Latest Posts新着記事

災害が発生してから食料が供給されるまでは、最低でも3日、長いと1週間ほどかかります。さらに電気や水道、ガスといったライフラインが復旧するまでは、もっと日数がかかるかもしれません。 災害時も健康を維持するには水と食料が大切です。何をどれくらい備蓄すればいいのか紹介します。

新型コロナウイルスの流行によって、マスクや消毒液、ティッシュなどの衛生用品が品薄に陥りました。今後、災害が発生したときも同様のケースが起こり得るかもしれません。そんなときに困らないよう、どのような衛生用品を備蓄すべきか紹介します。

自然災害が多いといわれている日本。さらに、今回のコロナウイルスのように災害以外でも通常の生活が送れなくなってしまうことがあります。 災害や未知の感染症などが発生したとき、自分たちを守れるのは日頃の備えといえるでしょう。しかし、一人暮らしをしている場合、何をどれくらい準備したら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。 この記事では、一人暮らしをしている方のための備蓄について、備蓄しておいた方が良い物と備蓄の必要量などをご紹介します。

ビジネスマンなら、一年中着ている洋服はスーツ。スーツといっても、季節ごとに生地が違うので、季節の変わり目に衣替えをします。 しかし、スーツはどのタイミングで衣替えをするのでしょうか?衣替えをした後の、おすすめの保管方法と一緒に紹介します。

災害によるライフライン停止に備えて必ず備蓄しておきたいもののひとつが水です。しかし、実際にどの程度の水をどう備蓄しておいたら良いかご存知でしょうか。ここでは、災害時に必要な水の種類や量、備蓄の保存方法や保存場所について解説します。

災害に備えて非常食を備蓄している人がいる一方で、災害への危機感や防災意識があまりないという人もいるのではないでしょうか。しかし、自然災害はいつ自分の身に降りかかるか予測できません。だからこそ、日頃からの備えが大切なのです。 この記事では、災害時に必要とされる非常食の適切な量や、正しい保管方法、保管場所について詳しく解説していきます。これを機に、ご家庭での防災のあり方を見直してみてくださいね。

地震や台風などの自然災害を避けられない日本では、今や食料の備蓄は必須といえるでしょう。大きな災害が発生すると物流がストップし、食料や水などをすぐに手に入れられない状況も想定されます。 また最近では新型コロナウイルス拡大にともない、なるべく買い物に行く頻度を減らさなければいけませんよね。 備蓄を考える上で大切なのが、どのような食料や非常食があるのかということ。また効果的な備蓄方法や多くなりがちが備蓄品の保管場所も気になるところです。 今回は災害で困らないための食料品と備蓄方法、そして収納にぴったりな場所を紹介します。

災害時にできるだけ普段どおりの生活を維持するためには、日頃から備蓄品をそろえておくことが重要です。 今回は備蓄しておくと役立つものを取り上げるとともに、備蓄品の保管方法についても解説していきます。いつでも防災意識を高めながら生活しておくことが、いつかやってくるかもしれない“その日”を乗り越える、大きな助けとなることでしょう。

不要なものを捨てて、身の回りを整理できる断捨離。しかし、断捨離をはじめたら勢いあまって、あれもこれもと捨ててしまい、後悔したという話もよく耳にします。 せっかく快適な暮らしのために断捨離したのに、不便になったり後悔したりしては本末転倒ですよね。 そうならないためにも、断捨離をはじめる前に、捨ててはいけないものを知っておきましょう。また、ものの保管に困った際や断捨離を進める上でも活躍する、貸し倉庫についてもあわせて解説します。

気持ちがもやもやしたときに、物を減らして部屋も心もすっきりさせたい!という思いから断捨離をしよう、と思い立つひとが多いようです。いらない物を捨てて身軽に暮らすのは素晴らしいことですが、やり方によっては後から後悔してしまうことも。 捨ててしまったものは戻ってきません。今回は断捨離によって後悔してしまわないように、おすすめの方法をご紹介いたします。

子供が初めて一人暮らしをする際に、どんな荷物を持たせたらいいのか悩む親御さんは多いでしょう。荷物が多すぎると生活しにくくなるため、注意が必要です。 今回は子供が一人暮らしをするのに必要な荷物や、注意点を解説していきます。

巷で続々と増えていると話題になっている「ミニマリスト」という生き方。ものを極力減らして、ものに縛られずシンプルで豊かな生活を送ろうという思考です。しかし、ちょっと気になるのがものを減らしすぎると災害時などに困るのでは?ということです。今回は、ミニマリストを目指す方のために、備蓄の考え方と実践方法をご紹介いたします。

災害や万が一の対策に、備蓄品を保管したいと考えるご家庭は多いでしょう。生活にとって必要な品を、安全・確実に保管しておきたいですね。 今回は備蓄品の保管場所や注意事項、トランクルームの活用方法についても解説していきます。

趣味で手芸をしていて、気が付けば手芸用品が収納場所を圧迫するほど増えてしまったという経験はないでしょうか。いつか使うかもと考えると、せっかくそろえた手芸用品は捨てにくいものです。 ここでは増えた手芸用品をすっきり片づけられるようにするための収納方法と収納のヒントについて紹介します。

都心部を中心に、立地やコストパフォーマンスを優先した結果、あえて狭小物件を選ぶというスタイルが人気です。 しかし立地的な住みやすさがある一方で、家具や家電の置き場所など慎重に考えなくてはならない問題もあります。 今回は、人気の狭小物件でいかに必要なアイテムを取り入れるか、レイアウトのポイントについてご紹介します。狭小物件そのもののメリットやデメリットについても触れているため、引っ越しを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

