片付けられない人と安心して暮らすためのポイントを紹介!

片付けられない人と片付けができる人が一緒に暮らす場合、考え方が異なり過ぎてストレスが溜まりますよね。特に片付けできる人にとっては、片付けられない人が何を考えているのか理解できないことも。 片付けられない人と片付けできる人が安心して暮らすにはどのようにすればいいのか、詳しくみていきましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

片付けられない人ってどんな考え方をしてるの?

片付けができる人にとって理解できないのが、片付けられない人の考え方。部屋が散らかっていたら片付ける、不要な物は捨てるといった、片付けできる人にとっては当たり前のことも、片付けられない人には当てはまらないことがほとんどです。

片付けられない人はなぜ片付けできないのか、片付けできない人の考え方について知ってみましょう。

片付けが面倒くさい

片付けられない人に多いのが、片付けのことを面倒だと思っている場合。そのため、部屋が散らかっていたとしても片付けようとしないか、きちんと片付けしません。

片付けられない人の中でも最も厄介なのが、そもそも部屋が散らかっていたとしても気にしていない人。部屋が散らかっていること自体を気にしていなければ、片付けようという気も起きませんよね。そのため、片付けを全くしません。

他にもよくあるのが、物を定位置に戻さないこと。使い終わったものを出したままにすることで、部屋がどんどんと散らかっていきます。

物を定位置に戻さないのは、面倒だから。物を定位置に戻すといったちょっとした片付けでさえ、億劫になるのです。そして、使ったままの場所に放置します。

片付けが面倒くさいと思っていても、片付けをする意志がある人もいます。ですが、そのような人でも片付け自体は面倒だと感じているもの。そのため、収納する際にはとにかく見える場所さえ綺麗にできていればいいと手当たり次第どこにでもしまいこんでしまいます。

物を捨てるのがもったいない

片付けられない人によくあるのが、物を捨てるのがもったいないと思い物が増えてしまうこと。お金を出して買った物だから捨てるのがもったいない、捨てると損をしてしまうと考えています。

このようによくいえば節約家、悪くいえばケチな人の場合、物を捨てることができないばかりか、収納する小物や棚を買うこと自体少ないことも。その場合、収納する場所自体少なく、余計に片付けにくくなっています。

捨てるのがもったいないと考えている人は、保管している物はいつか使うと考えています。例えば、ショップでもらう紙袋。捨てるのがもったいないと考える人は、いつか使うと考えずっと保管しておきます。

ですが、紙袋を使いたいのであれば、百均にも売っているもの。お店ですぐに購入することができるのです。いつか使うかもと場所を無駄にするよりも、使うときに買いに行く方が損をしません。場所を無駄にしないようにするべきです。

他にも、物を捨てることを先延ばしにしてしまうのも片付けられない人の特徴です。先延ばしにすればするほど、物は溜まっていきます。そして、片付けがしづらくなるのです。


目次へ

片付けられない人と暮らしていくためのポイント


片付けできる人が片付けられない人と暮らしていこうとすると、どうしても片付けられない人に片付けさせようとしてしまいます。ですが、片付けられない人に片付けさせようとしても難しい場合がほとんどです。こちらが余計にイライラしてしまうだけ。

では、どのようなポイントに気を付けて暮らしていけばいいのでしょうか。

相手の価値観を理解する

片付けられない人と暮らしていくためには、片付けられない人の価値観を理解してあげるのも重要です。というのも、人の価値観は簡単には変えられないのです。

部屋が散らかっていることに対して感じる度合いは、人によって異なります。同じ部屋でも見る人によって、散らかっていると感じることもあれば片付いていると感じることも。

片付けできる人にとっては散らかっている部屋でも、片付けられない人にとっては整頓された部屋かもしれません。その人ごとに価値観が異なることを覚えておく必要があります。

また、相手の価値観を無理に変えようとするのもNGです。人の考えは簡単に変わるものではありません。少しずつ、少しずつ周りから見ればわからないほどゆっくりとした速度で変わっていくもの。そのため、急激に変えようとするのは無理な話です。

