TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

バイクの収納方法は?おすすめの保管方法を解説!

バイクの保管・収納

バイクを長く愛用するためには、保管方法に気をつかうことが大切です。

こちらの記事では、バイクの保管方法や注意点についてご紹介。バイクの駐車・保管場所としてトランクルームを利用するメリットについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」 東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

バイクの寿命は保管方法で決まる!

まずは、バイクを長持ちさせる保管方法を見ていきましょう。もちろん、こまめなメンテナンスも欠かせません。

バイクの保管方法はなぜ重要

バイクはエンジンなどの主要パーツがむき出しになっており、錆び止め加工されていない箇所も多いため、天候や気温、湿気、風、虫などの影響をダイレクトに受けます。特に最近は雨が化学物質を含んで酸性化しており、濡れたままにしておくと錆びる原因です。チリやホコリも車体を傷つけてしまいます。

いつもきれいな状態に保ちたいのであれば、野ざらしは厳禁です。屋外で保管するなら、最低限カバーはかけましょう。走行中、雨に降られてしまった場合は、水で洗い流してからカバーをかけるのがおすすめです。エンジンの余熱で雨が蒸発して、早く錆びるのを防いでくれます。

ただし、カバーをかけるだけでは万全といえません。防水効果が弱く、風にはためいて車体を傷つける恐れがあります。カバーで覆われていない地面からの影響も受けやすく、土の上に止めたときは、湿気が立ち昇って結露ができる場合があります。

パレットの上に置いて通気性を良くしたり、逆にアンダープレートの上に置いて湿気をシャットアウトしたりするなどの対策が必要です。

駐車スペースに余裕があるなら、シェルターやバイク用のガレージを設置して保管しましょう。シートを直に被せるよりもきれいな状態を維持しやすくなります。もちろん、車と同じガレージに保管するのも効果的です。バイク用品も収納できますし、中で整備できるほどの広さがあります。

メンテナンスも大切

車と同じく、バイクもこまめなメンテナンスが欠かせません。錆び止めはもちろん、チェーンにオイルを差したり、ブレーキに付着したカーボンを洗い落としたり、キャブレーターをクリーニングしたりするなどです。エンジンオイルも、走行距離だけでなく季節ごとに交換します。

たとえ乗る機会が少なくても、定期的に点検や清掃が必要であり、交換しなければいけないものもあります。

季節によっては長く乗れない時期もありますが、できるだけ定期的に走らせたほうが長持ちするでしょう。湿気の解消にもなります。もちろん走らせた後は、洗車で汚れを落とさなければいけません。

住まいの種類別のバイク保管

住まい別のバイクの保管方法

バイクの保管方法は、住んでいるのが集合住宅か一戸建てかによっても異なります。それぞれの注意点を防犯の面から見てみましょう。

集合住宅の場合

アパートやマンションといった集合住宅に、屋根付きの駐輪場があれば、バイクに雨が当たるのを防げるでしょう。けれども、気温の変化や風などは防げないため、カバーをかけたほうが無難です。

また、盗難対策にも配慮が必要です。チェーンロックやU字ロックなどをかけて固定します。頑丈な柱と一緒につないでおくと、より安心です。駐輪場に向けて防犯カメラが設置されていれば抑止力にもなります。イモビライザーなど音で警告するのも効果的です。他にもGPSで追跡できたり、警備会社に通報できたりする防犯アイテムもあります。

一戸建ての場合

一戸建てなら、もう少し柔軟にバイクの置き場所を確保できます。

シェルターはもちろん、ガレージを設置するのも自由です。市販されているものなら15万円くらいで、DIYでも8~10万円程度で設置できます。シャッターにイモビライザーを装着したり、防犯カメラで監視したりするとさらに安心です。

【短期間】バイクの保管時の注意点

バイクの保管方法は、保管する期間によっても異なります。まずは、短期間の保管方法と注意点を紹介します。

バイク用カバーで雨を防ぐ

バイク用のカバーをかけましょう。バイクが傷む原因のひとつである、雨・雪を防ぐことができます。カバーは、紫外線や汚れからも守ってくれるので、室内や屋根の付いた駐輪場であってもカバーをかけることをおすすめします。

カバーにもさまざまなサイズがありますので、購入する際はサイズや適合車種などをよく確認してから購入しましょう。バイク用のカバーは、いたずらや盗難対策にもなります。都度カバーをかけるのは面倒かもしれませんが、忘れずにかけるようにしましょう。

細かな手入れ

バイクは、細かなメンテナンスをしていないと劣化が早まってしまうため、短期間であっても保管する前は必ずメンテナンスを行い、さまざまな対策をしっかり行いましょう。

バイクを保管する前は、必ず洗車して砂埃などの汚れを落としましょう。洗車後はしっかり水分をふき取り、十分に乾燥させてからバイクカバーをかけましょう。

バイク用カバーをかけたまま保管していると、湿気が溜まりやすくなりますので、必ず湿気対策を行ってください。湿気は錆の原因になったり、オイルへ影響を与えたりする恐れがあります。

