トランクルームに”住む”のは絶対だめです!

以前は、「物置」というイメージが強かった「貸し倉庫」。今や、呼称も変わり、さまざまな用途に使われることが多くなった、トランクルーム。 もちろん、本来の使用目的である倉庫として利用している人は多くいますが、住まいとして利用するなど、誤った使い方をしている人がいるというニュースがあがってきています。 「ここに、住んでしまいたい」と思わせるほど、「快適」と感じるトランクルーム。実際、トランクルームに住むのはいいのか、だめなのか。どこまでの範囲で利用することができるのかを、見ていきましょう。


この記事は約6分で読み終わります。

トランクルームに住むのは絶対にだめ

快適すぎる設備が整い、居心地のよさを感じる空間のトランクルーム。ついつい、室内でゆっくりとした時間を過ごしてしまいそうになります。

雨風が防げるうえに、寝るスペースまで確保できるため、「寝泊まりをしながらトランクルーム内で暮らしていた人が実際いた」という話が聞かれます。

しかし、結論からお伝えすると、「トランクルームに住むのは絶対にだめ」です。どのように「だめ」なのかを、以下で詳しく見ていきましょう。

そもそも住むための設備ではない

トランクルームはそもそも、住むための設備ではありません。「荷物の保管・管理」を目的としているため、トランクルーム内で暮らすなどといったことは、管理会社との契約違反となります。

トランクルームの多くは、生活に必要な電気やガス、水回りの設備は用意されていないため、例え暮らしたとしても「快適な生活は送れない」といえます。

また、住居とは違って、内側からは鍵がかけられないようになっており、外からしか鍵で開け閉めすることはできません。

トランクルームに住むのは危険

まず、基本として覚えておきたいことは、トランクルームは貸倉庫であり住居ではないため、住民登録を行うことはできないということです。

トランクルーム内においては、前述のとおり、鍵は外からしか開け閉めできないようになっているため室内に居るときは、鍵は開いたままの状態です。内鍵がかけられないため、中で寝泊まりしているときに、外から人が侵入してくるということも十分にあり得ます。

また、何らかのトラブルにより、中からドアが開けられなくなることが起きてしまう可能性があります。トランクルームで寝泊まりをしているときに、火災や事故などが起きたときには助かる確率は低くなるでしょう。

そのような場合は、あくまでも自己責任となってしまうため、利用の仕方は十分に考えなければいけません。

トランクルームに住むのは違法

トランクルームに住み、寝泊まりを行うことは違法にあたります。トランクルームは「「荷物の保管・管理」を目的として「倉庫業法」という法律の下運営されています。

よって、住居として届けでることができません。住民登録を行うことができないのもこのためです。

トランクルームを借りる際、管理会社との契約書には「宿泊、仮眠などの行為を禁止する」といった文章が記載されていることが大半です。

そのため、一時的にトランクルーム内で寝泊まりを行うことも、契約違反であり違法にあたります。終電がなくなったからといって、トランクルームで泊まることはやめましょう。

ホテルや、タクシー代を利用するよりも安くつくため「1泊くらいなら」と思ってしまいそうですが、ここは厳しく自分に言い聞かせておくべきところです。

目次へ

トランクルームは快適空間なの?

上述のとおり、トランクルームで住むことは違法により禁止されていますが、「生活してみたい」と思ってしまうのは、「快適空間がゆえに起こる問題点である」といえるでしょう。

「住めるのでは?」と思ってしまうような、トランクルーム。ここでは、空調やエレベーターなどがついた屋内のトランクルーム設備を中心に紹介します。

キレイな室内

トランクルームは「貸し倉庫」というよりも、「キレイな室内」といった印象のところが多くあります。

なかには、共有スペースなどの店内にトイレや手洗い場所がついているトランクルームもあります。保管してある物の出し入れや、自転車やバイク、スポーツ用品などのメンテナンスを行うときでも、手を洗ったりすることができるため不便さを感じません。

また、定期清掃を行ってくれる管理会社もあります。空調システムがついているトランクルームはカビが生えにくく、いつも清潔な空間を保つことができます。

空調システムがついている場合、「暑い・寒い」といった思いをせずにトランクルーム内の物を扱えることが大きなメリットです。

広々空間

トランクルームの広さは、目的に応じて選ぶことができます。必要スペースよりもやや広めの部屋を借りれば、荷物が増えたときでも安心です。

屋内型のトランクルームでは、荷物を運ぶためのエレベーターがついているところもあるため、大きめの荷物を出し入れする予定があるときは、そういったトランクルームを選んでおくこともよいですね。

部屋サイズは、管理会社によって表記が異なる場合があります。実際に見学に行くことをおすすめしますが、ここでは目安程度に参考にしてください。

畳、段ボールの大きさを下記とした場合、トランクルーム内に何箱入るかを表記しました。

・畳1畳:幅180cm×奥行90cm(高さ190cm~220cm)

・段ボール:幅50cm×高さ40cm×奥行30cm

・0.5畳:24箱

・1畳:48箱

・2畳:96箱

・3畳:144箱

・4畳:192箱

トランクルームは高さがあるため、実際は想像以上に荷物を多く入れることができます。借りる前には、見学に行きイメージをつかんでおくことをおすすめします。

広すぎて、無駄なスペースができてしまわないように。あるいは、室内で簡単な作業を行いたい場合は、近々で荷物が増えたりする予定があるときは少し余裕があるスペースを借りておく方がよいでしょう。

なかには、ロッカータイプのコンパクトなものや、7畳ほどの広さのトランクルームを管理している会社もあります。

7畳ほどの広さになると、ワンルームを借りるのと同じくらいのスペースとなるため、用途があらかじめ明確にわかっている人でないと十分に活用できない可能性があります。

目次へ

おすすめのトランクルーム活用方法

トランクルームは、上述のとおり暮らすことは違法であり契約違反となります。そのことを念頭に置いたうえで利用するということを条件にすれば「物置」以外にも活用できる方法はあります。

下記は、違法にあたらない使い方の一例となります。

仕事用の部屋にする

例えば、仕事用の部屋として活用するという方法です。事務所としての常時利用は法律違反ですが、一時的に活用することは違法にあたらない可能性があります。

例えば、「少しの時間トランクルームで過ごしたい」といった場合。物音を遮断して、仕事の資料を作成したり、あるいは勉強に集中したりしたいときは快適なスペースとなります。

また、「趣味の本を読んだり」、家では家族がいて寛げないので「ひとりでゆっくりと好きなことをしたり」など。事前にしっかりと、室内で過ごす時間を決めてメリハリをつければ自分だけの空間をいつまでも保つことができます。

目次へ

まとめ

今や多くの人が利用している、トランクルーム。「今の賃貸は、ワンルームで狭くて荷物が置けない」といった悩みを解消したり、「家族と一緒に暮らしているため一人になれる空間が欲しい」といった願いを叶えたりすることができる、万能な空間です。

ただし、トランクルームで暮らすことはできないため、契約書をよく読んで違法とならないような利用の仕方をするように心がけましょう。