TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

アルバム・写真を劣化から防ぐ保管方法とは?収納のポイントもご紹介!

200730_photo-album01.jpg

大切な思い出を記録した写真やアルバムは、いつまでも綺麗な状態で保管しておきたいもの。

しかし、保管方法によっては色褪せてしまったり変形してしまったりする可能性があります。

そこで今回は、大切な写真・アルバムを劣化から守るためのポイントと、写真・アルバムの保管場所としてトランクルームを活用するメリットについてご紹介します。

東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」 東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

アルバム・写真が劣化してしまう原因は?

まずは、アルバムや写真が劣化してしまう原因を見ていきましょう。

写真が劣化する主な原因

  • 紫外線
  • 空気中の水分やホコリ
  • 写真に含まれる酸

紫外線が褪色の原因に

写真が劣化してしまう主な原因として、「紫外線」を挙げることができます。

紫外線を長時間写真にあてていると、写真の色素が分解されて色褪せてしまうのです。

そのため、日当たりが良い場所に写真を置くのは避けるべきだと言えます。

また、蛍光灯が使われている照明やテレビなどからも微量ながら紫外線が発生しますので、できるだけ写真に直接光が当たらないよう配慮しましょう。

空気中の水分やホコリも大敵

空気中の「水分」や「ほこり」も、写真を劣化させる原因となります。

湿気がこもりやすい場所だと、写真の変形やカビが発生してしまうケースがあります。

また、ホコリもカビが発生する原因となるため注意が必要です。

そのため、写真を保管する際は密閉性のある容器に入れるなど、できるだけ空気に触れさせないようにすることが大切です。

写真に含まれる酸が劣化を起こすことも

現像写真には酸が含まれるものがあり、写真の劣化を引き起こすことがあります。

高温多湿な環境に保管しておくと酸が写真表面に染み出して、写真同士でくっついたり、色褪せや臭い、ベタつきの原因となることもあります。

できるだけ高温多湿な環境を避けて保管するようにしましょう。

アルバムをキレイに収納するポイント

アルバム収納のポイント

アルバムをリビングなどすぐ手に取れる場所に置くとなると、気をつけたいのが見た目にも美しくすっきりさせるということです。ここでは、キレイに収納するポイントをお伝えします。

収納家具を活用する

アルバムの収納で一番ネックになるのが、サイズやテイストがバラバラ、ということではないでしょうか。

子どもが赤ちゃんのころをまとめたアルバムは分厚く、結婚写真のアルバムは薄くて背表紙が高い。子どもが学校から持ち帰った卒業アルバムは大切なものだけど、オシャレ感には欠ける。などなど、アルバムの種類に統一感がないのが実際のところですよね。高さが違うものは本棚にも並べにくいし、背表紙があまりにごちゃごちゃしているとリビングのリンテリアとマッチしないこともあります。

そんなときは、目隠し扉がある収納家具に入れてしまうのもひとつの手です。思い出はすっきりスマートに、かつ手の届くところに収納したいという人には、扉付き収納はぴったりです。

キャスター付きのスチールラックに収納するのも良いですね。通気性が良いので湿気がたまることがなく、写真を良い状態で保存できます。写真には日焼けなどの紫外線が大敵ですが、キャスター付きなら季節によって直射日光の当たる場所から移動させることもできてとても便利。アルバムだけでなく、カメラやカメラ周りの小物もすべて収納すれば、ひとつの棚で収納が完結します。

ボックス収納を活用する

収納小物を工夫して、今ある棚を活用することも可能です。おすすめしたいのがボックスを使うことです。収納場所や好きなテイストに合わせてお好みのボックスを選びましょう。

デスクで書類などを整理する紙製の縦置き収納ボックスも便利なアイテムです。比較的薄めでA4ほどの大きさのアルバムをすっきりと収納するには最適。背表紙が直接目に触れないので、お部屋に統一感を出すことができます。白や黒などシンプルなものから、カラフルな柄がプリントされたものまでたくさんのテイストから選べるので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでくださいね。

