TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

パンフレットの収納方法とは?保管時の注意点も解説

パンフレットの収納方法

お気に入りの映画や舞台、コンサートなどのパンフレットは大切に保管しておきたいもの。

しかし、収集しているうちに数が多くなり、収納場所に困っているという方も少なくないのでは?

そこで今回は、パンフレットを収納する方法をご紹介します。

紙媒体であるパンフレットは長期間保存していると劣化してしまうこともあるので注意が必要。

パンフレット保管時の注意点も解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

パンフレット収納・保管時のよくある悩み

2205_pamphlet_04.png

いつの間にかたまっている映画や舞台のパンフレット。

薄い冊子でも大量に集まると収納場所の確保に困ってしまうものです。

それだけでなく、パンフレットの収納・保管時にはいくつかの悩みがあるとされています。

収納しづらくかさばりやすい

パンフレットには決まったサイズがなく、大きさがばらばらです。

大きさが違うもの同士を綺麗に収納するには手間がかかるでしょう。

数が多い場合、まとめて収納するとかさばりやすくなることも。

1冊ずつ丁寧に収納したい場合、ある程度の収納スペースが必要になるでしょう。

思い入れがあって捨てられない

過去に集めたパンフレットを見返すことはないけれど、もったいないと感じて捨てることができない方も少なくありません。

棚や収納家具に並べていくだけでは場所を取ってしまうため、やむを得ず段ボールや箱にしまっている人もいるようです。

また、アパートやマンションなどの賃貸物件に住んでいる人は、収納しきれなくなったパンフレットを実家に預けているケースも見受けられます。

紙の劣化や変質

パンフレットを収納する場所だけでなく、長期保管用の場所の確保に頭を悩ませている方もいるようです。

パンフレットのほとんどは紙でできているため、折れ曲がったり汚れたりしやすいです。

そのため、ほかの保管物と接触しやすい環境は理想的ではなく、パンフレット専用の保管スペースを設けるのが理想と言えます。

また、直射日光による日焼けで変色してしまったり、湿気の影響でカビてしまったりすることもあるでしょう。

そのため、パンフレットが劣化しないように、適切な環境で保管することをおすすめします。

しかし、家族と暮らしていたり、自宅の収納スペースに余裕がない場合は、パンフレット専用の保管場所を設けるのは難しいでしょう。

背表紙がないため探しにくい

お気に入りのパンフレットをいつでも見返したり、すぐ取り出したりできるように収納したい方も多いのではないでしょうか。

しかし、パンフレットには背表紙がないものも多いため、一度しまい込んでしまうと、どこに何があるかがわからなくなりがちです。すぐには取り出せなくなることもあるでしょう。

また、パンフレットをジャンルやサイズ、鑑賞時期ごとにわけて収納したいと考えていても、収納するケースやファイルを決めかねているうちに、どんどんパンフレットがたまってしまう悪循環におちいってしまう人もいるようです。