湿気対策としては、天気のいい日は定期的にカバーを外してバイクに風を通したり、地面からの湿気がカバー内に入ってこないように、バイクをパレットの上に置いたりなどの方法があります。

【長期間】バイクを保管時の注意点

次に、冬季などに長期間バイクを保管する場合の方法や注意点を紹介します。

ガソリンを満タンにしておく

タンク内に空気があると、夜になり気温が下がったときに、金属部分に触れた空気が結露し、タンクの下に水が溜まり、タンクが錆びてしまうことがあります。

タンク内の空気をなくし、金属部分が空気と触れる部分を減らすため、ガソリンを満タンにしておきましょう。空気に触れる量が少ないと、ガソリンも劣化しにくいでしょう。

また、キャブレーター内に残ったガソリンは使い切り、燃料コックをオフにしておきましょう。キャブレーターに残ったガソリンが劣化し、エンジン不良につながる恐れがあります。

キャブレーター内のガソリンを使い切る方法は、バイクによって違いますので、バイクショップに確認してください。

バッテリーを外しておく

バイクに1ヶ月以上乗らない場合は、バッテリーを外しておきましょう。バッテリーを設置したままだと、たとえ走らせていなくても自然放電しています。

再度バイクを走らせる際にバッテリーが上がっていて走らせられないことがないように、バッテリーは外しておきましょう。

バッテリーを外す手順は、マイナス(黒色)、プラス(赤色)の順に外しましょう。間違えるとショートする恐れがありますのでお気をつけください。バッテリーを付ける際は、逆の手順になります。

外したバッテリーは、温度変化の少ない場所か、室内に保管しておき、1ヶ月に1度は専用の充電器を使用してバッテリーを充電しておきましょう。

タイヤの空気を入れておく

保管中は、車両の重さがタイヤの同じ面にかかり続けます。タイヤの空気が抜けたままだと、タイヤが変形するおそれがありますので、車両に記載している適正空気圧を目安に、タイヤに空気を入れておきましょう。

タイヤに空気を入れる際は、ガソリンスタンドで空気量メーターがついているコンプレッサーを借り、使い方がわからないときは店員さんに聞いてみてください。

保管期間中も定期的に車両を取り出して、タイヤの接地面を変えておくといいでしょう。また、タイヤのスタンドは、サイドスタンドを使用するとタイヤの片方だけに負荷がかかりますので、センタースタンドを使用してタイヤへの負荷を減らしましょう。

もし、センタースタンドがついていないバイクの場合は、後付けできるタイプのスタンドもあります。

クリーニングをしておく

バイクは、汚れや水分があるとサビてしまいます。錆は劣化の原因になりますので、長期間保管する際は錆対策が必要になります。

長期間保管する前に、洗車して砂埃などの汚れをしっかり落としましょう。そして、水分を十分にふき取り、きちんと乾燥させてからバイクカバーをかけるようにしましょう。

チェーンやネジ類は、洗浄液でクリーニングして汚れを落とした後、水分をしっかりふき取り、グリスやオイルを塗っておきましょう。

また、サビは湿気が原因でも発生しますので、保管中は湿気対策を行う必要があります。

保管中は、カバー内の空気がバイクの金属部分で結露したり、地面から湿気が上がってきたりなど、カバー内に湿気が溜まりやすくなります。

晴れている天気のいい日や、よく乾燥している日は、バイク用のカバーを外して車体を乾かすなど、風を通してあげましょう。

保管場所を整えておく

長期間バイクを保管する場合は、環境の良い場所で保管することをおすすめします。まずは、バイクをどこに保管するのかを決めておきましょう。

車を持っていて、車庫や屋根付きのカーポートなどをお持ちの方は、車と同じ場所に保管するのが安全面やメンテナンス面から考えてもベストな選択です。

バイクの保管にトランクルームを活用!

トランクルームでバイク保管

バイクを長期間保管しておきたい、あるいはガレージのように雨風や盗難を防げる環境で保管しておきたいという場合には、トランクルームの活用も一策です。

トランクルームには屋外に設置されたガレージやコンテナのようなタイプがあり、バイクの保管にも役立てられています。

雨風を防ぐことができるのはもちろん、施錠できるため盗難対策としても有効です。また、トランクルームによっては敷地内で簡易的な作業を許容しているところもあります。

保管場所のセキュリティや環境に不安がある場合や、自宅以外にガレージを持ちたいという場合には、トランクルームは選択肢のひとつとなるでしょう。

まとめ

今回は、バイクの保管方法や注意点、おすすめの保管場所としてトランクルームをご紹介しました。

今回ご紹介した情報も参考に、バイクを安全に保管できる環境づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

トランクルームの種類を解説!それぞれの特徴・メリットをチェック!

あわせて読みたい

トランクルームとは?主な使い方・目的もご紹介

トランクルームの選び方は?チェックしておきたいポイントを解説

タイヤの収納はどうする?気をつけたいことは?

季節家電の最適な収納場所は?【扇風機・ストーブ・こたつ・etc.】

キャンプ用品の上手な収納方法をご紹介!トランクルーム活用のメリットや選び方も!

かさばる釣り道具の賢い収納術|自宅収納のポイントやスペース不足の解決策を紹介!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。