TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

アルバム・写真の保管方法とは?写真が劣化する原因や収納のポイントもご紹介

200730_photo-album01.jpg

大切な思い出を記録したアルバムや写真は、いつまでもキレイな状態で保管しておきたいもの。

しかし、正しい方法で保管できていないと、カビが発生してしまったり、色褪せてしまったりすることがあります。

そこで今回は、大切なアルバム・写真の保管に適した方法や場所についてご紹介します。

写真が劣化してしまう原因も解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

アルバム・写真を保管する方法は?

2206_photo-album04.png

アルバムは、サイズや厚み、デザインなどによってさまざまな種類のものがあります。

統一感を出したり、キレイに保管しようとしてもなかなかうまくいかないこともあるでしょう。

それではまず、アルバムの種類にあわせて活用できる保管・収納方法をご紹介します。

アルバムを保管する主な方法

  • 収納ケース・ボックスを活用して保管
  • 収納ラックに入れて保管
  • 収納棚に入れて保管
  • 壁掛け棚に飾って保管

収納ケース・ボックスを活用して保管

アルバムの収納で一番ネックになるのが、サイズやテイストがバラバラであるということではないでしょうか。

たとえば、子どもが小さいころの写真をまとめたアルバムは分厚い物が多いですが、結婚写真のアルバムは薄くて背表紙が高いものが多いです。

ほかにも、子どもが学校から持ち帰った卒業アルバムは、大切だけどお洒落感には欠けると感じることがあるかもしれません。

このように、アルバムの種類は統一感がないのが実際のところ。

高さが違うものは本棚に並べにくいし、背表紙がごちゃごちゃしているとリビングのインテリアにマッチしないこともあります。

そんなときは、収納ケースにまとめて保管するのがおすすめです。

アルバムの厚みや背表紙の高さがバラバラであっても、重ねてキレイに保管しておくことができます。

また、テイストが異なるアルバム同士でもケースのなかに収納することで見栄えを気にせず保管することも可能です。

収納ケースは、サイズやデザインなどによってさまざまな種類のものがあります。収納スペースや好みのテイストに合わせて最適なものを選びましょう。

定番のプラスチックケース

2206_photo-album06.png

アルバムは、写真1枚のサイズの小さなものや、変則的なものなどを保管する場合、立てて収納しづらいものです。

そんなときは、プラスチックのケースにまとめて入れてしまうのがよいでしょう。

シンプルなケースを選べばリビングの棚に置いてあってもインテリアを邪魔しませんし、さっとケースごと取り出してソファやテーブルに持っていくことも可能です。

また、手ごろな値段で手に入れることができるため、とりあえずまとめて保管しておきたいという方にもおすすめです。

引き出しタイプの衣装ケース

とりあえずまとめて保管しておきたいという方には、無印良品などで手に入る引き出しタイプの衣装ケースがおすすめ。

それぞれのアルバムのサイズを気にすることなく、一緒に保管しておくことができます。

また、クローゼットにフィットするサイズの引き出しがほとんどなので、スペースを無駄なく有効活用できる点もメリットです。

アルバム以外にもカメラ用品などを一緒に保管しておいてもよいでしょう。

まとめて保管!『衣装ケース』を今すぐチェック!

背表紙を隠せる縦型ファイルボックス

アルバムの保管には、デスクで書類などを整理する紙製の縦型の収納ボックスも便利です。

A4ほどの大きさのアルバムをすっきりと収納できるものが多いです。背表紙が直接目に触れないので、お部屋に統一感を出すことができます。

白や黒などシンプルなものから、カラフルな柄がプリントされたものまでたくさんのテイストから選べるので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでみるとよいでしょう。

背表紙を隠せる!『縦型ファイルボックス』を今すぐチェック!

折りたためる布製のボックス

布製のボックスもおすすめです。

折りたたみ式のものであれば、使わないときには畳んで収納しておけるのもメリット。

デザインによっては、インテリアにマッチしやすいお洒落な風合いのものもあるでしょう。

たたんで収納できる!『折りたたみ式の布製ボックス』を今すぐチェック!