パンフレットを自宅で収納・保管する方法

パンフレットのおすすめ収納方法

大量に集まったパンフレットを自宅で収納・保管する際、「見せて収納する方法」と「見せずに保管する方法」を意識することがポイントです。

ここでは、それぞれの収納・保管方法について詳しく解説します。

持っているパンフレットの量やサイズ、収納・保管時の見栄えなどを考慮しながら、自分にあった方法を選んでみてください。

見せて収納する方法

収納棚やコレクションケースなどに表紙が見えるようにして飾る収納は、すでに実践している方も多いでしょう。

ほかにも、フォトフレームやマガジンハンガーなどを活用した見せる収納法があります。

フォトフレームに飾って収納

見せる収納で役立つのがフォトフレームの活用です。

大きさは小さなサイズのものから、パンフレットの定番サイズとされているA4サイズ以上のものまであります。そのため、写真だけでなくパンフレットも収納可能です。

フォトフレームの特徴は、自分の好きなテイストのフレームでパンフレットを飾れる点にあるでしょう。

フレームの素材は木製だけでなく、アクリル素材やタイルをあしらったものなど、さまざまな種類があります。

また、最近では手作りのフォトフレームをネットで販売している方も多いです。

フォトフレームのバリエーションは幅広いので自分の部屋にあったフォトフレームを見つけることができるでしょう。

フォトフレームはお洒落な見た目を演出できるだけでなく、簡単に取り出すことができるのも嬉しいポイント。

そのときの気分や季節によって飾るパンフレットを変えてみるとよいでしょう。

また、鑑賞したばかりのパンフレットを飾れば、作品をみたときの感動を自宅にいながら味わうこともできます。

パンフレットの数が多い場合、すべてを飾ることは難しいです。

お気に入りのいくつかだけを飾り、ほかのパンフレットは別のスペースに収納するとよいでしょう。

飾りきれなかったパンフレットは、飾るものとしまうものを決めて仕分けると、部屋の中がすっきりします。

お洒落に飾る!『フォトフレーム』を今すぐチェック!

マガジンハンガーに飾って収納

部屋の壁にマガジンハンガーをかけて、パンフレットをディスプレイする方法もあります。

お洒落なインテリアのようにパンフレットを飾っておけるのが嬉しいポイント。

また、部屋を圧迫しないため省スペースになる点もメリットです。

吊るして収納!『マガジンハンガー』を今すぐチェック!

パンフレットスタンドに飾って収納

オフィスやコンビニなどでよく見かけるパンフレットスタンド(カタログスタンド)。

お気に入りのパンフレットをスタイリッシュに飾ることができます。

サイズや種類が豊富なので、自分の部屋や好みにあったものを選ぶとよいでしょう。

スタイリッシュに収納!『パンフレットスタンド』を今すぐチェック!

雑誌が積まれている画像
あわせて読みたい
雑誌の上手な収納・保管方法は?お洒落に収納するためのポイントを解説

見せずに保管する方法

2205_pamphlet_06.png

パンフレットを見せて収納しなくてもよいという方は、見せずに保管する方法を選びましょう。

デジタルデータで保管

実物で手元になくてもかまわないパンフレットであれば、スキャナーでデジタルデータ化して保管する方法がおすすめです。

1枚1枚、ページをスキャナーでスキャンする手間はかかりますが、一度データ化してしまえば、半永久的に保管することができます。

パンフレットの劣化を心配する必要がなくなるのも大きなメリットです。

パンフレットが大量にある場合は、紙文書の読み取りに特化したドキュメントスキャナーがおすすめです。

手作業の手間を大幅に省くことができるでしょう。

また、スマホのカメラ機能を使ってスキャンできるアプリを使えば、スキャナーがなくてもパンフレットをデジタルデータ化することが可能です。

アプリの便利機能を活用すれば、スキャンした画像にタグをつけてデータ検索しやすくしたり、自動補正機能でスキャンした画像を整えたりすることもできます。

ただし、これらの方法でデジタルデータ化したデータは、データの保存媒体が壊れてしまうと、なかにあるデータを見られなくなってしまうことがあるため注意が必要です。

心配な方は、複数の媒体にデータをコピーしておけば安心でしょう。

デジタルデータで保管!『スキャナー』を今すぐチェック!

効率的にデータ化!『ドキュメントスキャナー』を今すぐチェック!

スクラップブックを作って保管

アルバムやノート、手帳などにパンフレットを切り張りし、スクラップブックを作って保管する方法もあります。

自分の好きな部分を貼っていくことができるので、オリジナルのパンフレット集を作ることができます。

スクラップ専用のノートは文房具屋さんやネット通販で手軽に手に入るので、好みにあったものを選ぶとよいでしょう。

自分だけのパンフレット集に!『スクラップブック』を今すぐチェック!

クリアファイルに入れて保管

2205_pamphlet_07.png

中身がわかりやすくて取り出すときにも便利なのが、クリアファイルでの保管です。

ファイルを使った収納方法は定番ですが、まとまりが出やすく、同じファイルを使用すれば部屋に統一感が生まれます。

また、ジャンルや期間別に分類して保管しておくことも可能です。

クリアファイルは100円均一ショップで簡単に手に入るため、パンフレットを片づけたいとおもったらすぐに始められるのもメリット。

クリアファイルを100円均一ショップで購入する際は、一度に複数個買っておくのがおすすめです。

商品の入れ替えが頻繁に行われやすいため、次に訪れたときに商品がなくなっていることもあるので注意しておくとよいでしょう。

店舗のほかに、ネット通販でもさまざまなサイズや種類のクリアファイルが販売されています。自分の好きなものを見つけてみてはいかがでしょうか。

手軽で便利!『クリアファイル』を今すぐチェック!

