいというスタンスで、苦手だからやらないという人も多いです。
片付けが苦手な人にとっては、掃除や片付けは苦痛でしかなく、しかもしなくても生きていけるのでなかなか克服できなくなってしまいます。

・何を捨てればいいのかわからない
片付けるためにはとにかく捨てることだというのはわかっているものの、何を捨てればいいのかわからないために片付けができない人もいます。
自分にとって何が不要で、何をどれだけ使っているのかということもなかなか把握できない人は捨てるのが難しいかもしれません。
また、もったいないと思いがちの人も捨てるのは難しいでしょう。不要な物なんてないと思ってしまうと、捨てるということが途端にできなくなってしまうからです。


目次へ

片付けられない人がやりがちな行動

片付けられない人はどんな行動パターンなのでしょうか。ここでは片付けられない人の習慣についてご紹介します。

・とりあえず保管
捨てるにはもったいないし、いるかいらないかもわからないからとりあえず保管しようと、紙袋に入れたまま保管してしまうのが片付けられない人の行動です。
いるかいらないか考えることを放棄してしまい、とりあえず紙袋や箱に入れて見えないところに押し込む…こうすると一見見えないので片付いたかのように見えますが、結局いつか捨てることになります。
とりあえず保管しておくという物は、たいていの場合使い道はありません。しかも中身がわからない保管の仕方をしてしまうと、一生その物は紙袋から出されることもありません。とりあえず置いておくという選択をするときは、中身がわかるように保管したいですね。

・何かに使えると取っておいてしまう
片付けられない人の代表行動パターンがこれ。「いつか何かに使えるかもしれない」と捨てずにとっておくパターンですが、「いつか」が訪れることはまずありません。
今、使用が想定されるシーンや必要性が見えないようなら、それはたぶん不要な物でしょう。いつか使えるかもしれないという思考を持っている限りは、片付けられるようになるのは難しいかもしれません。

・物がたくさんあるといいと思ってしまう
物に囲まれているのが好きな人はこの思考を持っています。物はあるに越したことはない、たくさん在庫やストックがあるほうが安心だという人は片付けができない人です。
物はあればあるだけ家の中の限られたスペースを圧迫し、より片付けにくい環境にしてしまいます。必要な物を必要なだけ置いておくという習慣を身に着けたいですね。


目次へ

片付けられるようになるにはこの3つ!

片付けられない人が片付けられるようになるには、いったいどうすればよいのでしょうか。片付け上手になるためのポイントについてご紹介します。

手の届く範囲にゴミ箱を設置

ゴミがなかなかすぐに捨てられない人は、ゴミ箱を手が届く範囲に複数置いておくのもひとつの方法です。ソファーや座椅子などの場所から離れたところにゴミ箱を設置すると、ゴミを捨てるために立ち上がらなければならず、面倒くさがりの人は捨てに行くのが面倒なので放置してしまいます。
ゴミをあちこちに放置すると、部屋がだんだん汚くなってしまうので部屋を片付けるのが億劫になって片付けたくなくなってしまうのです。そのため、ゴミが出そうな場所、自分が過ごす場所から手が届く範囲に複数のゴミ箱を設置することをおすすめします。
ゴミがゴミ箱に入れられるようになれば、ゴミによって散らかることも減るため、前向きな気持ちで片付けに向かうことができるのです。

掃除する日と場所を決める

掃除が嫌いな人は、ゴミも汚れもため込んでしまうので、掃除をするとなれば1日仕事になってしまいます。それが面倒なので、結局掃除をすることをあきらめてしまう人が多いのです。嫌いなことを1日ずっとしなければならないなんて、地獄ですよね。

掃除や片付けが嫌いな人は、1週間に1回10分だけ掃除するなど、無理のない範囲で続けられる時間設定をするのがおすすめです。たとえば水曜日の夜に掃除をするなど曜日ごとに決めるのもOK。燃えるゴミを出す前日にするなど決めておけば忘れずに掃除をすることができます。

片付けた後は、なるべくきれいに使うように心がけることも大切です。ゴミはすぐ捨てる、汚したらすぐ掃除をするなど、きれいな部屋を保つように使えば掃除をする時間や回数も短縮できます。

家の収納スペースが少ない場合はトランクルームを検討しよう

それでも家の収納スペースが足りずに片付けがはかどらないという人は、トランクルームのレンタルを検討してみてはいかがでしょうか。当社が扱うトランクルームは、24時間いつでも出し入れ自由で、自分の予定やライフスタイルに合わせて片付けや整理を行うことができます。不定休の方や不規則な勤務形態の方も安心してご利用ください。

また、空調も完備しているので、湿気や熱による傷みも防げます。運び込む際も快適な温度の中で作業することができるので、片付けが苦になりません。
関東でトランクルームをお探しの場合はキーピットをご利用ください。こちらで扱うトランクルームは、インターネットで契約手続きが可能。忙しくてなかなかご来店いただけない方でも、手軽にお申込みいただくことができ、非常に便利です。
また、全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランクでご希望の地域をご検索ください。地方のトランクルームまで網羅していますので、あなたのお住いのお近くのトランクルームを見つけることができますよ。


目次へ

まとめ

さて今回は片付けられない原因についてご紹介しました。本当に片付けられない人は行動パターンや思考パターンに何かしらの原因があることをお分かりいただけたと思います。
片付けられない人は無理に片付けを始めるのではなく、片付けやすい、片付けをしたくなるような環境をまずつくってから片付けに取り掛かりましょう。
その際、家の収納スペースでは足りなくなってしまった場合は、ぜひトランクルームの活用をご検討ください。関東ならキーピット、地方ならニコニコトランクであなたにぴったりのトランクルームを見つけてみてくださいね。