収納ラックに入れて保管

2206_photo-album07.png

ケースやファイルボックス以外に、収納ラックに保管する手段もあります。

背表紙が見えるように収納しておけば、好きなタイミングですぐに写真を見返すことができます。

ラックは収納スペースを比較的多く確保できるため、アルバムと一緒にカメラや小物なども収納して、ひとつの棚で収納を完結させてもよいかもしれません。

キャスター付きスチールラック

「部屋のレイアウトに合わせて移動させたい」という方は、キャスター付きのスチールラックがおすすめ。

好きな場所へ簡単にラックを移動させることができます。

スチール製のラックは比較的安価で種類も豊富なので、初めて購入する方にとくにおすすめでしょう

移動が簡単!『キャスター付きのスチールラック』を今すぐチェック!

オープンシェルフで見せて保管

お洒落な見た目を重視したいなら、オープンシェルフでの保管がよいでしょう。

アルバムは、丈夫でお洒落な見た目のクラフトボックスなどに入れて収納するのがおすすめ。

ほかのインテリアとマッチするように、素材やデザインを統一してみてもよいかもしれません。

収納棚に入れて保管

見た目を隠してすっきりスマートに、かつ手の届くところに収納したいという人は、収納棚がおすすめ。

目隠し扉の付いたものであれば、すっきりとした見た目のままアルバムを保管することができます。

扉タイプのチェストに保管

リビングやダイニングに置いておける扉付きタイプの収納棚もおすすめ。

サイズや厚みがばらばらのアルバム同士であっても、見た目を気にせずにまとめて保管しておくことができます。

また、チェストの上に写真立てなどの雑貨を飾っておくこともできます。

テレビ台に保管

テレビ台の収納スペースを有効活用して保管することも可能です。

アルバムをファイルボックスなどに入れて立てて収納するとコンパクトにまとまります。

ラベルを貼って、どこに何の写真があるのかわかりやすくしておくとよいでしょう。

壁掛け棚に飾って保管

収納ラックのなかには、壁に設置するタイプのものもあります。

床に収納スペースがなくて困っている方や、インテリアとしてアルバムを飾りたいという方にはとくにおすすめです。

思い出を振り返りたいときに、すぐにアルバムを手に取って見返すこともできます。

飾って保管!『壁掛け棚』を今すぐチェック!

思い出の収納方法
あわせて読みたい
思い出の品の収納方法は?捨てずに保管する方法もご紹介

アルバムの写真が劣化する原因とは?

