TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

かさばる毛布の上手な保管方法!収納場所が足りない場合の解決策もご紹介!

毛布の上手な収納・保管方法

冬場に大活躍してくれる毛布ですが、それ以外のシーズンの収納場所にお困りの方も多いのでは?

毛布は意外とかさばるため、収納場所に困りやすいアイテムのひとつです。

また、収納前にお手入れをしていないと、いざ使おうとしたときにカビが発生していたり虫に食われていたりといったケースも少なくありません。

この記事では、毛布を収納する前のお手入れ方法や上手に収納するポイントをご紹介します。

自宅に収納場所を確保できない場合の解決策もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

毛布を収納する前のお手入れ方法

毛布のお手入れ方法

シーズンを終えた毛布を長期保管する際は、来シーズンも快適に使えるようにお手入れをしておく必要があります。

まずは、毛布を保管する前のお手入れ方法を見ていきましょう。

カビ対策

暖かくなって毛布をしまうと、半年程度はしまったままの状態になります。

そのため、保管状況に注意しなければなりません。保管状況が良くないと、来シーズンになって出してみたときにカビ臭くなってしまうこともあります。

カビは湿気が多い環境だと生えやすいため、湿気をなくすことがカビ対策につながります。

毛布をしまうときには、乾燥剤や除湿剤を一緒に入れておきましょう。

保管袋を使用する場合は、保管袋の中と収納の中の両方に入れておくと効果的です。また、風通しを良くすることもカビを防止するのに役立ちます。

湿気があまりなくても、毛布に付着した汚れが原因でカビが生えてしまうこともあるかもしれません。毛布は汗を吸うため、見た目は綺麗に見えても汚れていることが多いです。

そのため、しまう前に自宅で洗濯をするかクリーニングに出すかしておくといいでしょう。清潔な状態で湿気も少なければ、カビは生えにくくなります。

虫対策

カビ対策と併せてやっておきたいのは虫対策です。

毛布を長期間しまっていると、虫に食われてしまうことがあります。原因となる虫は主にカツオブシムシとイガです。

小まめに室内を掃除し、清潔な環境を保っている方は、自宅に虫はいないと思ってしまうかもしれません。

しかし、自分で気づいていなくても知らず知らずのうちに虫が外から侵入してくることがあります。洗濯物に付着して室内に入り込んだり、外出時に衣服に付着したりすることが多いです。

室内で虫を見たことがない場合でも、虫がいるものとして対策を講じておきましょう。毛布をしまう時点で虫が付いていなくても、卵が付着していて保管中に孵化することもあります。

カツオブシムシやイガは、湿度が高い場所を好むため、カビ対策と同様に毛布をしまうときに乾燥剤や防湿剤を一緒に入れておきましょう。

さらに防虫剤も一緒に入れておくと効果的です。カツオブシムシは殺虫剤を使用してもなかなか駆除できませんが、防虫剤を使えば駆除できなくても寄せ付けにくくなるため、虫食い防止につながります。

またカツオブシムシを駆除したいのであれば、毛布を収納する前にエアゾール剤や燻煙剤などを使用するのがいいでしょう。

毛布を上手に収納するポイント

次は、かさばりやすい毛布を上手に収納するポイントをご紹介します。

毛布を圧縮袋に入れてコンパクトに

毛布は厚みがあるので、そのままたたんでしまうと、かなりのスペースを占有してしまいます。

そんな毛布の収納に役立つのが、圧縮袋です。圧縮袋を使うと厚みのある毛布もぺたんこになるので、そのままだと1枚しか収納できないようなスペースでも、2枚も3枚も収納できます。

毛布だけでなく、セーターやフリースなど冬物の衣類も圧縮袋に入れて保管すれば、さらにスペースを確保できるでしょう。狭い家や収納の少ない家に住んでいる人の強い味方です。

使い方も簡単です。毛布を入れてジッパーを端の方の手前まで占めて、掃除機のホースを差し込み掃除機のスイッチを入れます。みるみると圧縮されてぺたんこになっていくので、素早く掃除機のホースを抜いてジッパーを完全に閉めるだけです。

透明なので、なかに入っているものが見えるのも便利なところです。

クローゼットを整理して収納スペースを確保

圧縮袋で毛布をコンパクトにまとめたら、クローゼットや押入れに収納していきます。

毛布を毛布を収納するスペースを確保するために、クローゼット内の他の荷物を整理してみましょう。

さまざまなアイテムをそのまま収納しているのであれば、収納ボックスやケースを利用するのがおすすめ。

無駄なくすっきりと収納できるため、毛布を収納するためのスペースを確保しやすくなります。

ベッド下などのデッドスペースを活用

クローゼットや押入れに収納できないという場合には、デッドスペースを活用できないか検討してみましょう。

たとえば、ベッドの下のスペースは物を収納できることも多いです。ベッド下専用の収納ケースなどもあります。

また、スツールに収納する方法もおすすめです。スツールとは、背もたれのない椅子のことを指しますが、中に収納スペースを備えているものもあります。

スツールボックスと呼ばれることが多く、座る部分が開いて、椅子と収納グッズの両方の役割を兼ね揃えているアイテムです。

収納場所がないならトランクルーム活用もおすすめ!

毛布の収納場所にお困りならトランクルームを活用!

どうしても毛布を収納するスペースを確保できないという場合には、トランクルームの活用を検討してみましょう。

トランクルームとは月額制で収納スペースをレンタルできるサービスで、収納にまつわるさまざまな問題解決に役立ちます。

なかでも、毛布を収納するのであれば屋内型トランクルームがおすすめです。

次は、トランクルームを利用するメリットを見ていきましょう。

カビや虫食いなどに強い保管環境

屋内型トランクルームは空調設備が整っている場合が多く、温度・湿度がコントロールされています。

そのため、毛布を長期保管していても、カビやダニ、虫食いなどが発生しにくい環境だと言えます。

自宅の収納スペースをすっきり整理

トランクルームには、毛布以外にもさまざまなアイテムを収納しておくことができます。

たとえば、衣替えした洋服や季節家電、クリスマスツリーなどのシーズンアイテムを一緒に収納しておけば、季節ごとの荷物の入れ替えをスムーズに行うことができます。

また、普段使うことがない思い出の品や、年に数回しか使わないレジャーアイテムなどをトランクルームに預ければ、自宅の収納スペースをすっきりと整理することができるでしょう。

いつでも気軽に取り出し可能

屋内型トランクルームの多くは、24時間365日いつでも利用することが可能です。

そのため、突然の来客があった際や、急激に気温が下がったときなど、必要な時に気軽に取り出すことができます。

まとめ

今回は、毛布を長期保管する前のお手入れ方法や、上手に収納するポイントなどをご紹介しました。

トランクルームを活用すれば、毛布やそのほかの荷物を預けて自宅の収納スペースをすっきりと整理することができます。

今回ご紹介した情報も参考に、トランクルームの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

かさばる布団の上手な収納方法!収納場所がない場合の解決策もご紹介!

あわせて読みたい

衣替えがスムーズになるコツを伝授!夏服を収納するポイントも解説!

季節家電の最適な収納場所は?【扇風機・ストーブ・こたつ・etc.】

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。