TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

タイヤの収納はどうする?気をつけたいことは?

タイヤの保管

自動車のオーナーなら、スペアタイヤやシーズン用のタイヤを所有している方は多いでしょう。

しかし、タイヤは大きく重量もあるため、保管の方法や保管場所に困ってしまいがちです。

今回は、収納に困りやすいタイヤの保管方法や注意点についてご紹介します。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

タイヤは季節によって使い分ける?

九州南部や沖縄など、冬場に路面が凍結しないような一部地域を除いて、夏タイヤから冬タイヤに履き替えるのが一般的です。

なぜ季節によってタイヤを使い分けなければならないのか、夏タイヤと冬タイヤの機能の違いを詳しく見ていきましょう。

夏タイヤと冬タイヤの違い

冬場になると、タイヤにチェーンをつけて走行する車も見られましたが、ここ最近ではめっきり減っています。代わりに、スレッドタイヤといわれる冬用のタイヤをつけて走行する車が多くなりました。

それでは、夏タイヤと冬タイヤ、どちらも同じタイヤであるのに、なぜ季節によって使い分ける必要があるのでしょう。理由は、夏タイヤと冬タイヤではゴムの質が異なるためです。

冬になるとゴムの性質により、通常の夏タイヤはゴムの弾性が弱まってしまいますが、冬タイヤはゴムの質を保ったまま走行できます。つまり、凍結するような寒い地域でも、タイヤの性能を落とさずに走行できるということです。

年中冬タイヤにすればよいのでは?

それでは、ゴムの質が良い冬タイヤで1年中走行すれば良いのでは?という意見も出てくると思います。しかし、夏場に冬タイヤをつけて走行することはおすすめしません。

冬タイヤはゴムの質を冬用に上げていることもあり、ゴムの水はけが夏タイヤと比べて良くないためです。雨量の多い季節に冬タイヤをはかせたまま走行すると、タイヤの寿命が縮むだけでなく、タイヤがバースト(破裂)する原因にもなります。

反対に、夏タイヤを1年中利用すれば良いのではという意見もあるかと思いますが、こちらは法律違反になる可能性があるのでおすすめしません。冬タイヤを装着していない状況で雪道を走った場合、道路交通法第71条に違反することになり、罰金を支払わなければならないためです。

雪の降る地域や道路が凍結する地域は、夏タイヤと冬タイヤ、両方を持っておく必要があります。

タイヤはいつ履き替える?

さて、夏タイヤと冬タイヤはどちらも持っておくべきだとお話ししましたが、実際タイヤを入れ替えるのはいつがベストなのでしょう?

冬タイヤであれば雪が降ったり、地面が凍結するようになったりする秋から冬にかけて、夏タイヤへの交換は降水量の多くなる春先がベストです。タイヤの寿命は、2~3年ほどなので使い捨てするようなものではありません。夏なら冬タイヤ、冬なら夏タイヤをそれぞれ収納する必要が出てきます。

履き替えが面倒ならオールシーズンタイヤを使う

タイヤの収納場所が確保できなかったり、タイヤの履き替えが面倒だったりした場合は、オールシーズンタイヤを使うという選択肢があります。

オールシーズンタイヤとは、夏タイヤと冬タイヤの性能を両立させた全天候対応型のタイヤのことです。晴れた日はもちろんのこと、雨の日やちょっとした雪道でも安心して走行できるタイヤなのです。

なぜオールシーズンタイヤがさまざまな天候時の路面状況に対応しているかというと、その理由は特殊な素材にあります。オールシーズンタイヤには、冬の寒い時期でもタイヤが硬化せず、夏の暑さにも対応できる特別な素材を使用しています。

また、オールシーズンタイヤの中には、高速道路でチェーン規制が出されたときにも走行可能なタイプがあります。タイヤのサイドにヨーロッパで冬タイヤと認証された証の「スノーフレークマーク」があれば、一般的なチェーン規制時であれば走行が可能です。

