TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

テレワーク(在宅勤務)用のスペースや部屋を作るポイント!おすすめインテリアもご紹介

リモートワーク(在宅勤務)

テレワーク(在宅勤務)をする人が増えているものの、部屋で落ち着いて作業ができないと悩む人は多いです。

効率良く仕事ができるよう、お部屋の中を整えましょう。

今回は在宅ワーク向けのインテリアやお部屋を整えるポイントを解説していきます。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

テレワーク(在宅勤務)に最適な部屋を作るポイント

リモートワークの部屋を作るポイント

在宅ワークで使いやすいお部屋作りのポイントを解説していきましょう。

在宅ワークでは、自宅をワークスペースとして使います。ですが、普段生活しているお部屋で仕事を始めたのでは、作業がはかどりません。

デスクワークを始める前に、お部屋はオフィス向けに作り替える必要があります。自宅はあくまでもくつろぎの場所です。緊張感をもって臨むワークスペースには向いていないため、仕事に集中するためにも少しでも工夫をしてみてください。

生活スペースと切り離す

自宅のお部屋を在宅ワークに使う場合は、ワークスペースと生活スペースを明確に切り離す必要があります。自宅にいることで体がリラックスしすぎると、仕事に必要な緊張感が長続きしません。

特にリビングなどのくつろぎのスペースでは、体がリラックスモードになりがちです。リビングなどを在宅ワークに使うときは簡易のパーテーションでまわりを囲うか、テレビに背を向ける配置にするなど、生活空間から作業スペースを切り離す工夫をしてください。

家族が在宅している場合はヘッドフォンや耳栓を活用して、生活音を遮断するのもおすすめです。

物は最小限に

在宅ワークに使うお部屋の生活用具はできるだけ片付け、ワークスペースの周りには仕事に使う物だけを置くことを心掛けましょう。自宅に届いた郵便物や子どものおもちゃ、洗濯物などが目に触れると、気が散ってしまいます。

筆記用具やファイルを手の届く場所に置き、整理整頓をしておくだけでも、業務効率は驚くほど向上します。パソコンを置くデスク周りだけでも、無機質なオフィス空間を作りましょう。

なるべく窓際には配置しない

在宅ワークでお部屋にデスクを置く場合は、できるだけ窓際は避けることをおすすめします。窓から見える車や人の動き、庭木などの様子が気になって、仕事に集中できなくなってしまうからです。

窓が正面にあるとパソコン画面が逆光で見えにくくなり、作業効率が低下することも考えられます。窓から差し込む陽射しが眠気を誘い、業務効率が低下することもあるため、窓際を使う場合は光の入り方を事前にチェックしてください。

人の出入りの多い場所には配置しない

在宅ワークのワークスペースは、家族の出入りが多い場所を避けて配置することも大事です。人が通るたびに顔を上げなくてはいけない環境では集中が途切れやすく、作業もすすみません。

デスク配置をする前に、家の構造や家族の動線をチェックしておくといいでしょう。人の出入りがある場所にワークスペースを作らざるを得ない場合は、デスクの横を家族が通らないよう、机や周辺家具のレイアウトを工夫してください。

趣味のアイテムは置かない

自宅の書斎は在宅ワークに最適なものの、趣味のアイテムは事前に片付けておく必要があります。好きな本や漫画、ゲーム、コレクションなどが置いてある場所では、仕事に集中できなくて当然です。

仕事中についつい見てしまう、休憩するつもりで手を伸ばしたら集中力が切れてしまったというケースは多いです。在宅ワークでは人目がなく、自制や歯止めがかかりにくいため、娯楽アイテムはできるだけ遠ざけましょう。

ガラス製のデスクは避ける

在宅ワークで使う机には、ガラステーブルを選ばないほうが無難です。おしゃれではあるもののガラスは指紋が付きやすく、事務作業をしていると汚れが目立つため、仕事へのモチベーションが下がりやすい傾向があります。