2206_photo-album03.png

写真はアルバムに収納していても、適切な環境で保管しないと劣化してしまいます。

一度劣化したものは復元できないこともあるので要注意。

ここでは、写真が劣化するとどうなってしまうのか、原因もあわせて解説していきます。

写真が劣化する原因

  • 湿気
  • 紫外線

湿気によってカビが発生する

空気中の水分は写真を劣化させる大敵。

湿気がこもりやすい場所では、すぐにカビが発生してしまいます。

場合によっては、湿気を含みすぎてしまった写真が変形してしまうことも。

そのため、写真を保管する際はできるだけ空気中の湿気に触れさせないようにすることが大切です。

かならず、アルバムや密閉性のある容器に入れるなどの保管を心がけましょう。

また、空気中のホコリが栄養となってカビを発生させてしまうケースもあるので注意しましょう。

紫外線が当たって色褪せる

写真は紫外線にさらされることで、色褪せてしまうことがあります。

これは、紫外線が長時間写真にあたっていることで、写真の色素が分解されてしまうためです。

そのため、日当たりが良い場所に写真を置くのは避けるべきでしょう。

また、蛍光灯が使われている照明やテレビなどからも微量ながら紫外線が発生しますので、できるだけ写真に直接光が当たらないよう配慮しましょう。

酸化して表面が溶け出す

現像写真のなかには酸が含まれるものがあり、写真の劣化を引き起こすことがあります。

また、高温多湿な環境に保管しておくと酸が写真の表面に染み出してきて、写真同士でくっついてしまいます。

ほかにも、色褪せや臭い、ベタつきの原因となることもあるので注意が必要です。

大切な写真を保管する際は、できるだけ高温多湿な環境を避けるようにしましょう。

子供の思い出・作品の保管方法
あわせて読みたい
子供の思い出・作品の保管方法!捨てないでも家が広くなる方法

アルバム・写真を保管する際の注意点

2206_photo-album05.png

写真は、湿気や紫外線、空気中の酸の影響で劣化してしまうことがわかりました。

それでは、どのような場所で写真やアルバムを保管すべきなのかについて解説します。

高温多湿な場所は避ける

現像された写真は紙でできているため、湿気を吸収しやすいほか、温度の変化による影響も受けやすいです。

そのため、気温が高くなく、通気性がよい場所が理想的と言えます。

とくに、お風呂場などの水場や、陽射しが差し込んできて高温になりがちな場所は避けるようにしましょう。

直射日光(紫外線)が当たらないようにする

写真は紫外線に当たると色褪せてしまいます。

かならず、直射日光にさらされない場所に保管しておきましょう。

窓際や日当たりのよい場所は避けるのがポイントです。

できるだけ空気に触れないようにする

大切な写真は、空気中に含まれる湿気やホコリ、酸などから写真を守ることが大切です。

そのため、できるだけ空気に触れないように保管しましょう。

たとえば、専用のアルバムに収納したり、風通しのよい場所で保管しておくのがおすすめです。

写真をそのまま保管する方法は、劣化のリスクが高いです。大切なものはかならずアルバムなどの空気に触れにくいものに収納しておきましょう。

また、アルバムを保管する際に乾燥剤を入れておくとなおよいです。

劣化から守る!『写真を入れるアルバム』を今すぐチェック!

アルバム・写真の保管には屋内型トランクルームがおすすめ!

mag_trunkroom_01.png

いつまでもキレイな状態を保ちたいアルバムや写真。

「劣化しにくい環境で保管したいけど、自宅にはそんな場所がない......」という方も少なくないのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、トランクルームの活用です。