しかし、アイスバーンのように道路が凍結したり、積雪により道路状況が著しく悪くなったりした場合は、オールシーズンタイヤで走行できませんので、冬タイヤの装着が必要になります。

オールシーズンタイヤはさまざまなメーカーより発売されており、値段も手ごろなものがありますので、冬でも積雪の頻度が少ない地域であれば、オールシーズンタイヤがおすすめです。

タイヤの収納におすすめのアイテム

季節によって履き替える必要があるタイヤですが、履き替えたタイヤは次に交換するときまで保管しておかなければいけません。タイヤを収納する際におすすめのアイテムを紹介します。

タイヤカバー

履き替えた後のタイヤを保管する際に、タイヤをむき出しのまま保管すると、紫外線などの影響によりタイヤの劣化が進んでしまう恐れがあります。

保管状況によってタイヤの寿命は大きく変わってくるので、タイヤを保管する際は、タイヤカバーなどの装着をおすすめします。タイヤカバーは、錆の原因となるホコリや湿気の侵入も防いでくれます。

タイヤカバーではなく、ゴミ袋などで代用している方もいますが、ゴミ袋では紫外線の影響をさけることはできません。また、ゴミ袋には持ち手がないので、持ちづらく、破れやすいので、その都度新しいものと交換しなければいけません。

タイヤカバーであれば、耐久性もあり、持ち手がついているタイプも多く、持ち運びが非常に便利です。

タイヤを持ち運ぶ際に、タイヤの汚れが服について気になっていた方は、タイヤカバーを装着することによって、タイヤの汚れを気にすることなくタイヤを持ち運べるようになるでしょう。

タイヤカバーの装着は、マジックテープ式やワンタッチ式などがあり、女性でも簡単に装着することができます。タイヤカバーを装着するとタイヤがかさばらないので、室内においても邪魔になりません。

タイヤラック・フック

タイヤを保管する際は、通常であれば4本のタイヤを積み重ねて横積みすることになります。しかし、その場合、一番下のタイヤがタイヤの重みで変形してしまう可能性があります。

タイヤを横積みする場合は、地面にタイヤが接地しているので、気温の高い季節や雨が降ったときなど、通気性の心配もあります。

タイヤが重いので、積み重ねる際も、女性や足腰の弱い方には大変な作業になります。

タイヤラックやフックを使用すれば、タイヤの横積みによるタイヤへの影響を軽減し、狭い収納スペースでもスッキリとタイヤを収納することができるようになります。

キャスター付きのラックであれば、女性や足腰の弱い方でも簡単に運べるので、タイヤの交換作業がラクになります。

2段に収納できるタイプもあるので、1台分の収納スペースに2台分のタイヤを収納することができます。ただし、2段目のラックにタイヤをのせる際は、タイヤを持ち上げなければいけないので、大きな車のタイヤの場合は、多少力が必要になります。

持ち家の方で、壁に穴を開けてフックを装着しても大丈夫な場合は、壁面にタイヤを掛けることができますので、壁を有効活用することができます。
自宅の収納スペースや状況に合わせて、さまざまなアイテムを活用してみてください。

タイヤを収納するときの置き方は?

タイヤの置き方

タイヤを収納するときの置き方は、どのような置き方がいいのでしょうか。タイヤの状況に合わせて紹介します。

ホイールがついていれば横積み

ホイールがついたまま立てて保管すると、ホイールの重みでタイヤが変形してしまう恐れがあります。ただし、タイヤラックに立てて保管する場合は、ホイールの重みが1点に集中することがないため問題はありません。

ホイールがついているタイヤを収納する場合は、ラックを使用しないのであれば、横積みがいいでしょう。

横積みする場合、タイヤの重みで1番下のタイヤに負荷がかかりますので、2本ずつ積み重ねるのがおすすめです。

収納スペースの関係で4本積み上げる場合は、定期的にタイヤを積み替えてあげるといいでしょう。

横置きで収納する場合は、タイヤの緊張状態を和らげるため、空気圧を通常値の半分にしてから保管するようにしましょう。

タイヤ単体なら縦積み

ホイールがついていない状態であれば、縦積みがおすすめです。タイヤの側面に負荷がかからないため、サイドウォールの痛みを防止できます。

タイヤの縦積みは、横積みよりも安定感に欠ける面があります。収納スペースも必要になり、見た目もすっきりしません。

縦積みをする場合は、タイヤラックを使えば収納がコンパクトになります。2段に重ねて収納できるタイプもありますので、状況に合わせて使用してみてください。

タイヤはどうやって収納するもの?