片付けられない人と暮らしていくには、相手の価値観を尊重しつつ暮らしていくといいでしょう。

散らかっている状態も一緒に暮らせる人がいるために起こること。散らかるのも幸せであると考え、こちらが意識を変えてあまり気にしないようにするのも1つの方法です。

お互いの領域を決める

散らかることを気にしないようにするといっても、どうしても気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、自分が綺麗に保ちたいと考えるテリトリーを家全体にせず、一部分にするのがおすすめです。

家全体を自分が片付けなくてはならないと考えると、全体の散らかり具合が気になってしまうもの。そうなると、一緒に暮らしている人が散らかしてしまった場合には、ストレスを感じてしまいます。

ですが、それぞれのテリトリーを決めておき、自分のテリトリー以外は見ない、管理しないというようにすれば、余計なストレスは感じません。片付けられない人も、テリトリーを自分の好きなようにできるためストレスが溜まらず、お互いにとってもいい状態になります。

テリトリーではない場所を見ないようにしても、どうしても目に入ってしまい、ストレスを感じることもあるでしょう。

そのような場合は、自分だけの空間を作っておくことをおすすめします。部屋が汚いことでストレスを感じた場合は、綺麗に管理されている自分の空間に逃げるのです。そうすることで、ストレスを発散させることができます。

ですが、一緒に住んでいる人の物が多くどうしても気になる場合は、トランクルームを借りるのをすすめるという方法もおすすめです。

トランクルームは、賃貸で部屋を借りるよりも手軽に安く荷物を預けることができます。

トランクルームを選ぶポイントは、“自宅から近い場所を選ぶこと”、“24時間いつでも取り出しが可能であること”、この2点が重要です。

よって、自宅の近く・24時間取り出し可能なトランクルームがおすすめです。

関東でトランクルームをお探しの場合はキーピットをぜひご利用ください。
24時間365日利用が可能、さらにネットでのご契約手続きができますので面倒な書類の手続きがありません。

全国でトランクルームをお探しならニコニコトランクへ。
お客様のニーズに合った場所をご利用できます。クレジットカードで決済の場合は即日で予約が可能です。


目次へ

片付けられない人が簡単に片づけできるようになるには?

片付けられない人を変えることは難しいもの。ですが、片付けを少しでもしてくれるようになる方法があれば、知りたいですよね。

片付けが簡単にできるようになる方法を説明していきます。

少ない動作で片付けをする

片付けられない人が片付けできるようにするには、片付けにかける動作を少なくすることが大切です。
例えば、蓋付きの収納ケースの場合。蓋が付いている収納ケースならば、そのまま蓋も一緒に使いますよね。ですが、思い切って蓋をやめてみましょう。そうすることで、蓋を開けるという動作を1つ省略することができます。

また、頻繁に使うものに関しては、引き出しなどに片付けず使いやすい場所に収納することも大切なこと。

例えば、テレビのリモコン。頻繁に使う家庭が多いでしょう。
リモコンを引き出しに片付けていると、使う度に出し入れしなければなりません。とても面倒ですよね。そのため、ほとんどの家庭がリビングのテーブルの上などに収納しているはずです。

このように頻繁に使うものは、見た目などを気にせずに出したままにしておいた方が使いやすいこともあります。

物を置く場所を決める

片付けられない人が簡単に片付けできるようにするには、物の置く場所をきちんと考えてみることも重要です。

その際に大切なのが、片付けられない人を観察したうえでその人の使いやすい場所に物を置くこと。片付けられない人の動線上に収納場所を作るようにしましょう。すると、片付けられない人は今までの動作の習慣を変えなくても、収納できるようになります。

人の動きを変えるのは習慣を変えることであり、とても難しいもの。それならば、その人の習慣に合わせた収納にすると、片付けられるようになります。

また、よく利用する物に関しては、最短距離で使えるようにしておくのもとても大切なこと。

例えば、ボールペン。さまざまな場所でメモするのに使用しますよね。本来ならば、1つの場所にまとめておきたいところですが、家族が使いやすい場所ごとに1本ずつ配置しておけば、片付ける手間が省け誰でも片付けやすくなります。


目次へ

まとめ

片付けできる人が片付けられない人と暮らしていくには、片付けられない人を変えるのではなく相手の価値観を理解し、部屋が散らかっていることを気にしすぎないのも大切でしたね。

ですが、やはり片付けできるようになってほしいもの。片付けられない人でも簡単に片付けできるよう、少ない動作で片付けできる収納にしておきましょう。