冷たいガラスの上で仕事をしていると、手指が冷えて事務作業の効率が低下するのも困りものです。とはいえ、一時的な在宅ワークのために机を買い替える必要はありません。ガラスのテーブルを使う場合はテーブルクロスをかけるなど、工夫をしてみてください。

心地の良い環境づくりを

在宅ワークをする部屋を整える際は、心地良さを意識する必要があります。くつろぐことを目的として整えられている自宅の設備は、長時間同じ姿勢を続ける仕事向きではないことがほとんどです。

ワークスペースは快適性を重視して、必要な設備を整えるといいでしょう。集中して仕事をこなすためには、座り心地の良い椅子やじゅうぶんに道具を広げられる広い机が必要です。

パソコン画面がまぶしいときはブルーライトカット眼鏡を使うなど、便利なグッズも活用してください。

背景に注意

ワークスペースのデスク配置では、パソコンに映る「背景」にも注目してください。在宅ワーク中はWebカメラなどを使用したオンライン会議が多く、場合によっては大事なプライベート空間が仕事仲間に丸見えになってしまいます。

ましてや趣味のものなどで散らかった様子が映り込めば、在宅勤務の稼働状況を疑われかねません。

背景に選ぶなら、白い壁紙やカーテンなどが無難です。カメラを内側に向けて起動し、パソコンに映る背景を確認してデスク位置を決めましょう。

テレワークにおすすめのインテリア

リモートワークにおすすめのインテリア

在宅ワークをするお部屋におすすめの、インテリアアイテムを紹介していきましょう。

お部屋の中にくつろぎの空間と、オフィス向けの無機質なスペースを両立させるには工夫が必要です。オン/オフの切り替えがスムーズにできるよう、便利な家具やアイテムも活用してください

ロールスクリーン

ロールスクリーンで空間を仕切れば、在宅ワーク中に生活空間とワークスペースを切り離すのが簡単です。壁に取り付けることもできるため、ビデオ通話をする際の背景替わりにも活用してください。

省スペースの自立型や突っ張り型もあり、ロールスクリーンは賃貸住宅でも気兼ねなく設置が可能です。

マルチカバー

マルチカバーは、お部屋の中で散らかっている部分を素早く隠すことができるため、1枚あると重宝します。仕事中に目に触れると気が散る生活雑貨や趣味の物にかぶせて、集中力が途切れるのを防ぎましょう。

広範囲の散らかりをスピーディーに隠すことができるため、急にオンライン会議の開催が決まっても慌てずに済みます。

ブラインド

ブラインドはカーテンよりも光を遮る効果が高いため、ワークスペースの窓に最適です。

遮蔽しながら光と風の量を調整できるのも魅力でしょう。窓辺にデスクを置いても眩しくなく、空調も管理しやすいため、集中力が長続きします。

快適な椅子

快適な椅子は長時間の在宅ワークに欠かせないものであり、座っていても苦痛のないものが理想です。座面が水平もしくは前傾した、クッション性の良いものを選びましょう。

あわせて姿勢サポートのクッションも併用するとより快適さが増し、集中力を長く維持できます。

テレワーク用の部屋を作るには

トランクルーム活用でのリモートワーク部屋を作る

在宅ワークで使う快適な部屋を作るためには、不要な物を片付けることも必要です。収納スペースが狭くて困っている人や、大切なものを置く場所がなくて悩んでいるなら、トランクルームを活用してください。

トランクルームを活用することで、ご家庭で収納しきれない不要な荷物を一括収納することができるため、在宅ワークのお部屋作りに役立ちます。

まとめ

在宅ワークのしやすさは、お部屋作りにかかっているといっても過言ではありません。

お部屋の中の荷物が溢れている場合は便利なトランクルームも活用して、在宅ワークに集中できるお部屋に整えることをおすすめします。

もっと知りたい!
続けてお読みください

トランクルームとは?主な使い方・目的もご紹介

あわせて読みたい

会社備品・書類の保管にトランクルームを活用するメリット

趣味道具やグッズの収納・保管にトランクルームを活用しよう!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川を中心
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。