ファイルケースに入れて保管

クリアファイルと同様に手ごろで簡単な保管方法のひとつが、ファイルケースでの保管です。

100円均一ショップなどですぐに手に入るので、とりあえずまとめて保管しておきたいという方にはとくにおすすめ。

購入する前に、自分が持っているパンフレットのサイズを確かめて、適切なサイズのファイルケースを選ぶようにしましょう。

まとめて保管!『ファイルケース』を今すぐチェック!

ファイルボックスに入れて保管

パンフレットの数が多い場合、ファイルボックスに保管するのもおすすめ。

ファイルボックスに入れておくと立てて収納できるため、取り出しやすいのが特徴。

安定感もあるので、ボックスごと棚に収納することもできます。

また、すでにパンフレットを入れたファイルケースをファイルボックスのなかに入れると、かさばることがなく便利です。

外からパンフレットの背表紙が見えたほうがいいという方は、そのまま保管すればOK。

ほかにも、カラフルなファイルボックスを活用すれば、ジャンルごとに色でわけて保管することもできるでしょう。

同じ色や種類のファイルボックスでも、ラベルを貼って分類すれば、それぞれのパンフレットを探しやすくなります。

立てて収納!『ファイルボックス』を今すぐチェック!

収納ボックスに入れて保管

2205_pamphlet_05.png

パンフレットを飾ったり、ファイルに入れたりする時間や手間が惜しいという方は、まとめて収納ボックスに入れて保管する方法がおすすめ。

フタつきの箱に入れておけば、ほこりがかかる心配もなく、直射日光で変色することもありません。

スクラップブックやファイルと同じように、箱も同じものを使用すれば、統一感が出て見栄えもよいでしょう。

箱で保管するときも、ジャンルや鑑賞時期などを箱の外に書いておくと、あとから探すときに便利です。

保管時の見栄えにこだわりたい方には、バンカーズボックスのようなお洒落なデザインの収納ボックスがおすすめです。

お洒落な収納ボックス!『バンカーズボックス』を今すぐチェック!

パンフレットの収納・保管に適した場所の条件

パンフレットの収納場所

パンフレットを綺麗な状態に保つには、保管場所の環境が重要です。

次は、パンフレットの保管に適した場所の条件を見ていきましょう。

直射日光が当たらない場所

パンフレットの保管に適した場所の条件として、直射日光が当たらないところであることが重要です。

パンフレットは紙でできていることがほとんど。

そのため、直射日光を浴びることで日焼けしてしまったり、色あせてしまったりしてしまいます。

パンフレットの変質や劣化を避けるためには、日光が当たりやすい窓の付近や日が差し込む場所は避けて保管する必要があります。

湿気がこもりにくい場所

パンフレットの保管場所は、湿気がこもりにくい環境であることも大切です。

湿気がこもりやすい場所にパンフレットを長期間保管していると、カビが発生することがあります。

また、紙が湿気を吸収することで、ページが歪んでしまう恐れも。

そのため、パンフレットを保管する際は、風通しの良い場所が適しています。

加えて、定期的に換気を行うことで湿気がこもらないように注意するとよいでしょう。

温度の変化が少ないところ

パンフレットの保管時は、温度の変化にも注意が必要です。

温度の変化が激しいと、パンフレットが歪んでしまったり、カビの原因となる結露が発生してしまったりします。

できるだけ温度の変化が少ない場所を選んで保管するようにしましょう。

漫画が積まれている画像
あわせて読みたい
漫画をスッキリ収納するには?保管時の注意点やおすすめの保管場所をご紹介!