季節によってタイヤを使い分けるために、タイヤを収納する必要が出てくるとお話ししましたが、実際どうやって収納すればよいのでしょうか。タイヤの収納におすすめできる3つの保管場所を紹介します。

物置に入れる

戸建てで物置がある、あるいは物置を置けるようなスペースがある場合は、物置に直すのが現実的かもしれません。物置であれば、完全に屋外になるわけではないため、タイヤの劣化を防ぐことができます。また、見た目もすっきり収納できるのもポイントでしょう。

しかし、一般的なサイズの物置ではタイヤが物置の中の大半を占めることも少なくありません。ガーデニング用品など、ほかに物置に収納して置きたいものがあると、あまり置けない可能性が出てきます。

ベランダで収納する

物置に収納する方法を紹介しましたが、マンションなどでは物置を置くスペースがないことも多いでしょう。そうなると、ベランダでの収納が現実味を帯びてきます。

ベランダに収納する場合は、直置きするのではなく、タイヤスタンドやタイヤラックを使って保管するのがおすすめです。タイヤカバーも利用するなどして、外からの刺激をできるだけカットできるようにしておくと安心です。

しかし、保管方法が十分でない場合、タイヤが雨風にさらされる可能性があります。室内や物置での保管と比べると劣化しやすい環境にあるのがデメリットでしょう。なお、ベランダと似たような場所だと、戸建てならウッドデッキもあります。ベランダに保管するのと同じ要領で、ウッドデッキの下などに保管してみても良いかもしれません。

タイヤ保管サービスを利用する

タイヤを保管するスペースがない場合は、タイヤ保管サービスを利用してみてはいかがでしょう。

タイヤ保管サービスは、タイヤショップやカー用品店が行っている、シーズンオフのタイヤを保管してくれるサービスです。年間料金を支払えば、保管に適切な環境でタイヤを保管してくれます。

タイヤ保管サービスを行っているお店でタイヤ交換を依頼すれば、そのまま保管してもらえて、次のタイヤ交換時には、バランスや空気圧などが最適な状態のタイヤを履き替えてもらうことができます。

タイヤを洗浄したり、交換のたびに持ち運んだりするのが面倒な方にも便利なサービスです。

また、自宅でタイヤを保管する場合、鍵が掛けられない場所に置いておくと、常に盗難の危険性があります。しかし、タイヤ保管サービスでは、専用の倉庫で保管するため、盗難の心配がありません。

トランクルームで保管する

トランクルームでタイヤを保管するのもひとつの方法です。

トランクルームとは、収納スペースをレンタルできるサービスのことで、ビル内が収納スペースになっている屋内型や、コンテナ・ガレージタイプの屋外型などがあります。

なかでも、ガレージタイプのトランクルームは、車を横付けすることができる場所も多いのが特徴。重たいタイヤでもスムーズに預けたり取り出したり出来るでしょう。

また、屋内型トランクルームであれば、空調設備で温度や湿度がコントロールされているので、劣化に強い環境でタイヤを保管しておくことができます。

場所を利用するための料金はかかりますが、自宅でタイヤ保管のためのスペースを確保する必要がなくなりますし、タイヤの収納場所にお困りのあ場合にはトランクルームの利用を検討してみるとよいでしょう。

タイヤを保管する前のメンテナンス手順

タイヤを保管する前に適切なメンテナンスを行っておくと、保管している間にタイヤが劣化することを防ぐことができます。

タイヤをメンテナンスする手順は以下の通り。

  1. タイヤの溝に挟まっている小石やガラスなどを取り除いておく
  2. 汚れを水でしっかりと洗い流しておく
  3. タオルなどで拭き、乾燥させる
  4. タイヤの空気圧を減らして保管する

