TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

服が捨てられないとお悩みの方必見!後悔しない服の断捨離方法をご紹介

服を捨てられず困っている人

「着ていない服がたくさんある」「服を捨てたくても捨てられない」など服の整理にお悩みの方も多いのではないでしょうか。クローゼットをスッキリさせたくて服の断捨離をしようと思っても捨てる基準がわからなかったり、後悔してしまうことを考えると、なかなか取り掛かれないですよね。

こちらの記事では、服を捨てる基準や、後悔しない断捨離のポイント、捨てると決めた服の処分方法などをお伝えします記事の後半では、服を保管しておける便利なサービスもご紹介。捨てられない服をなんとかしたいと考えている方は参考にしてみてください。

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

服を捨てられない心理とその対処法

服を持って悩んでいる人

服を捨てられない心理は人それぞれだと思いますが、よくあるのがこちらです。

  • 高かったから捨てる決心がつかない
  • 服を捨てるのがもったいないと感じている
  • 思い出があって捨てられない
  • 「いつか着るかも」と思って捨てられない

まずは、なぜ服が捨てられないのか、そしてどうすれば捨てられるようになるのかをご紹介します。

高かったから捨てる決心がつかない

ブランド物など高価な服は「買うときに高かったから」という理由で、捨てることに抵抗を感じやすくなります。捨てることで価値がゼロになってしまい、損をするように感じるかもしれませんが、着ていない今の状況こそもったいないと言えます。

ブランド物であれば売れる可能性がありますので、出品や買取に出すことを考えてみてはいかがでしょうか。多少のお小遣いになるかもしれませんのでゴミとして処分するより損失感も軽減されるでしょう。

服を捨てるのがもったいないと感じている

服を捨てられない方によくあるのが「もったいない」という心理です。服は着てこそ、その服に価値が生まれます。「もったいない」という理由だけで手元に残しているのであれば、処分を検討してもいいのではないでしょうか。

必要としている人に譲ったり、リサイクル、リユースをするなど、もったいないという気持ちが和らぐような処分方法を検討してみてください。

思い出があって捨てられない

プレゼントでもらった服や、子供服など思い出がつまった服は、処分しにくいですよね。きれいに保管されているのであれば、手元に残しておいてもいいと思いますが、引き出しの奥のほうでシワになっているなど、いい加減な扱いになっているのなら考え物です。

きちんと扱えていないということは、服に対する気持ちも薄れていると言えます。物として残すのではなく、写真で残すようにして服自体は処分を検討してみてはどうでしょうか。

「いつか着るかも」と思って捨てられない

「いつか着るかもしれない」という気持ちから、服を捨てられなくなっている方もいるでしょう。

たとえばダイエットをして痩せてから着るという方もいらっしゃると思いますが、体形が変わって着られるようになったときには、流行遅れのデザインになっている可能性があります

「いつか」はいつ来るかわかりません。その「いつか」のために収納スペースを無駄にしていることに気付くと、服を捨てる決心をつけやすくなるでしょう。

服を捨てるメリット

服が捨てられない方に、服を捨てることで得られるメリットをご紹介します。服の数が減ることで、収納スペースの環境を改善したり、コーディネートが決まりやすくなったりするなど、服にとっても、自分にとっても、うれしいメリットがあります。

服の保管環境が改善される

服を捨てることで、収納スペースの保管環境を改善できます。服が捨てられず、クローゼットや押し入れにぎっしり収納されているようであれば収納スペース内の通気性が悪くなり、湿気がこもった状態になっていると言えます。

湿気がこもると服にカビが繁殖しやすくなったり、虫食いなどの被害にあいやすくなってしまうため、断捨離して収納量を減らすのが望ましいです。

収納量が減ると、収納スペース内の通気性が良くなり、カビやダニが繁殖しにくい環境に改善できます。また、どこに何をしまったかもわかりやすくなるので服の管理もしやすくなります。

