段ボールを自宅で保管する方法!放置すると危険な理由とは

収納に便利な段ボール。サイズもさまざまなので、収納として使いやすいため、活用している人も少なくはないでしょう。 また最近では個人でフリマアプリへの出品や、サイトでの売買で、発送の際に段ボールを使用している人も多いと思います。とても便利な段ボールですが、まとめにくいため保管はちょっと大変です。 紐で結ぶのも案外難しくてイライラしてしまうことも……。 そこで今回は、段ボールを保管する方法や段ボールの保管する際の注意点をご紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

自宅で段ボールを保管する方法!


通販を利用していると、どんどん溜まってしまう段ボール。サイズもバラバラでまとめるのが大変。意外と重さもあるため、整理するのも一苦労ですね。そこで、ここでは自宅で段ボールを保管する方法を紹介します。

段ボールの収納方法には「段ボールストッカー」「梱包フィルム」などがあります。それぞれの収納方法を説明していきます。

段ボールストッカーを利用する

見た目もスタイリッシュに収納したいのなら、段ボールストッカーがおすすめ。段ボールは立てかけてもまとめていても、サイズが違うのでぐちゃぐちゃになってしまいがちです。しかし、段ボールストッカーなら仕切りがあるためスッキリとまとめることができます。

キャスターがついているので、移動も楽チン。段ボールストッカーの中には、下部に紐を差し込めるスペースがあるため、収束も便利です。段ボールストッカーは、Amazonや楽天などの通販で購入可能です。

また、段ボールストッカーは自分で作ることもできますよ。ほとんど100均で材料が揃うので、予算も抑えられます。

材料は、ワイヤーネット・プラダン・結束バンド・キャスター。フタがない箱型に組み立て、結束バンドでとめるだけで完成します。最後にキャスターを取り付ければ、自作の段ボールストッカーの出来上がりです。

サイズは、手持ちの段ボールを測って調節してみてくださいね。

梱包フィルムで保管

梱包用フィルムを使えば、段ボールを手軽にまとめられます。梱包用フィルムはぐるぐる巻くと、フィルムたちがくっつく仕組み。本屋さんの梱包フィルムよりも薄手で、ラップよりも少し厚さがあるぐらいの透明のビニール素材です。

最初は慣れるまでコツが入りますが、慣れてしまえば紐より楽に収束が可能。紐のように結ばなくても段ボールがまとめられるので、不器用さんにもおすすめです。

大きめのサイズの段ボールを外側にして巻いておけば、後から小さい段ボールを中に入れてしまうこともできますよ。全体的にぐるぐるとまけば、ホコリや傷から段ボールを守る役割も果たしてくれます。


目次へ

段ボールを保管する際の注意点

物を収納するのに、使いやすい段ボール。汚れたら捨てられ、処分も簡単なのでついつい保管してしまいますよね。資源ごみにまとめて捨てようと思っているうちに、気付いたら量がどっさり溜まってしまっていることも……。

しかし段ボールは害虫が沸きやすいといわれており、保管の際には注意が必要です。ここでは、段ボールを保管する際の注意点をお伝えします。

段ボールは害虫が沸きやすい!?

段ボールの中には空気がとおる層があり、保湿性と保温性に優れています。保湿性や保温性が優れているということは、湿気が溜まりやすいということ。温かく、ジメジメとした環境は、害虫にとって住みやすい場所なのです。

キレイに見える段ボールも、汚れていたり、ホコリがついていたりしている場合もあります。ダニはホコリやカビが大好物。段ボールに使われている接着剤も害虫たちの好物です。

段ボールにダニが繁殖し、さらにそのダニたちを好物とするゴキブリやクモなどの害虫が住みついてしまう可能性も。繁殖にもってこいの環境なので、段ボールの隙間に卵を産み付けている……なんてことも考えられるのです。

こまめに段ボールを確認しよう

通販の梱包で使用されている段ボールは、早めに処分するようにしましょう。配送する段階で、濡れていたり、汚れがたくさん付着していたりしている可能性が高いです。暗くてジメジメとした場所に置かれていて害虫が卵を産み付けている場合もあるため、気を付けましょう。

同じ理由でスーパーの段ボールも、害虫が沸きやすくもしくはすでに害虫が住みついているかもしれません。どちらにせよ、どのように使われていたのかわからないため自宅に保管している場合は、早めに処分したほうが良いでしょう。

クローゼットや押入れなどの収納には、新しくて綺麗な段ボールを使用しましょう。ただし、クローゼットや押入れは、暗くて湿気が溜まりやすいです。段ボールは風通しの良い場所で、保管するようにしましょう。


目次へ

自宅以外での保管も検討しよう

自宅だと虫が怖い人や、段ボールが大量にある人は、自宅以外で保管する方法も視野に入れましょう。トランクルームを活用すれば、膨大な量の段ボールも保管可能です。

空調設備が整ったトランクルーム

物の劣化は気温や湿度からの影響を受けやすいため、夏は高温多湿に、冬は結露などに気を付ける必要があります。

段ボールの保管には、空調設備が整ったトランクルームを選ぶのが良いでしょう。空調設備により、1年を通して温度が調節されている室内であれば、気温や湿度による劣化の心配もなく、安心して預けることが可能です。

さらに換気設備があれば、空気の入れ替えも行ってくれるため、さらに安心です。
「キーピット」は、空調設備が完備されたトランクルーム。

24時間出し入れができるため、保管していた段ボールが急きょ必要になっても、いつでも取り出せます。

保管する際は盗難や侵入などが心配なところですよね。キーピットのトランクルームには防犯カメラが設置されています。セキュリティや防犯面もバッチリなトランクルームです。

関東でトランクルームをお探しの場合は、ぜひキーピットをご利用ください。
キーピットは、ネットでのご契約手続きも可能です。

関東以外の全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランク
クレジットカード決済の場合は即日予約が可能です。

広い部屋を借りれば段ボール以外も保管できる!

キーピットでは0.5畳のお部屋から借りることが可能です。広めの部屋を借りておけば、段ボールの収納以外に他の物も保管することもできますよ。

たとえば、スキーやキャンプ用品などのシーズン限定で使う荷物をトランクルームに保管しておくだけで、家をゆったりと広く使うことも可能です。頻繁に使用するものは家に、あまり使用しないものはトランクルームにと、使用頻度を分けて保管すれば、家が常にスッキリとした状態を保てます。

また、工具や楽器、バイクやアニメグッズなどを収納すれば趣味部屋として利用も可能です。家族に邪魔されたくない趣味の作業も、トランクルームで行うことができるので、作業部屋にもぴったり。

段ボール以外も収納したいものがあるなら、広めの部屋を借りるのがオススメです。


目次へ

まとめ

段ボールの収納には段ボールストッカーが便利です。キャスター付き、紐を結べるスペースがある段ボールストッカーなら、意外と難しい段ボール収納も簡単です。

量がたくさんある場合は、梱包フィルムでまとめてしまうのも良いでしょう。コツを掴めばくるくるとフィルムを巻くのも楽しくなりますよ。

ただし、段ボールは害虫がつきやすいので、自宅での保管には十分注意が必要です。虫が苦手な人はトランクルームに保管してしまうのがおすすめです。

関東でトランクルームをお探しの場合は、キーピット
関東以外の全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランク

空調完備、防犯カメラ設置!0.5畳~借りられ、ネットでのご契約手続きも可能です。