部屋がなかなか片付かない!片付けやすい環境づくりを実践しよう

自分では片付けているつもりでも、部屋がなかなか片付かないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。片付けをスムーズに行うには、片付けやすい環境づくりを普段からしておく必要があります。片付けやすい環境とはどんな環境なのでしょうか。 今回は、部屋が片付かなくて悩んでいる人向けの片付けやすいお部屋づくりについてご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

部屋が片付けられないタイプは大きくわけて3つ

部屋が片付けられない人は大きく3つのカテゴリに分類することができます。3つのタイプの特徴を見てみましょう。

1:捨てられないタイプ

・高かったものがなかなか手放せない
もう不要なのに高かったから捨てられないということはありませんか?もったいないと思ってしまってなかなか捨てられないという人は非常に多いです。

・何かに使えると思って取っておいている
いつか使える、誰かほかの人が使うかも…と思って大切にとっている人もいますよね。しかし、いつか使えるかも…の「いつか」はたいてい訪れません。そのため、結局使われずにほこりをかぶってしまうのです。

・捨てることに罪悪感がある
もったいないという気持ちが先に出てしまい、捨てることに罪悪感を持つ人もいます。物を大切にすることはよいことですが、物をため込んでしまう性質なので、もったいない精神で家中に物があふれてしまいます。

2:物をたくさん買ってしまうタイプ

・ブランド物や流行ものをつい買ってしまう
流行の最先端が好きな人に多いといえます。流行っているからどうしても欲しくて買ってしまうものの、流行が終わった後はもう不要になって放置してしまうのです。

・無料の物をとりあえず貰う
まちなかで配っているティッシュや、キャンペーンでもらえる粗品など、無料の物をとにかくもらってしまうという人はこのタイプです。無料ならもらわなければ!というある種の使命感に取りつかれている人は、物をたくさんため込んで片付けにくい環境を作ってしまっています。

・お得なものに弱い
無料でもらえる物が好きなので、お得な物にも弱いです。安売りやキャンペーンなどでお得になっている物なら必要なくても買ってしまうことも。

3:物を元の位置に戻せないタイプ

・めんどくさがり
出してきて使ったはいいものの、元に戻すのが面倒で、「どうせすぐまた使うし」と出しっぱなしにしてしまう人はこのタイプです。服なども脱ぎっぱなしで、ソファの背にかけられた服を引っ張り出して着替えるという人も多いのではないでしょうか。

・ゴミも捨てずに机の上に置きっぱなし
ゴミですらゴミ箱に捨てられずに机の上に置きっぱなしになっている人もいますよね。あとでまとめて捨てようとゴミをためているのですが、結局捨てるのも忘れて部屋がゴミだらけになってしまうということもあるのでは?

・量が多くて定位置に置けない
このタイプの人は、物を全部引っ張り出してきて片付けないので、出ている物が多すぎて定位置に置くことができない人が多いです。置こうと思ってもすでに違うものが置かれていて置けれないとか、片付けようと思っても入れる場所がないとか、そういったことから片付けることをあきらめてしまっているのかもしれません。


目次へ

片付けしやすい環境を作るためには?

片付けを習慣化するには片付けをしやすい環境にすることが大切。片付けしやすい環境を作るにはどうすればよいのでしょうか。

定位置を決める

片付けられないのは、片付けるべき物の位置が決められていないからです。物の住所をきちんと決めさえすれば、片付けるのも難しくないはず。

■物の位置の決め方
1:種類ごとの量を把握
まずは自分が持っている物の種類ごとの量を把握しましょう。思ったよりたくさん持っているということに気づくはずです。この段階で、不要な物を捨てれば、すっきりと片付けを始められます。

2:使用頻度が高いものを出しやすくする
量を把握したら、よく使うものをいちばん出しやすい位置に収納しましょう。すぐに出せてすぐに片付けられる位置に置いておけば、片付けるのが面倒でもすぐに片付けができるので無理もありません。

3:使用場所と収納場所を近くにする
その物を使う場所の近くに収納することも大切です。出したり入れたりするのが面倒になると片付けが成立しなくなってしまうため、使う場所の近くに収納しましょう。
すぐに出して使って、またすぐに片付けられれば、片付けも面倒になりませんよね。

収納したらラベリングする

収納場所を決めたらラベリングするのがおすすめです。どこに入れたか忘れてしまうこともあるので、文字だけでなくイラストや写真を活用しながらかわいくラベリングしましょう。
特に小さい子どもがいる場合、かわいいラベルを付けておくことで片付けもしやすくなります。
ラベルには統一感を出すとおしゃれで、インテリアの一部にもなるのでぜひラベルを活用しましょう。


目次へ

片付けを行う際の注意点

片付けをするときにはいくつか注意点もがあります。片付けしやすい環境をつくるためにも、しっかり押さえておきましょう。

収納ボックスはなるべく買わない

片付ける前に収納ボックスを買いに行かないようにしましょう。どんな部屋にしたいのか決めてからでないと収納グッズは役に立たず、結局無駄になってしまう危険性があります。せっかく買ったのに邪魔になってしまった…というのはお金もスペースももったいないので、絶対に避けたいですよね。
また、収納ボックスを買うと、入れるところがあるという安心感からか物が増えてしまう傾向にあります。そのためにも、収納ボックスはなるべく買わないようにしたほうがいいのです。

いっきに片付けをしない

片付けは毎日こまめに少しずつするのがセオリー。1日でいっきに片付けないこともきちんと片付けるために大切なことです。いっきに片付けようと思うとやる気や集中力がなくなってしまいます。
また、片付けを始める場所もこだわりたいところ。まずは小さな成功体験を積むために、引き出しの中など小さな場所から片付けを行うのがおすすめです。
片付けは、時間や日時を決めて少しずつゆっくり行うと習慣化されやすいので、いっきに片付けをしないようにしましょう。


目次へ

家以外の収納スペースも検討しよう

家の収納に限界を感じたらトランクルームの利用も検討しませんか?あまり使わない物やシーズン品などをトランクルームに預けておくと、部屋をもっと広く使うこともできます。

24時間出し入れ自由のところを選べば、必要な時にいつでも取りに行くことが可能なので、実質トランクルームは収納の少ない家の第2の収納スペースともいえます。

関東でトランクルームをお探しの場合はキーピットがおすすめ。ネットで契約手続きが可能なので、忙しい人でも安心。何度もご来店いただく必要もなく、気軽にトランクルームの利用を開始することができます。
また、全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランクで検索してみてください。地方までしっかりと網羅したトランクルームの情報を見ることができます。


目次へ

まとめ

さて今回は部屋が片付かない人の特徴と片付けやすい環境づくりについてご紹介しました。部屋の片づけは捨てることと定位置を決めることが最大のポイント。片付け上手になるためには、いきなり片付け始めるのではなく、まずは片付けをしやすい環境を作ってから片付けに取り組みましょう。
それでも収納スペースに困るようならトランクルームの利用も検討してみましょう。シーズン物や大型家具などの収納にはトランクルームが便利。我が家のライフスタイルに合ったトランクルームを探してみるのも楽しそうですね。