タイヤの溝に挟まっている小石やガラスなどを取り除いておく

タイヤの溝には、小石やガラスが挟まっていることがあります。これらのごみがついたまま保管すると、パンクやケガの原因になるため、取り除くようにしましょう

汚れを水でしっかりと洗い流しておく

また、汚れをしっかりと水で流しておくことも大切です。汚れがついたままだと劣化の原因にもなります。汚れを落とすと同時に、タイヤにひび割れがないかも確認しておくのがおすすめです。

タオルなどで拭き、乾燥させる

タイヤを保管する前には、タオルなどで拭きしっかりと乾燥させるようにします。この際、日光で乾燥させるのは厳禁です。拭き取るようにしましょう。

タイヤの空気圧を減らして保管する

そして保管する際に大切なのが、空気圧を減らして保管すること。減らさずに保管すると、ゴムに負担がかかり、劣化する原因となります。1/3程度でいいので、多少空気圧を減らして保管するようにしましょう。

タイヤを収納するときに注意したいこと

タイヤ洗浄

タイヤの保管は、できるだけ劣化しないようにすることが大切です。タイヤから取り外して、そのまま収納してはいないでしょうか?屋外、屋内、どちらにも共通するタイヤ収納のポイントと注意点を紹介します。

洗浄して乾かしてから

取り外したばかりのタイヤには、砂やゴミなどさまざまな汚れが付着しています。汚れたまま直すと傷や劣化の原因になるので、必ず洗浄し、十分に乾かしてから収納しましょう。ちなみに、洗浄してぬれたままの状態で保管すると、ゴムの質が変わってしまうことがあります。

特に屋外で保管する場合などは、新たに汚れが付着することを防ぐために、収納袋に入れてタイヤを保管すると良いです。
タイヤの空気圧は下げておく

忘れがちなのが、空気圧の調整です。走行時は空気圧があった方が良いですが、保管時は空気圧が高いとゴムの劣化を招いてしまいます。保管する前に、空気圧を十分に下げておきましょう。

直射日光に当てない、直置きしない

前述したように、タイヤをきれいにした後は収納袋がおすすめですが、収納袋はタイヤの直置きや直射日光も防いでくれるので一石二鳥です。直置きによる色落ち、直射日光による紫外線からタイヤをある程度は守ってくれるので、また次のシーズンも安心してタイヤを使えます。

しかし、収納袋も万能ではありません。思わぬところから水が漏れる可能性もありますし、穴があいてしまうこともあります。紫外線も完全に防ぎきれるわけではありません。

さまざまなタイヤの劣化のリスクを考えると、収納袋に頼って屋外に保管するのではなく、屋内に保管するのが望ましいです。

まとめ

タイヤの収納について、おすすめの保管方法とコツを紹介してきましたが、タイヤの劣化を防ぎつつ、スペースを確保したいなら、トランクルームのような外部サービスがおすすめです。

台車など移動しやすいサービスを展開しているところを選べば、移動時の問題も解消されます。

もっと知りたい!
続けてお読みください

車好き必見!カー用品を保管・収納するにはどこがいい?

あわせて読みたい

自転車の保管に適した場所は?トランクルーム活用のメリットもご紹介

キャンプ用品の上手な収納方法をご紹介!トランクルーム活用のメリットや選び方も!

筋トレグッズの上手な収納方法やトレーニングスペースの作り方

テレワーク(在宅勤務)用の部屋・スペースを作るコツ!おすすめアイテムもご紹介

季節家電の最適な収納場所は?【扇風機・ストーブ・こたつ・etc.】

シーズンアイテムの保管はトランクルームがオススメ!【クリスマスツリー・雛人形etc.】

段ボールを自宅で保管する方法!放置すると危険な理由とは

かさばる釣り道具の賢い収納術|自宅収納のポイントやスペース不足の解決策を紹介!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。