大量のアルバムを収納したいなら、布製のボックスがおすすめです。布製なら多少形が変えられるので、少しくらい増えてしまっても対応できます。また、使わないときにはボックスを畳んでおくことができるのもメリットです。

写真1枚のサイズの小さなものや、変則的なものなど、サイズが小さめでバラバラなアルバムは立てて収納しづらいものです。そんなときはプラスチックのボックスに入れてしまうのがよいでしょう。シンプルなボックスを選べばリビングの棚に置いてあってもインテリアを邪魔しませんし、さっとボックスごと取り出してソファやテーブルに持っていくことも可能です。

統一感をもたせる

部屋をキレイにすっきり見せる最大のポイントは、統一感があるかどうかです。いくらオシャレなものを並べていても、それぞれのテイストがバラバラであればちぐはぐな印象になってしまいます。

今から写真を整理してアルバムに入れる場合は、アルバムのサイズや色を揃えて統一感を出しましょう。そうすれば、扉の奥に隠したりする必要もありません。棚に並べてあるだけで見栄えがよく、すっきりと感じられます。

気をつけたいのが、できるだけ手に入れやすいアルバムを選ぶこと。写真が増えて買い足したいと思ったときに、同じものが手に入るのが理想的です。

一目で中身がわかるようにする

アルバムにラベリングをするのも大切です。同じアルバムに入れると、統一感が出ますが、どのアルバムに何の写真が入っているかわかりづらいのが難点です。

子どもの名前と年齢を書いたり、何年何月の沖縄旅行、など具体的な情報を書くと一目でぱっとわかります。こうすることで、探す手間が省け、見たいときにすぐに見られますね。

仕切りを活用する

ファイルボックスやブックスタンドなどの仕切りを活用するのもよい方法です。どっしり厚みのあるアルバムは自立しやすいですが、手作りのアルバムや記念写真などは薄くてすぐに倒れてしまうものもあります。

そんなときは、先ほどもご紹介した縦置きのファイルボックスにまとめたり、ブックスタンドを利用するとストレスなくぴったりと収まります。

アルバム・写真の保管に適したトランクルームとは?

いつまでも綺麗な状態を保ちたいアルバム・写真ですが、トランクルームを利用することで劣化に強い環境で保管しておくことが可能です。

次は、アルバム・写真の保管に適したトランクルームとして、「屋内型トランクルーム」「宅配型トランクルーム」の特徴をご紹介します。

屋内型トランクルーム

アルバム・写真の保管に適したトランクルームのひとつが「屋内型トランクルーム」です。

多くの屋内型トランクルームでは空調設備で温度・湿度を管理しているほか、直射日光が当たらないため、アルバムや写真が劣化しにくい環境となっています。

また、多くの屋内型トランクルームでは24時間いつでも自由に荷物を預けたり取り出したりできるので、気が向いたときに気軽に取り出すことができるのもポイントです。

宅配型トランクルーム

「宅配型トランクルーム」も、アルバム・写真の保管に適したトランクルームです。

屋内型トランクルームと同様、空調管理が徹底されているほか、直射日光が当たらない環境でアルバム・写真を保管することができます。

また、宅配型トランクルームは専用のボックスや段ボールに荷物を入れて、集荷・配達を依頼して荷物を預けたり取り出したりします。

屋内型トランクルームのようにすぐに取り出すことはできませんが、出し入れするためにトランクルームを訪れる手間がないのはメリットだと言えるでしょう。

まとめ

今回は、写真やアルバムを劣化から防ぐために覚えておきたいポイントと、写真・アルバムの保管に適したトランクルームの情報をお伝えしました。

今回ご紹介した情報も参考に、大切な思い出をいつまでも綺麗な状態で保管しておきましょう。

もっと知りたい!
続けてお読みください

本の収納で覚えておきたいポイントをチェック【漫画・雑誌・文庫本etc.】

あわせて読みたい

衣類の収納にトランクルームを活用するメリットとは?

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。