コーディネートが決まりやすい

所有している服の数が多いとその分、選択肢が多くなってしまい服選びに時間がかかります。とくに、朝は出勤前の限られた時間で服を決めなくてはいけないため、「早く決めなきゃ」という焦りからストレスを感じてしまう方もいるでしょう。

手持ちの服をよく着る服だけに絞ることで、コーディネートを決めやすくなり、外出前にスムーズに準備をしやすくなるでしょう。

服を断捨離する方法

「服を捨てたいけど、捨てられない」と困っている方に服の断捨離方法をご紹介します。捨てる基準も記載していますので、服を捨てるか残すか決められない優柔不断な方は参考にしてみてください。

まずは着ている服と着ていない服にわける

服を捨てられない方が、いきなり服を捨てるのはハードルが高いですよね。まずは、着ている服と着ていない服にわけるところから始めましょう。週に1度でも着る服は「着ている服」にわけ、それ以外の服は「着ていない服」にわけていきます

この作業をする際に用意しておくと便利なのが、服を入れられるケースです。わけた後に着ている服と着ていない服が混ざらないように、着ていない服はケースに入れるなど別にしておくのがおすすめです。わざわざ買う必要はないので余っている段ボールや収納ケースなどを活用しましょう。

服を入れられそうなケースがなければ、ハンガーパイプの位置で服をわけておきましょう。手前には着ている服をかけ、奥など手が届きにくいところに着ていない服をかけるようにすると仕分けがしやすくなります。

「服を捨てる基準」を参考に残すか、捨てるか判断する

続いては、着ていない服にわけた服を残すか、捨てるか判断していきます。

着ていない服は、何らかの理由があって着なくなっていると考えられます。あいまいな気持ちで処分を進めると「やっぱり捨てないほうが良かったかも」と心変わりしてしまうこともあるため、以下の基準をもとに、捨てるかどうかハッキリさせていきましょう。

服を捨てる基準

  • サイズが合わない服
  • 1年間着ていない
  • 汚れやダメージがある
  • トレンドを過ぎている
  • 年齢に合わないと感じている
  • 似たデザインの服が何着もある
  • 好き(お気に入り)だけど着ない服

サイズが合わない服

サイズが合わない服は、サイズが小さい場合と大きい場合の2パターンあります。サイズが小さい場合は、着用したときに「きつい」と感じて着心地が悪いですよね。着心地が悪い服は自ら進んで着ようとは思えないため、処分候補にしてもいいでしょう。

サイズが大きい服は、オーバーサイズに着こなすこともできますがTPOによっては、だらしなく見えてしまいます。仕事用として着ようと考えているのであれば適切とは言えないため、処分することをおすすめします。部屋着として着るなら問題ないため、残してもよいでしょう。

1年間着ていない

1年間着ていない服は、コーディネートがしにくくて無意識のうちに敬遠している、もしくはその服に対して愛着が薄れていると考えられます。

「今は愛着がないけど、またそのうち気に入るかも」と思うかもしれませんが、服はシーズンごとにどんどん新作が発売されます。昔買った服よりも、新作のほうに愛着を強く持つと思いますので、1年間着ていない服は処分候補にしましょう。思い切って処分したほうが、新しく買った服を置くスペースを確保しやすくなります

汚れやダメージがある

シミ汚れがある服

シミなどの汚れや、毛玉、ほつれ、破れといったダメージがある服は処分してください。そのまま着ていると、みすぼらしい印象を相手に与えてしまいます。自分の価値を下げる服だといえるので、持っていても自分のためにはなりません。

トレンドを過ぎている

トレンドの服はトレンドを過ぎてしまうと一気に流行遅れの印象になります。「また流行するかもしれないから」という理由で取っておきたくなるかもしれませんが、トレンドの周期は約20年と言われています。20年後まで服を保管しておくのは現実的ではありませんよね。

たとえ、再びトレンドになったとしても色や形などがアップデートされていることが考えられますので、今年のトレンドを過ぎた服は処分してもいいと言えます。

年齢に合わないと感じている

年を重ねると体形や外見が変化するので、これまで似合っていた服がしっくりこないと感じたり、無理しているように見えたりすることがあります。服を着たときに、自分の思い描く印象とかけ離れた姿になっているのであれば、その服を手放してしまいましょう

