TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

遺品の整理・処分方法は?遺品整理をスムーズにするコツもご紹介!

遺品整理のコツと処分方法

遺品整理のタイミングは、ある日突然やってくるものです。

しかし、遺品の整理は人生のなかで何度も経験するものではないため、方法がわからず途方に暮れてしまう方も少なくありません。

この記事では、遺品整理でよくあるお困りごとや、整理・処分の方法やポイントをご紹介します。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

遺品の整理・処分が進まない理由

遺品の整理・処分が進まない理由

家族を亡くした後、遺品をどのように扱ったらいいのか、悩む遺族は多いです。さまざまな理由から、遺品の処分ができないというケースがありますが、いずれ処分をしなければ思いもよらないリスクが生じることもあります。

気持ちの整理に時間がかかる

残された家族の心情による理由です。遺品が思い出の拠り所になっているので、手放すのがつらいという気持ちから、処分に踏み切れないという遺族は多いでしょう。特に、故人が突然亡くなってしまった場合には多いようです。

また、家族を亡くした喪失感は、遺族に大きな精神的負担を与えます。悲しみのなかで、遺品を処分する気力が湧かないということもあるでしょう。

遺品の量が多い

遺品が大量に残されている場合、どこから手をつけてよいのかわからずに、結果的に処分しないまま放置してしまうこともあるようです。

とくに、遺族も高齢である場合は、遺品の整理が大変な作業量となってしまいます。高齢でなくても、葬儀などで忙しくするなか、遺族が疲れ切ってしまい、大量に残された遺品の整理に向き合えないこともあるでしょう。

時間がとれない

遺品の整理は、思いのほか時間がかかります。仕事がある人はなかなか仕事が休めず、作業の時間が取れない人も。

小さな子どもがいる場合は、子どもの預け先が見つからずに作業ができないケースもあるようです。遺品がある場所が住んでいる所から遠い場合は、処分のために何度も通わなければならず、さらに困難になるでしょう。

遺品を放置するリスク

先述した理由から、遺品整理に・処分になかなか取り掛かれないケースもありますが、遺品を放置してしまうことはさまざまなリスクがあります。

次は、遺品を整理・処分せずに放置することのリスクについて確認しておきましょう。

犯罪被害に遭いやすい

遺品を遠方の空き家に置いたままにしておくと、犯罪のターゲットにされるリスクが上がってしまいます。空き巣、ホームレスなどの不審者の侵入、放火などが、考えられるリスクです。

害虫が発生する

害虫は、衣服や建材などからも繁殖します。万が一、大繁殖してしまうと、近隣の家々に迷惑をかけてしまい、ご近所トラブルに発展してしまうことも考えられるので、注意が必要です。

心の整理ができず気が晴れない

遺品が目に入る環境で生活していると、いつまでも家族の死の悲しみを引きずってしまうことが考えられます。

悲しみが晴れないために、さらに遺品に執着してしまい、手放せなくなることも。

期限がある

遺品の処分を急がなければならない場合もあります。ひとつは、相続税が発生する高価な遺品である場合です。故人が亡くなってから、一定期間内に手続きをしなければいけません。

もうひとつは、故人が賃貸のアパートやマンションで暮らしていた場合です。退去手続きをとらなければ、賃貸料は相続人や連帯保証人が負担することになってしまうため、遺品の整理・処分を急ぐ必要があります。

遺品整理の方法

次に、遺品整理・処分の方法を確認していきましょう。

遺品整理・処分には、大きく2つの方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

親族で遺品を整理・処分

ひとつめの方法は、親族で遺品を整理・処分する方法です。

親族だけで遺品を処分するのは、人件費がかかりません。ゴミを引き取ってもらったり、持ち運んだりする費用だけで済みます。

しっかりと話し合ったうえで遺品整理や処分、形見分けなどを行えば、後々トラブルになるリスクも防ぐことができるでしょう。

一方で、何から手をつけていいのか分からなかったり、思い出の品を見つけるたび処分に迷って時間がかかったりするのが難点です。

遺品整理のプロに処分を依頼する

遠方に住んでいたり、遺品の量が多くて手が付けられなかったりなど、遺族だけで遺品の整理が難しい場合は、プロに依頼するのがおすすめです。

遺品を整理して必要なものを残し、不要なものの処分まで行ってもらえます。

また、遺族が遺品を整理すると悲しみが蘇って精神的な負担が大きくなってしまうことも考えられますが、第三者である業者に行ってもらうことでそのような負担を少なくできるという利点もあります。

費用はかかりますが、スピーディーに遺品の処分ができるため、故人が賃貸で暮らしていて早々に物件を明け渡す必要があるときにも便利です。

料金やサービス内容は、業者によって異なります。「相見積もり」をとって、複数の業者をくらべて確認するとよいでしょう。遺品整理士の資格など、専門知識を持つスタッフがいる業者であれば、より安心です。

遺品の整理・処分にトランクルームが役立つ理由

トランクルーム活用で遺品整理をスムーズに

遺品の量が多く整理・処分に時間がかかる場合や、個人の住まいを速やかに明け渡さなければならない場合などは、トランクルームの活用がおすすめです。

トランクルームとは、収納場所をレンタルできるサービスのこと。なかでも、屋内型トランクルームは遺品の整理・処分の際に活用可能です。

次は、遺品整理・処分の際にトランクルームが役立つ理由をご紹介します。

24時間365日いつでも利用可能

屋内型トランクルームは24時間365日利用できるのが特徴。

そのため、遺品をまとめてトランクルームに預けておけば、時間があるときに少しずつ整理を進めることができます。

選べる部屋サイズが豊富

選べる部屋サイズが豊富な点も、屋内型トランクルームの特徴です。

遺品の量に応じて適切な部屋サイズを選ぶことができるでしょう。

また、整理が進んで遺品の数が少なくなってきた際には、小さめの部屋に変更することも可能です。

充実のセキュリティ体制

遺品を預けるのであれば、セキュリティ面が気になるという方も多いのではないでしょうか。 屋内型トランクルームには、入退館管理や監視カメラ、警備会社との提携など、セキュリティに力を入れているところが少なくありません。 セキュリティが充実したトランクルームであれば、個人の大切な思い出を安心して預けておくことができるでしょう。

劣化に強い保管環境

多くの屋内型トランクルームは、空調設備で温度・湿度をコントロールしています。

そのため、デリケートな品であっても、温度や湿度の変化による劣化やカビが起こりにくい環境で保管しておくことができます。

まとめ

今回は、遺品整理や処分の方法や、トランクルーム活用についてご紹介しました。

今回ご紹介した情報も参考に、遺品の整理・処分の際はトランクルームの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!
続けてお読みください

物を捨てられない人必見!今すぐできる片づけ方法を紹介

あわせて読みたい

断捨離で捨ててはいけないもの10選!断捨離がスムーズになる方法もご紹介!

家にある不用品を整理しよう!いらない物を見極めて処分するコツをご紹介

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。