パンフレットの保管ならトランクルームがおすすめ

mag_trunkroom_01.png

パンフレットを大切に保管しておきたいけど、「保管に適した条件を満たす場所がない!」という方もいるでしょう。

そのような場合、トランクルームにパンフレットを保管するのがおすすめです。

トランクルームとは、収納場所をレンタルして、荷物を預けることができるサービスのこと。

それでは、トランクルームがパンフレットの保管に適している理由を見ていきましょう。

湿度や温度の変化による影響を受けにくい

トランクルームには、屋内型・屋外型・宅配型の大きく3種類があります。

なかでも屋内型と宅配型のトランクルームでは、パンフレットの保管に適した環境が整備されています。

どちらも屋内にあるトランクルームで、空調設備が整備されている場合がほとんどです。

そのため、温度や湿度の変化によりパンフレットが劣化するリスクを下げることが可能です。

また、直射日光が当らないため、紙の日焼けや褪色も防止することも重要なポイントです。

屋内型トランクルームなら24時間365日取り出し可能

屋内型トランクルームは、ビルなどの建物の一部、あるいは一棟まるごとを収納スペースとして提供しているトランクルームです。

ほとんどの業者では、空調が適切にコントロールされているだけでなく、24時間365日いつでも荷物を取り出すことが可能です。

そのため、一度預けたパンフレットでも、自分の好きな時に取り出して見返すことができます。

出し入れの手間がかからない宅配型トランクルームも

宅配型トランクルームは、荷物を出し入れする際に宅配業者が集荷・配達に訪れてくれるタイプのトランクルームです。

自らトランクルームに足を運ぶ必要がないため、荷物の出し入れに手間がかからない点がメリットです。

一方で、いつでも自由に荷物を取り出せるというわけではないため注意が必要です。

パンフレットを頻繁に取り出さず、長期間保管しておきたいという場合は、宅配型トランクルームも有力な選択肢となるでしょう。

荷物の数や量に合わせて部屋サイズを選べる

屋内型トランクルームであれば、ロッカーサイズの小さな部屋から6帖以上の大きな部屋までさまざまなサイズがあります。

そのため、預けたい荷物の数や量に応じて適切なサイズのお部屋を選ぶことが可能です。

必要以上に大きい部屋を借りて月額利用料等の負担が大きくなってしまったり、小さすぎる部屋を借りて荷物を預けきれないというケースを防ぐことができます。

月額2000円台から借りられるお部屋も

屋内型トランクルームのなかには、小さなサイズであれば月額2000円台から手ごろな価格で借りられるお部屋もあります。

サイズが小さめのお部屋(0.5帖)でも、通常サイズの段ボール約12個分の荷物が収納可能。

パンフレットと一緒に、衣替えして使わなくなった衣類や季節家電、シーズンオフのレジャーグッズなどもまとめて預けておくという使い方がおすすめです。

大切なパンフレットを安全に保管しつつ、自宅のスペースに余裕を持たせることができるでしょう。

多くのトランクルーム業者では、賃料がお得になるキャンペーンなどが頻繁に実施されています。

ぜひこの機会に活用を検討してみてはいかがでしょうか。

トランクルームとは
あわせて読みたい
トランクルームとは?主な使い方・目的もご紹介

まとめ

今回は、パンフレットの収納方法や保管時の注意点について解説しました。

せっかく集めたお気に入りのパンフレットは、劣化に強い環境で大切に保管しておきたいものです。

パンフレットの保管に適した環境が自宅にないという方は、屋内型・宅配型トランクルームの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

本や漫画を保管するときの注意点は?収納に役立つアイテムもご紹介

あわせて読みたい

雑誌の上手な収納・保管方法は?お洒落に収納するためのポイントを解説

漫画をスッキリ収納するには?保管時の注意点やおすすめの保管場所をご紹介!

整理整頓できないのはなぜ?整理整頓を習慣化するコツもご紹介!

アルバム・写真を劣化から防ぐ保管方法とは?

断捨離で捨ててはいけないもの10選!断捨離がスムーズになる方法もご紹介!

物を捨てられない人必見!今すぐできる片づけ方法を紹介

趣味道具やグッズの収納・保管にトランクルームを活用しよう!

カビ対策に欠かせないトランクルームの空調!空調設備の特徴やカビの予防法を解説

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。