トランクルームとは、「収納スペースをレンタルして荷物を預けておくことができるサービス」のこと。

ここでは、アルバムや写真の保管にとくにおすすめな「屋内型トランクルーム」について解説します。

劣化に強い保管環境

トランクルームは大きく分けて、屋内型・屋外型・宅配型の3種類があります。

なかでも、アルバムや写真の保管には空調設備がしっかりと管理された屋内型トランクルームが適しています。

多くの屋内型トランクルームでは空調設備が充実しており、温度や湿度の変化により劣化に強い環境でアルバムや写真を保管しておくことが可能です。

また、屋内で保管するため直射日光が当たらず、アルバムや写真が色褪せる心配もありません。

さらに、24時間いつでも荷物を預けたり、取り出したりできるトランクルームもあるので、写真屋アルバムを気軽に取り出すことができるのもポイントです。

宅配型トランクルームも屋内型トランクルームと同様に空調管理が充実しており、直射日光が当たらない環境でアルバム・写真を保管することができます。

こちらは専用のボックスや段ボールに荷物を入れて、集荷・配達を依頼して荷物を預けたり取り出したりする形式のトランクルームです。

しかし宅配型の場合、すぐに荷物を取り出すことはできません。

そのため、アルバムや写真を頻繁に見返したいという方には向いていないと言えるでしょう。

安心の防犯セキュリティ

「トランクルームに預けたアルバムや写真が盗まれないか心配......」と思う方もいるでしょう。

基本的にトランクルームには個別に鍵が設置されていますが、鍵が壊されて中の荷物が盗まれてしまう可能性もゼロとは言い切れません。

屋外に設置してあるトランクルームは、夜間に人目につきにくいことや、契約者以外が敷地内に侵入しやすいなどの理由で盗難に遭うリスクは比較的高いかもしれません。

一方、屋内型や宅配型のトランクルームは、入退館の管理や防犯カメラの設置などにより防犯セキュリティ対策が充実している傾向にあります。

防犯対策の点からすると、大切なアルバム・写真の保管には屋内にあるトランクルームがおすすめであると言えるでしょう。

月額2000円台から借りられるお部屋も

屋内型トランクルームのなかには、0.5帖前後のサイズの部屋であれば月額2000円台から借りられるお部屋もあります。

0.5帖の小さな部屋でも、縦スペースを活用することで通常サイズの段ボール約12個分が収容可能。

荷物のサイズや量にもよりますが、一般的な押入れ1個分程度の荷物であれば収納できるでしょう。

アルバムや写真と一緒に、シーズンオフの季節家電やレジャーアイテムなどを収納するのもおすすめです。

カビ対策に欠かせないトランクルームの空調
あわせて読みたい
カビ対策に欠かせないトランクルームの空調!空調設備の特徴やカビの予防法を解説

アルバムをキレイに収納するポイント

アルバム収納のポイント

アルバムはリビングなどのすぐ手に取れる場所に置くとなると、見た目を美しくすっきりさせることも大切です。

最後に、アルバムをキレイに見せて保管するための収納ポイントについてご紹介します。

統一感をもたせる

部屋をキレイにすっきり見せる最大のポイントは、統一感があるかどうかです。

いくらお洒落なものを並べていても、それぞれのテイストがバラバラだとちぐはぐな印象になってしまいます。

写真を整理してアルバムに入れる際は、アルバムのサイズや色を揃えて統一感を出しましょう。

そうすれば、扉の奥に隠したりする必要もありません。棚に並べてあるだけで見栄えがよく、すっきりと感じられます。

気をつけたいのは、できるだけ手に入れやすいアルバムを選ぶこと。

写真が増えて買い足したいと思ったときに、同じものが手に入ると統一感が出て理想的です。

ひと目で中身がわかるようにする

アルバムにラベリングして、写真の場所をひと目でわかるようにすることも大切です。

写真は同じアルバムに入れると統一感が出ますが、どのアルバムに何の写真が入っているかわかりづらいのが難点。

子どもの名前と年齢を書いたり、「何年何月の沖縄旅行」といったように具体的な情報を書くとひと目でぱっとわかります。

こうすることで探す手間が省け、見たいときにすぐに見られるでしょう。

仕切りを活用して倒れないようにする

ファイルボックスや、ブックスタンドなどの仕切りを活用するのもよい方法です。

どっしり厚みのあるアルバムは自立しやすいですが、手作りのアルバムや記念写真などのなかには薄くてすぐに倒れてしまうものもあります。

そんなときは、縦型のファイルボックスにまとめたり、ブックスタンドを利用するとストレスなくぴったりと収まります。

アルバムを自立させる!『ブックスタンド』を今すぐチェック!

まとめ

今回は、アルバムの保管方法や、保管に適した場所について解説しました。

アルバムや写真を劣化から防ぐためには、温度や湿度の変化による劣化に強い環境で保管することが重要です。

また、直射日光や空気中の酸、ホコリなどから防ぐことも大切です。

「自宅にそのような環境やスペースがない......」という方は、トランクルームの活用がおすすめ。

空調設備が充実した屋内型トランクルームに預けておけば、大切なアルバムや写真を安心して保管することができます。

今回ご紹介した情報も参考に、大切な思い出をいつまでもキレイな状態で保管しておけるようにしましょう。

もっと知りたい!
続けてお読みください

思い出の品の収納方法は?捨てずに保管する方法もご紹介

あわせて読みたい

子供の思い出・作品の保管方法!捨てないでも家が広くなる方法

パンフレットの収納方法とは?保管時の注意点も解説

雑誌の収納・保管方法は?お洒落に魅せるアイテムもご紹介

本や漫画を保管するときの注意点は?収納に役立つアイテムもご紹介

漫画をスッキリ収納するには?保管時の注意点やおすすめの保管場所をご紹介!

断捨離で捨ててはいけないもの10選!断捨離がスムーズになる方法もご紹介!

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。