TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

ぬいぐるみの収納方法とは?保管時のポイントや注意点も解説!

ぬいぐるみの素敵な収納方法

いつの間にかどんどん増えてしまう、ぬいぐるみ。 あなたの家では、きちんと収納できていますか?

積み重ねられているだけのぬいぐるみでは、見た目が良くありません。 それどころか、ホコリやカビの温床になってしまうことも。

お気に入りのぬいぐるみは、いつもきれいに収納しておきましょう。この記事では、 ぬいぐるみをきれいに収納する方法や、保管時のポイントや注意点について、詳しく解説していきます。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

ぬいぐるみはどうやって収納する?

ぬいぐるみはどうやって収納する?

ぬいぐるみが部屋に散らかっている状態は、見た目が良いとは言えません。

しかし、「見せる収納」「見せない収納」を使い分けることで、家の中をすっきりと片づけることができます。

見せる収納

インテリアの一部としてぬいぐるみを飾るのが「見せる収納法」。ぬいぐるみが部屋の雰囲気づくりに役立つほか、好きなぬいぐるみをすぐに手に取れるなどのメリットがあります。

収納棚に飾る

収納棚を使ったディスプレイは、もっとも定番の方法です。

ぬいぐるみはそれぞれサイズが異なるため、大きいサイズのものは下に、小さいものは上に配置しましょう。バランスが整えられることで、見た目がきれいになります。

ぬいぐるみを飾れる『収納棚』を今すぐチェック!

おしゃれなカゴに入れる

ぬいぐるみをまとめて飾りたい場合は、おしゃれなカゴに入れるのがおすすめ。南国調の網カゴや布製のランドリーバスケット、木製のバスケットなどから部屋の雰囲気や入れるぬいぐるみに合ったものを選べばよいでしょう。

カゴに入れる方法は、収納棚に並べたぬいぐるみを、子どもがいつの間にか取り出してしまうといった場合の代替案としても使えます。

また、遊んだあとにポイポイ入れていくだけでいいので、子どものお片付けの練習にも効果的でしょう。

複数のカゴに分けて収納する場合は同じカゴにそろえると、見た目がスッキリとします。

ぬいぐるみを入れる『おしゃれなかご』を今すぐチェック!

ぬいぐるみ専用のハンモックに入れる

ぬいぐるみ専用の小さなサイズのハンモックを使えば、ぬいぐるみがブランコで遊んでいるように見せる収納が可能です。

たくさんのぬいぐるみを収納できることや部屋の上部の空間を活用できるのもメリット。

ディスプレイ用の小型のハンモックを柱やカーテンレールに吊り下げることで設置できます。

部屋の上部の空間を活用したハンモックに入れて飾る収納も可能です。

市販のハンモックを用意できない場合は、、お手持ちのバスタオルやスカーフを利用したお手製ハンモックでもいいでしょう。

ぬいぐるみ専用の『ハンモック』を今すぐチェック!

ハンガー・ピンチで吊り下げる

同じく吊るす収納としては市販のハンガーを利用するか、プラスチックチェーンに取り付けたピンチに挟んで吊るすといった方法があります。

どちらも、スペースをとらないため、収納力の高さが大きなメリットです。

ハンガーで収納する場合は、折り曲げられるタイプの針金ハンガーを使います。

まず針金ハンガーの両端を、ぬいぐるみを包むように同じ方向に曲げます。そして、曲げることでできた両端のスペースに、ぬいぐるみの両足をそれぞれ通してしっかりホールドすれば完成です。

透明な釣り糸などでぬいぐるみとハンガーを固定すれば、壁に飾っても簡単に落ちることはないでしょう。

この方法は、アパートなどの狭いお部屋でぬいぐるみを収納する場合に向いています。

ぬいぐるみを吊るせる『ハンガー』を今すぐチェック!

ぬいぐるみを取り付ける『ピンチ』を今すぐチェック!

突っ張り棒を使う

ハンガーを用いるほかにも、手軽にできる見せる収納法があります。それは、突っ張り棒を使った方法です。壁と壁の隙間に1~2本の突っ張り棒を設置することで、棚に飾るようにぬいぐるみを収納することができます。

壁と壁の間のスペースは狭いことが多いため、小さめのぬいぐるみをたくさん飾りたい場合に向いているでしょう。

小さなぬいぐるみをたくさん飾れる『突っ張り棒』を今すぐチェック!

見せない収納法

「ぬいぐるみが多すぎる...」
「思い出の品だから大切にしまっておきたい...」

こうした場合には、「見せない収納」がおすすめです。

空気穴をつけたビニール袋に入れるなどして、収納ケースにまとめておきましょう。この際、前もってほこり対策を行ったうえで収納しましょう。

また、風通しのよい場所で保管するのがポイントです。湿度が高い場所だとカビが生えやすくなってしまうので注意しましょう。

収納スペースが少ない場合は、ぬいぐるみを圧縮することで簡単に収納することができます。しかし、長期間圧縮しておくと毛並みが乱れたり、型くずれを起こしたりすることがあるので注意が必要です。圧縮する方法は、ぬいぐるみに負担がかかることを理解した上で実施しましょう。

子供部屋の収納・整理のポイント
あわせて読みたい
子供の片付け嫌いを解決!子供部屋の収納・整理のポイントをご紹介!

