TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

本の収納で覚えておきたいポイントをチェック【漫画・雑誌・文庫本etc.】

200730_books01.jpg

漫画や雑誌、文庫本など、本類の保管場所にお困りの方は少なくないのでは?

本類はデリケートな素材であることが多く、保管方法によっては劣化を早めてしまうこともあるので注意が必要です。

こちらの記事では、本類を保管・収納する際に覚えておきたい注意点や、トランクルームを活用することのメリットについてご紹介します。

東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」 東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

本の収納・保管で注意したいポイント

本を保管する時の注意点

まずは、本の収納・保管時に覚えておきたいポイントについて確認していきましょう。

POINT ~本の収納・保管~

  • 湿気の多い場所はNG
  • 日光が当たる場所は避ける
  • こまめにホコリ対策を行う
  • 本は立てて収納
  • ぎゅうぎゅうに詰め込まない
  • ブックカバーを活用

湿気が多い場所はNG

本の保管場所として避けるべきなのが、湿気がこもりやすい場所です。

長期間にわたって湿気にさらされてしまうと、本が変形したりカビが発生したりと、劣化を早める原因となってしまいます。

やむを得ず湿気が多い部屋で収納する場合には、定期的な換気の実施や、乾燥材や除湿器を使用するなどの対策をとるようにしましょう。  

日光が当たる場所は避ける

窓際などの日光があたる場所も、本の劣化につながるため避けるべきだと言えます。

長期間にわたって日光が当たる場所に本を置いておくと、本の変色、いわゆる日焼けが起きてしまいます。

本の日焼けを防ぐためにも日光が当たらない場所に収納するのがベストですが、窓の近くに本棚がある場合や窓から日光が差し込んでしまう場合には、遮光カーテンや窓用の紫外線防止フィルムを使用したり、本にブックカバーを付けることで日焼けを軽減することができるでしょう。  

ほこり対策も忘れずに

本についたほこりを放置してしまうと、ほこりが湿気を帯びてシミやカビの原因となる場合や、本を傷める虫がついてしまう場合があります。

そのため、収納前には本や収納場所にほこりがたまっていないかチェックし、収納後も定期的に掃除するよう心がけましょう。

本は立てて収納

本棚にスペースがなくなるとやってしまいがちなのが、本を寝かした状態で上に積んでいく方法。これをやってしまうと、下にある本が歪んでしまったり、シワがついたりしてしまいます。やはり本は本棚に立てて保管するのが一番です。

立てて保管する場合でも、本棚に隙間があり、本が斜めになってしまうと変形の恐れがあるので、ブックエンドを利用してまっすぐ立つようにしましょう。

ぎゅうぎゅうに詰め込まない

本が湿気で劣化してしまわないように、収納の際は適度に間隔を持たせるのがポイントです。

あまりにぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、通気性が悪くなり、湿気がこもる原因となってしまいます。

本棚などの収納スペースの80%を目安に、適度な間隔をあけて収納してみましょう。

ブックカバーを活用

本をいくら丁寧に扱っていても、手に取るだけで油染みや手あかはついてしまいます。大切な本、貴重な本は、あらかじめカバーやブックコートフィルムで保護しておくことをおすすめします。


とくに、自分の中で「永久保存版」と決めているような本で、しばらく読む予定がない本ならば、ラップで巻いたり、ビニール袋に入れてしっかりと封をしたりすると劣化防止により効果的です。

本の保管・収納なら屋内型トランクルームがオススメ

本の収納・保管に屋内型トランクルームがオススメ

自宅に置いておくには本の数が多くなりすぎた場合、処分したり、買い取りに出したりといった手段をとるのが一般的です。

とはいえ、
「いつか読み返したくなるかもしれない」
「コレクションとして残しておきたい」
などの理由から、手放すことができない本もあるのではないでしょうか。

そのような場合は、屋内型トランクルーム(レンタル収納スペース)を活用するのがオススメです。

次は、屋内型トランクルームに本を保管しておくことのメリットについて見ていきましょう。

屋内型トランクルームが本の保管に適している理由

  • 自宅スペースを圧迫しない
  • 劣化に強い保管環境
  • いつでも取り出せる

自宅スペースを圧迫しない

1冊1冊は場所を取らない本であっても、数十冊~数百冊、あるいはそれ以上になると、かなりの場所を取ってしまいます。

トランクルームであれば、預けたい本の量に応じて必要なスペースを借りることができ、自宅の収納スペースを圧迫せずに本を保管しておくことができるでしょう。  

劣化に強い保管環境

本の収納先としてトランクルームを選ぶメリットに、劣化に強い保管環境も挙げることができます。

屋内型トランクルームは空調設備で温度・湿度を管理しているところが多く、カビの発生やページのふやけが発生しにくい環境だと言えます。

また、直射日光も当たらないので、本の日焼けも防ぐことができるでしょう。  

いつでも取り出せるのもポイント

いつでも本を取り出せるという点も、屋内型トランクルームのメリットだと言えます。

宅配型トランクルームは空調管理が徹底されている点で同様ですが、預けた品を取り出すには配達を依頼し、自宅に届くまでの期間を待つ必要があります。

屋内型トランクルームであれば、いつでも好きな時に荷物を取り出すことができるので、ふと預けた本を読みたくなったときでも待つことなく取り出すことができるのです。

まとめ

こちらの記事では、漫画や雑誌、文庫本などの本類を保管する際のポイントと、本の収納場所としてのトランクルームの魅力をお伝えしました。

今回ご紹介した情報も参考に、かさばる本類の収納先としてトランクルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

アルバム・写真を劣化から防ぐ保管方法とは?

あわせて読みたい

趣味道具やグッズの収納・保管にトランクルームを活用しよう!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。