就職などを機に子供が家を出て、子供部屋が空いたという場合、どうするかと悩みますよね。子供の独立後は、帰省することがあったとしても年に数回程度、通算で一週間も家にいないということも考えられます。部屋が空いたままにしておくのはもったいないので、できれば有効活用したいものです。そこで今回は、子供の独立後に空いてしまった部屋の活用方法をご紹介していきます。

子供部屋に布団を収納する充分なスペースがないときは、一工夫が必要です。便利な収納アイテムなども活用して、大事な布団をきれいな状態で保管をしましょう。 今回は子供部屋に布団を収納するスペースがないときの対処法や、収納に便利なアイテムをご紹介していきます。

2018年には、引っ越しの繁忙期に引っ越ししたくてもできない「引っ越し難民」が増加したことが問題となりました。毎年引っ越しの繁忙期は、予約をとるのが難しくなります。では、引っ越しができなくなる「引っ越し難民」になってしまうのはいつ頃までなのでしょうか?引っ越しが間に合わない時にできる方法も合わせてご紹介します。

建て替えで仮住まいに引っ越しをしようとした際、どのような点に注意したら良いのでしょうか。「どうせ仮住まいだから」といって、何も考えずに決めてしまうと後から後悔することになるかもしれません。この記事では、入りきらない荷物の保管方法や、仮住まいに引っ越しをするときに確認しておくべきことなどを紹介します。

海外や県外へ長期出張する時には、今ある荷物をどこに預けるのか悩みます。長期出張では、部屋を引き払う必要があるでしょうし、しかし処分しきれない荷物もあるからです。出張先から戻ってくることが決まっているならなおさらです。そこで、この記事では出張中の荷物の最適な保管方法について解説します。

引っ越しは、これまでの自宅から全ての荷物を新居に移動させる大仕事です。引っ越しの中でも、荷造りをするのは、期日までに終わらせる必要がある工程。仕事をしていたり、急に引っ越しが決まってしまったりすると、間に合わないということもあるでしょう。では、引っ越しまでに荷造りが終わらない場合の対処法をご紹介します。

憧れの一人暮らし。せっかく一人暮らしするなら快適に暮らしていきたいですよね。快適な一人暮らしをするためには部屋を少しでも広く見せたり、物を少なく見せたりしてスッキリとさせておくことが大切です。 ここでは快適な一人暮らしをするためのライフハックを紹介します。レイアウトやインテリア、収納や整理方法を解説していきます。一人暮らし生活を楽しみましょう。

家の中をきれいに保つには定期的に片付けを行う必要があります。そんな中で、夫が片付けをしてくれなかったり、片付けが下手だったりして散らかってしまい困っている人もいると思います。 夫に「きれいに片付けをして」と言ってもなかなか片付けをしてくれないときには、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、夫が片付けをしてくれない場合の改善法をご紹介します。

世の中にはさまざまな衣類がありますが、人気の衣類にジーンズがあります。ジーンズは高級なものや歴史を感じることのできるものもあるので、大切に扱っている人もいると思います。 しかし、大切なジーンズをなるべく長持ちさせたいけど、正しい収納方法が分からない人もいるのではないでしょうか。正しく収納しないとせっかくのジーンズが長持ちしません。そこで今回は、ジーンズの正しい収納方法とその注意点をご紹介していきます。

最近ではインスタブームなどもあり、さまざまな写真が投稿されています。その中で、おしゃれな生活感のない家の写真を目にすることもあるのではないでしょうか。 とてもおしゃれで魅力的な生活感のない家ですが、いざ真似しようと思っても自分の家にはモノが溢れているから難しいという方もいると思います。そこで今回は、生活感のない家を実現する方法についてご紹介していきます。

今日「断捨離」や「ミニマリスト」などの言葉が注目を集めているため、空前の片付けブームが起きています。その中でも、人生の大きな転機点で、不用品や財産を整理すると、心機一転新しい歩みができるという身辺整理が注目されてきています。身辺整理をすることで、何が起きても周りの人に迷惑をかけないというメリットがあるとされています。この記事では、身辺整理を行う正しい方法をご紹介します。

セーターやニットは、かさばるうえに季節ものの洋服です。クローゼットへの収納が難しく、収納スペースを取る洋服でもあるのです。 かさばる洋服も、収納の方法やたたみ方を工夫することで、上手に収納することができます。ニットをきれいに収納する方法を解説していきます。

暖かい毛布は冬場だけ使用して夏場はしまっておく人が多いです。しかし、毛布の収納場所がなくて困っている人もいるでしょう。毛布は大きくてかさばりますが、特に都市部では狭い家や収納があまりない家も珍しくありません。仕方なく収納袋などに入れて部屋の隅に置いている人もいるでしょう。しかし、工夫すれば収納が少なくても毛布をしまえることが多いです。では、毛布のしまい方について解説していきます。

収納なしのワンルームマンションで一人暮らしをしている人の中には、服をしまっておくスペースがなくて悩んでいる人も多いでしょう。特に服をたくさん持っている人の場合には、ベッドや床の上にそのまま服を置いている人もいるかもしれません。 しかし、工夫次第で服をしまっておく場所くらいは十分に確保できることが多いです。ここでは収納なしのワンルームマンションに住んでいる人が快適に過ごすための収納の工夫を紹介していきます。

冬の寒い時期には、ブーツが大活躍します。春が近づくにつれて、気温も暖かくなるので、使用する機会が減少していきます。最終的にシーズンが終了すると、ブーツを保管しなければいけません。この記事では、ブーツを保管する方法や、保管前にしておきたいお手入れの方法をご紹介します。