昔買った服にとらわれずに、ファッションをアップデートしていくことで、自分の魅力を高めることができます。

似たデザインの服が何着もある

似たデザインの服

「合わせやすいから」「このデザインが似合うから」などの理由から似たような服を何着も持っている方もいるのではないでしょうか。

スーツのシャツのように、日替わりで着るものではないのなら、似たような服は2~3着ぐらいに減らしても問題ないでしょう。とくによく着るものだけを残し、あとは処分しましょう。

好き(お気に入り)だけど着ない服

好きだけど着ない服は処分するかどうか悩みますよね。着る予定で買ったのに着ていないということは、実用性がない服になっていると言えます。持っていても収納スペースを無駄にしているのと同じなので、処分してもいいのではないでしょうか。

コレクション用として持っておきたいなら手元に残しておいてもいいでしょう。

服を処分して後悔しないために!断捨離時におさえておくポイント

服を捨ててしまうと、再び手元に取り戻すことは難しくなります。捨ててから後悔するのが不安な方は、捨てる前に以下の方法を試してみてください。

服の断捨離で後悔しない方法

  • 悩むときは保留にする
  • その服がなくても後悔しないか試してみる
  • コーディネートを組める数は残しておく
  • シーズンアイテムはシーズンが来てから考える
  • 冠婚葬祭の服は残しておく

悩むときは保留にする

後悔を防ぐうえで最も重要なのは、無理に捨てないことです。捨てる・捨てないの2択にせず、「保留」という選択肢を残しておいてください。捨てるかどうか悩む服は処分を「保留」にして、いったんクローゼットや押し入れの隅に保管しておきましょう。

その服がなくても後悔しないか試してみる

いきなり服を捨てると、後悔する可能性があります。まずは処分すると決めた服がなくても後悔しないか試してみましょう。処分予定の服を使わずに、1~2週間ほど生活してみて、とくに困ることがなければ処分しても後悔する可能性は低いと判断できます。

コーディネートを組める数は残しておく

コーディネートを考えている人

服を捨てる前に、手元に残す服だけでコーディネートが組めるかどうか確認しておきましょう。服を捨てすぎてコーディネートが組めなくなってしまっては、意味がありません。

トップスに対してボトムスが少ないなど、アンバランスな状態だと着回しが難しくなってしまいますので、上下のバランスをみて、服を残すか捨てるか検討しましょう。

シーズンアイテムはシーズンが来てから考える

オフシーズンの服は、シーズンを迎えたときに断捨離を行いましょう。たとえば、春夏の服を断捨離したついでに秋冬の服まで断捨離してしまうと、勢いで必要な服まで捨ててしまうことが考えられます。

急に寒くなったときや、秋冬を迎えたときに着る服がなくなってしまいますのでオフシーズンの服には手を付けないでおきましょう。

冠婚葬祭の服は残しておく

冠婚葬祭用の服は、いつ必要になるかわかりません。「最近着ていないから」と処分してしまうと、急に必要になったときに困ってしまいます

冠婚葬祭の服を複数、所有しているのであれば数を減らしてもかまいませんが、1着のみであれば処分せずに残しておくのがベストです。

どうしても服を捨てられないときはトランクルームを活用

屋内型トランクルームのイメージ

「捨てる服を決めたけど、処分する決心がつかない」という方もいらっしゃるでしょう。そういう方におすすめなのがトランクルームです。トランクルームとは、収納スペースをレンタルし、自宅以外の場所に荷物を保管しておけるサービスです。

処分予定の服や、捨てられない服を自宅のクローゼットで保管しておくと、せっかくの収納スペースが無駄になってしまいます。1軍の服は自宅に置き、それ以外の服はトランクルームに移動することで、自宅の収納スペースを広々と使え、有効活用できるようになります。

