Keyword"食料"

災害が発生してから食料が供給されるまでは、最低でも3日、長いと1週間ほどかかります。さらに電気や水道、ガスといったライフラインが復旧するまでは、もっと日数がかかるかもしれません。 災害時も健康を維持するには水と食料が大切です。何をどれくらい備蓄すればいいのか紹介します。

新型コロナウイルスの流行によって、マスクや消毒液、ティッシュなどの衛生用品が品薄に陥りました。今後、災害が発生したときも同様のケースが起こり得るかもしれません。そんなときに困らないよう、どのような衛生用品を備蓄すべきか紹介します。

自然災害が多いといわれている日本。さらに、今回のコロナウイルスのように災害以外でも通常の生活が送れなくなってしまうことがあります。 災害や未知の感染症などが発生したとき、自分たちを守れるのは日頃の備えといえるでしょう。しかし、一人暮らしをしている場合、何をどれくらい準備したら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。 この記事では、一人暮らしをしている方のための備蓄について、備蓄しておいた方が良い物と備蓄の必要量などをご紹介します。

災害によるライフライン停止に備えて必ず備蓄しておきたいもののひとつが水です。しかし、実際にどの程度の水をどう備蓄しておいたら良いかご存知でしょうか。ここでは、災害時に必要な水の種類や量、備蓄の保存方法や保存場所について解説します。

災害に備えて非常食を備蓄している人がいる一方で、災害への危機感や防災意識があまりないという人もいるのではないでしょうか。しかし、自然災害はいつ自分の身に降りかかるか予測できません。だからこそ、日頃からの備えが大切なのです。 この記事では、災害時に必要とされる非常食の適切な量や、正しい保管方法、保管場所について詳しく解説していきます。これを機に、ご家庭での防災のあり方を見直してみてくださいね。

地震や台風などの自然災害を避けられない日本では、今や食料の備蓄は必須といえるでしょう。大きな災害が発生すると物流がストップし、食料や水などをすぐに手に入れられない状況も想定されます。 また最近では新型コロナウイルス拡大にともない、なるべく買い物に行く頻度を減らさなければいけませんよね。 備蓄を考える上で大切なのが、どのような食料や非常食があるのかということ。また効果的な備蓄方法や多くなりがちが備蓄品の保管場所も気になるところです。 今回は災害で困らないための食料品と備蓄方法、そして収納にぴったりな場所を紹介します。