ぬいぐるみを収納する際の注意点

ぬいぐるみを収納する際の注意点

布製品であるぬいぐるみは、ほこりがつきやすいです。また、湿気を吸いやすいため、カビが発生しやすく嫌な臭いがつきやすいアイテムでもあります。

ぬいぐるみを収納する際は、前もってきれいに洗濯し、ほこり対策をすることが欠かせません。また、保管に適した収納や場所を選ぶことも大切です。ここでは、ぬいぐるみの洗濯方法とほこり対策、そして適切な保管方法についてご紹介します。

ぬいぐるみの洗濯方法

ぬいぐるみは洗濯機を使用できるものであっても、やさしく手洗いするのがおすすめです。

洗濯機を使う場合であっても、必ずぬいぐるみの洗濯表示に従って洗うようにしましょう。

洗濯機で洗える場合

まず、ほこりをかぶっている場合は軽くたたいてほこりを払いましょう。

次に、洗濯表示の指示に従って汚れを洗い流します。このとき、長時間水につけないことがぬいぐるみの風合いを保つためのポイントです。可能な場合は、手洗いコースを選んで短時間で仕上げるとよいでしょう。

洗い終わったら洗剤の液が出なくなるまで、十分にすすぎましょう。最後に、しっかり乾燥させれば完了です。

洗濯機で洗えない場合

洗濯ができない場合は、かたく絞った濡れタオルで拭くだけでもOK。洗剤を使わなくても、かなり汚れがすっきりとします。

残った水分はカビの原因になりますので、しっかりとぬいぐるみを乾燥させましょう。

水を使って洗えない場合

水を使えない場合は、重曹を使ったドライクリーニングがおすすめ。

まず、大きなビニール袋にぬいぐるみを入れ、上から重曹をパラパラとふりかけます。次に、ビニール袋の口を閉じ、振ったり揉んだりしながら、ぬいぐるみに重曹をなじませましょう。あとは掃除機で重曹を吸い取ってしまえば、汚れも臭いもすっきりとします。

食品としても使われる重曹は、小さな子どものいる家庭でも安心して使えます。ぜひ活用してみてください。

ぬいぐるみをほこりから防ぐ方法

ぬいぐるみは収納方法を工夫しないと、どんどんほこりをかぶってしまいます。

クローゼットや押入れ、ケースを活用してほこりを防げる場所に収納してあげましょう。

クローゼットや押入れの中は風通しが悪くなりがちです。スチールラックや簀子、突っ張り棒などを使って風通しのよい場所を作り収納するのがおすすめです。

また、掃除機や洋服用のブラシを使って、定期的にほこりや汚れを落としてあげるとよいでしょう。

ぬいぐるみを飾る『スチールラック』を今すぐチェック!

ぬいぐるみに最適な保管方法は?

見せない収納でぬいぐるみを保管する場合、ほこりやカビ、虫食い対策は欠かせません。ぬいぐるみを大切に保管する際に最適なケースや場所について解説します。

ビニールやプラスチック製のケースに入れる

ぬいぐるみの保管するケースは、ビニールやプラスチック製のケースに入れましょう。段ボールは湿気を吸い込みやすく、ダニなどの害虫を繁殖させやすい環境を作ってしまいます。大きいぬいぐるみの場合は、通気性が高い布団収納用の不織布のケースもおすすめです。

ぬいぐるみを保管しておける『プラスチックケース』を今すぐチェック!

風通しのよい場所に保管する

ぬいぐるみは湿気を吸いやすいため、通気性を確保できる場所に保管しましょう。クローゼットやタンスの中に収納する場合は、定期的に扉を開いて風を通しましょう。また、除湿剤を設置して湿気を防ぐのも効果的です。

ぬいぐるみを湿気から守る『除湿剤』を今すぐチェック!