また、トランクルームに処分予定の服を置いておくことで、断捨離したのと同じ状況を再現できます。処分予定の服と離れて生活することで、その服を客観視でき、捨てるか捨てないか、最終的な判断を冷静にしやすくなります。捨てる決心がつかない方は、トランクルームを活用して服の断捨離を行ってみてはいかがでしょうか。

トランクルームには、「屋外型」「屋内型」「宅配型」の3種類あるのですが、保管後も服を出し入れする可能性があることを考えると屋内型トランクルームがおすすめです。

次は、屋内型トランクルームの特徴をご紹介します。

屋内型トランクルームの特徴

  • 24時間365日出入りできる
  • 服の量にあわせて収納スペースのサイズが選べる
  • 空調設備つきで劣化の心配が少ない
  • 清潔な環境だから、身につけるアイテムを保管しやすい

24時間365日出入りできる

屋内型トランクルームは、鍵さえ持っていれば24時間365日いつでも出入りできます。

「トランクルームに預けてしまったけど、やっぱりあの服が必要だ」と心変わりした場合でも、トランクルームに取りにいけば手元にその服を戻すことができます。フットワーク軽く利用できるのは屋内型トランクルームのメリットです。

服の量にあわせて収納スペースのサイズが選べる

屋内型トランクルームには、0.5帖~6帖など幅広いサイズの収納スペースが用意されています。預けたい服の量にあわせて収納スペースを選べるので、収納不足に困ることはないでしょう。

こちらは、5.3帖の収納スペースの収納量の例ですが、ハンガーラック2つと収納ケース8つを収納してもスペースが余るぐらいの余裕があります。

ケースとラックに収納した衣類

収納スペースのサイズによっては、家族分の着なくなった服も一時保管しておけるので、クローゼットをスッキリと片付けられるでしょう。

写真にあるように、収納スペース内であれば収納アイテムの持ち込みが可能です。自宅のクローゼットと同じように整理収納することができます。

空調設備つきで劣化の心配が少ない

屋内型トランクルームはビルのワンフロア、または一棟全体が収納スペースになっているため、写真のように空調設備がついている施設がほとんどです。

全フロアにエアコン・サーキュレーターを設置

服は高温多湿の環境で保管するとカビが生えてしまう可能性があります。服の劣化防止という観点からも空調設備つきで、温度・湿度が管理されているトランクルームはおすすめです。

処分予定の服はゴミとして処分するほか、譲ったり、寄付したり、買取に出したりなど古着として再利用することも考えられます。いずれ誰かが身につけるかもしれないと考えると、劣化を防ぎ、きれいな状態で保管しておくことは重要です。

自宅の保管環境が不安な方は、処分予定の服はもちろん、オフシーズンの服もいっしょにトランクルームで保管してみてはいかがでしょうか。

清潔な環境だから、身につけるアイテムを保管しやすい

処分予定といっても、気が変わってまた着る可能性があるかもしれないですよね。そういったことを考えると清潔な環境で保管しておきたいものです。

屋内型トランクルームは施設によっては定期清掃が入り、清潔な状態が保たれています。身につけるアイテムを保管しておくのにはおすすめの環境です。

捨てると決めた服は次の方法で処分

最後は、捨てると決めた服の処分方法をご紹介します。服はゴミとして処分するだけでなく、資源としてリユースしたり、リサイクルしたりすることができます

余力がある方は、状態のいい服と悪い服に分けて、それぞれにあった処分をするようにしましょう。

状態がいい服の処分方法

まだ着られる服(汚れや毛玉、ほつれ、やぶれなどのダメージがない服)は、必要としている人にバトンタッチする、または新たな物として再利用する道を探しましょう。

状態がいい服の処分方法

  • フリマアプリやオークションサイトに出品する
  • リユースショップに買い取ってもらう
  • 寄付する
  • アパレルブランドの店頭で回収してもらう
  • 自治体に資源ゴミとして回収してもらう

フリマアプリやオークションサイトに出品する

フリマアプリに服を出品しようとしている人

ブランド品であれば、フリマアプリやオークションサイトに出品しましょう。出品作業や売却された際の配送作業は少々面倒ではありますが、美品なら価値がつき、思わぬ臨時収入になることもあります。

フリマアプリやネットオークションの在庫保管はトランクルームが便利!
あわせて読みたい
フリマアプリやネットオークションの在庫保管はトランクルームが便利!

