TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

防災グッズ(非常持ち出し品)の保管場所やトランクルーム活用のメリットをご紹介

disaster-prevention01.jpg

震災や水災など、いつ起こるか分からない災害への備えは非常に重要です。

こちらの記事では、防災グッズとはどのようなものなのか、そして防災グッズの保管場所はどこが適しているのかをご紹介します。

防災グッズの保管場所としてのトランクルームのメリットについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」 東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

防災グッズ(非常持ち出し品)とは?

防災グッズとは?

防災グッズとは、災害等の非常時に利用する品で、主に避難所などに緊急避難する際に持ち出す荷物です。

防災グッズは、避難時に一刻も早く持ち出すべき「一次持ち出し品」と、避難先などで安全を確認後に自宅へと戻り、避難所に持ち出したり自宅での避難生活に使用したりする「二次持ち出し品」を用意しておくことが大切です。

とくに一次持ち出し品は、被災時に速やかに持ち出すことができるよう準備しておくことが大切です。重くなりすぎないように必要最低限のものを選び、リュックサックなどに詰めておきましょう。

防災グッズ(非常持ち出し品)の保管場所は?

防災グッズの保管場所

せっかく用意しておいた防災グッズ(非常持ち出し品)も、いざ必要な時にすぐに取り出すことができなければ意味がありません。

玄関などの避難経路上に置いておくことで、緊急時に速やかに持ち出すことができるでしょう。

反対に、普段使わないものだからといって押し入れの奥の方などにしまうのはNGだと言えます。

また、自宅だけでなく職場にも防災グッズを用意しておくことで、出社中の災害にも対応することができます。近年では企業が社員のために防災グッズを用意している場合もあるので、確認しておくとよいでしょう。

トランクルーム活用でリスク分散

自宅や職場での防災グッズ保管と合わせて、トランクルームに保管しておくのもオススメです。

トランクルームに防災グッズや備蓄品を保管しておくことで、自宅や職場に立ち入ることができなくなった場合にも取り出すことができます。

また、必要に応じたサイズを選ぶことができるので、防災グッズだけの保管はもちろん、その他の荷物を預けたい場合にも活用することができます。

まとめ

今回は、防災グッズの保管場所や、トランクルーム活用についてご紹介しました。

いざという時のため、災害や非常事態に備えて防災グッズを用意しておくことをオススメします。また、今回ご紹介した情報も参考に、トランクルーム活用も検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

トランクルームの選び方は?チェックしておきたいポイントを解説

あわせて読みたい

用意しておきたい備蓄品リストと保管場所の選び方

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。