直射日光が当たらない場所に置く

ぬいぐるみに直射日光が当たると、変色したり、生地が傷んだりします。必ず日陰で保管しましょう。紫外線はガラスを通過するため、窓際であっても油断してはいけません。

子供のおもちゃを上手に収納
あわせて読みたい
子供のおもちゃを上手に収納するには?収納・片付けのコツをご紹介

多すぎるぬいぐるみの整理方法

多すぎるぬいぐるみ

クローゼットや押入れ、収納ケースを活用しても、ぬいぐるみが多すぎて収納しきれない場合もありますよね。

その場合は「必要なぬいぐるみ」と「不要なぬいぐるみ」に仕分けたうえで、それぞれ適切な方法で整理していきましょう。

必要なぬいぐるみを仕分ける

増えすぎたぬいぐるみは、本当に必要なものと不要なものに仕分けるのがおすすめ。

必要なものは、「お気に入りのぬいぐるみ」や「思い出が詰まったぬいぐるみ」など。

反対に、所有していることを忘れていたり、とくに思い入れのないぬいぐるみは、不要と判断して問題ないでしょう。

不要なぬいぐるみを整理する

不要なぬいぐるみは、以下の方法で整理していきましょう。

不要なぬいぐるみの整理方法

  • 知人に譲る
  • フリマ・オークションに出品する
  • リサイクルショップに回収を依頼する
  • 不用品として処分する

それぞれ詳しく解説していきますので、自分が納得する方法を選んでみてください。

知人に譲る

大事にしていたぬいぐるみだからこそ、そのまま捨てるのではなく、ほかの人に譲るのもよいでしょう。

かわいがってくれる相手を見つけてあげれば、「捨てた」という罪悪感が和らぐ方も多いのではないでしょうか。

知人やその子供に譲るのであれば、ぬいぐるみを大切に扱ってくれることでしょう。

フリマ・オークションに出品する

譲るのが難しい場合は、メルカリなどのフリマアプリやオークションに出品してみるのもひとつの方法です。

ぬいぐるみを捨てずにすむだけでなく、ちょっとしたお小遣いになることも考えれば悪くない手段と言えるでしょう。

リサイクルショップに回収を依頼する

フリマやオークションに出品するのが難しい場合は、リサイクルショップを使うとよいでしょう。ぬいぐるみを店舗まで持っていかなくても、自宅まで買取に来てくれる業者もあります。

捨ててしまう前にリサイクルショップに相談してみてはいかがでしょうか。

不用品として処分する

上記の方法で整理できない場合には、不用品として処分することになります。

基本的には可燃ごみでOKですが、ぬいぐるみの素材や大きさによっては、不燃ごみや粗大ごみに該当する場合もあります。

ぬいぐるみの素材や大きさに応じて、自治体のルールに沿った方法で処分しましょう。

ぬいぐるみの保管にトランクルームが役立つ理由

ぬいぐるみの量が多くて保管しきれない場合は、トランクルームを利用するのがおすすめです。

トランクルームとは、収納スペースをレンタルすることができるサービスで、目的に応じて利用期間や部屋のサイズを選ぶことができます。

とくに、屋内型トランクルームと呼ばれるタイプは、デリケートなぬいぐるみの保管にも適しています。

次は、トランクルームがぬいぐるみの保管に役立つ理由を見ていきましょう。

ぬいぐるみを捨てずに残しておける

トランクルームを活用すれば、大切なぬいぐるみを捨てずに残しておくことができます。普段使わない荷物を預けつつ、ぬいぐるみの置き場所を確保することができます。

より安価に借りられるロッカータイプのトランクルームもあるので、ぬいぐるみだけを保管したい場合にもおすすめです。

劣化しにくい保管環境

屋内型トランクルームであれば、ほとんどの場合空調設備が充実しています。

家よりも温度や湿度の変化が少ない環境のため、ぬいぐるみをカビや劣化から守りやすくなるでしょう。

第2のクローゼット感覚で使える

空調設備が充実した屋内型トランクルームには、ぬいぐるみだけでなく、衣類や本、家電などの劣化に弱い品物でも安心して預けることができます。

また、24時間365日いつでも利用できるため、第2のクローゼットのような感覚で利用することができるでしょう。

まとめ

ぬいぐるみの収納では、「見せる収納」と「見せない収納」を使い分けるのがポイントです。見せる収納には、見た目の良さや手軽さに応じてさまざまな方法があります。自分が納得できる収納方法を試してみてください。

見せない収納の際は、ぬいぐるみの洗濯やほこり対策などの手入れを必ず行いましょう。収納ケースはビニールやプラスチック製のものを選び、風通しのよい日陰で保管することが大切です。

多すぎるぬいるぐみは、必要なものだけを手元に残し、不要なものは自分の納得できる手段で整理しましょう。

ぬいぐるみを捨てたくないけれど保管しておきたい場合はトランクルームの活用がおすすめです。

もっと知りたい!
続けてお読みください

子供のおもちゃを上手に収納するには?収納・片付けのコツをご紹介

あわせて読みたい

子供部屋の収納・整理のポイント

子供の片付け嫌いを解決!子供部屋の収納・整理のポイントをご紹介!

独立後の子供部屋の活用方法

独立後の子供部屋の活用方法!置きっぱなしの荷物の対処法も解説!

勉強道具を上手に収納

勉強道具がどんどん増える!上手く収納するためのポイント

断捨離で捨ててはいけないもの

断捨離で捨ててはいけないもの10選!断捨離がスムーズになる方法もご紹介!

フィギュアの収納方法や保管場所

増えてしまったフィギュアの収納方法や保管場所を紹介!

サイズアウトした子供服の保管・収納方法

サイズアウトした子供服の保管・収納方法をご紹介!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。