リユースショップに買い取ってもらう

処分したい服がたくさんある方は、リユースショップを活用しましょう。最近では、宅配買取をしているところもありますので、自宅にいながら気軽に利用できます。

注意点としては、店舗によっては買取不可のアイテムがあることです。リユースショップでの買取を考えている方は事前に買取品目を確認しておきましょう。ノーブランド品は店舗により対応が異なりますので注意が必要です。

寄付する

リユースショップでの買取ができないノーブランド品などは、NPO法人を通じて寄付することを考えてみてはいかがでしょうか。寄付であれば社会貢献にもつながるので、着ていない服を気持ちよく手放すことができます

寄付先によっては、配送料などが自己負担になる場合もありますので、無償で処分したい方は別の方法を検討してみてください。

アパレルブランドの店頭で回収してもらう

アパレルブランドによっては店頭で古着の回収を行っています。自宅の近くで回収を行っているようであれば、持ち込んで処分しましょう。店頭で回収された服は、古着としてリユースされたり、アップサイクルやリサイクルされたりしています。

回収品目はアパレルブランドにより異なっており、すべての古着を対象にしているところもあれば、自社商品にのみ絞っているところもあります。事前に確認の上、活用してみてください。

自治体に資源ゴミとして回収してもらう

自治体によっては服を資源ゴミとして回収し、リユースしたり、リサイクルしたりしています

出し方は自治体にもよりますが、ほとんどの場合はビニール袋にいれて指定の日にゴミ置き場に出すだけなので、これまでご紹介した方法より気軽に処分しやすいでしょう。

自治体により、回収している服が異なる場合もありますので回収の対象になっているかどうか確認しておきましょう。

状態が悪い服はゴミとして処分

服に汚れや破れがあったり、カビが生えていたり、強いにおいが付着していたりするなど状態が悪い場合は、ゴミとして処分しましょう。状態が悪い服は買取や寄付、回収が不可となっている場合がほとんどなので、ゴミとして処分するしかありません

不用品回収業者に有償で処分してもらうほか、可燃ゴミとしてゴミの日に出して手放しましょう。

まとめ

今回は、服を捨てたいけど捨てられない方に向けて、服を捨てる基準や、処分方法、後悔しない断捨離のポイントなどをご紹介しました。

服は数着程度ならそこまで気になりませんが、どんどんたまってくると収納スペースを圧迫して収納不足の原因になってしまいます。衣替えなどのタイミングで定期的に服を処分するか、残すか見直すようにするとクローゼットをスッキリと整理しやすくなるでしょう。

優柔不断で服を捨てる決心がつかない方は、トランクルームの利用がおすすめです。処分に悩む服の一時保管場所として活用できるため、収納不足に悩むこともなくなるでしょう。今回お伝えした内容を参考にトランクルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

もっと知りたい!
続けてお読みください

衣類の収納・保管にトランクルームを活用!役立つ理由や衣類を整理するコツを紹介!

あわせて読みたい

衣替えのコツとは?衣替えした服の収納・保管方法やたたみ方もご紹介

衣替えのコツとは?衣替えした服の収納・保管方法やたたみ方もご紹介

Tシャツをスッキリ収納・保管する方法やたたみ方をご紹介

Tシャツをスッキリ収納・保管する方法やたたみ方をご紹介

サイズアウトした子供服・ベビー服の収納は?整理方法や保管時の注意点も解説

サイズアウトした子供服・ベビー服の収納は?整理方法や保管時の注意点も解説

ジーンズ(デニム)の収納・保管方法を解説!ハンガーのかけ方やたたみ方も紹介

ジーンズ(デニム)の収納・保管方法を解説!ハンガーのかけ方やたたみ方も紹介

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス(3帖以上のお部屋をご契約の方限定)、安心の防犯セキュリティ、空調設備など充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。