革製品のお手入れ方法!長く愛用するための注意点とは

使えば使いこむほど味がでる革製品。デリケートなため、日々のお手入れと保管方法がとても大切です。今回は革製品のお手入れ方法と保管方法をお伝えします。


この記事は約6分で読み終わります。

革製品の手入れ方法は?


「革が乾燥してきてパサついてきた」「革だから防水効果が心配」、そんな時は革製品をお手入れしてみましょう。お手入れをするとツヤがでて素敵になりますよ。ここでは、革製品のお手入れ方法をご紹介します。

手入れに必要なもの

革製品のお手入れに必要なグッズは主に以下の4点です。

・専用ブラシ
・革専用のオイルかクリーム
・布2枚(オイルやクリーム用/乾拭き用)

基本のオイルケア

革製品は乾燥するとダメージを受けやすいです。そのまま放置してしまうと、革がひびわれを起こしたり、やぶれたりするなど、トラブルを起こしやすくなるといわれています。

購入されるまで、長い時間保管されているケースもあります。ホコリや汚れがついている可能性も低くはありません。また輸送の段階で、長時間放置されている場合もあります。

革製品を購入したらまず、お手入れをしてください。では、基本のオイルケアの手順を紹介します。

1.まずはブラッシング(もしくは乾拭き)で、革製品についた汚れやホコリを落していきましょう。力を入れないように気を付けながら、なでるように優しくブラッシングをします。

革は、毎日ブラッシングをして汚れを落してあげることがとても大切。特にミシン目にはホコリが入り込みやすいため、丁寧にブラッシングをしてあげましょう。

2.オイルまたはクリームを革製品に塗る
次にオイルやクリームを塗っていきます。

キレイな布にお手入れ用のオイルやクリームを取ります。量は製品にもよりますが、1円玉サイズ程度。

革製品の小物であれば、米粒ぐらいの量です。革製品の大きさに応じて、オイルやクリームの量を調節しましょう。

オイルを薄く、全体に均一になるように少しずつ塗っていきます。優しく円を描くように、素早くなじませていきましょう。

はじめての場合や、慣れない人は目立ちにくい部位から塗るのがおすすめ。カバンであれば、底部からが良いでしょう。

また、中にはオイルやクリームを塗ると変色してしまうケースもあります。はじめて塗る場合は様子をみるために、目立たない場所で試してからにしましょう。

3.革製品に油分を浸透させる
オイルを全体に塗れたら、油分を浸透させましょう。塗ったばかりだと、オイルが浸透しておらずベタベタしています。1時間ほど陰干しをして、浸透するのを待ちましょう。

4.布で乾拭きする
最後は、やわらかい布で乾拭きをしたらおしまいです。全体をしっかり拭き取っていきましょう。革製品をふんわり優しくなでるように拭き取ったら、お手入れ終了です。

その他の手入れ方法

革製品を使用しているときに、思わぬ汚れや傷がつくこともあります。その場合、どのようにしてお手入れをしていけば良いのでしょうか。

ここでは、“水に濡れた場合”“傷や汚れが付いた場合”のお手入れ方法をご紹介します。

◆水に濡れた場合
雨で水が濡れた場合、水が革に染み込んでしまう前に拭き取りましょう。濡れたままで放置してしまうと、シミが残る可能性があります。ただし、ドライヤーなどの熱風で乾かすのはNG。シミの原因になる場合があります。

濡れた革製品は、乾いた綺麗なふきんやタオルで、優しく叩くように水気を取っていきましょう。水気がとれたら、風が通る日の当たらない場所で干し、よく乾燥させましょう。

水染みが出来た場合は、水をしぼった布巾で、全体を拭いていきます。この時、水染みが馴染む程度に水拭きしていきます。最後は、乾いたふきんやタオルで、拭き取り陰干しします。

◆傷や汚れが付いた場合
革製品を日常的に使用していると、汚れがついたり、傷がついたりしてしまうこともあります。「せっかくの革が……」と落ち込んでしまいますよね。しかしケアをすれば、汚れが落とせるケースもありますよ。ここでは、傷や汚れがついてしまった場合の対処方法を説明します。

手垢が気になる場合は、保護クリームを優しく馴染ませて、陰干ししてみましょう。余分なクリームを優しく拭きとった後、防水スプレーをすれば、防水効果や手垢防止も期待できます。

革製品の汚れは、革製品専用の消しゴムで落とせることもあります。優しく汚れをこするだけで汚れが落ちるので便利です。クリームで落ちないような汚れも、消しゴムなら落とせる場合があるため、汚れに悩んでいる人は一度使ってみてくださいね。


目次へ

革製品の保管方法は?

デリケートな革製品。保管方法がずさんだと、ひび割れやシミができてしまうことも。革製品をキレイな状態で保管するためには、湿気や乾燥に注意しましょう。ここでは革製品の保管方法をご紹介します。

・湿気を避ける
革製品は湿気に弱いです。風通しの悪い湿気が多い場所に置いておくと、カビの原因に。
劣化がすすんでしまうこともあるため、湿気には気を付けましょう。

・乾燥に注意
乾燥しすぎた環境もひび割れの原因となるため、注意が必要です。過度な除湿は乾燥を招くためやめましょう。オイルやクリームなどのお手入れで乾燥を防いでください。

・直射日光は避ける
日光を浴びると、色あせしてしまったり乾燥をまねいたりしてしまいます。革製品は、直射日光が当たらない場所に保管しましょう。


目次へ

自宅での保管は湿気が心配!どうすればいい?

自宅の保管だと湿気が心配です。とはいえ、除湿しすぎると今度は乾燥してしまうため調節がとても難しいですよね。自宅が無理ならトランクルームの活用を検討しましょう。

トランクルームを利用する

トランクルームは24時間、空調完備されています。除湿や乾燥などによる劣化や傷みも起こりにくいです。

また、すべての部屋に鍵がついており、防犯カメラも設置されています。盗難や紛失の心配はありません。ただし、月に1回程度、部屋を開け閉めしに行って換気をしたり、できるだけ、ブラッシングやクリームなどをしたりして、適度なケアはしましょう。

トランクルームだと、荷物を取り出す時間に制限があるのでは?と思われますが、24時間、出し入れ自由です。いつでも使いたい時にすぐに取り出せます。

関東でトランクルームをお探しの場合はキーピット

全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランク

ネットでご契約可能です。さまざまなトランクルームがありますが、キーピットやニコニコトランクでは、用途に合ったトランクルームを探すことが可能です。

趣味部屋として利用することも

トランクルームは、急に荷物を使うことになった時のためや、お手入れで通うことも考えて自宅から近い場所がおすすめです。

革製品のお手入れ用品も、一緒に保管しておけばトランクルームでもメンテナンスが可能で便利ですね。

お気に入りの革製品をディスプレイして、趣味部屋にするのも素敵です。壁を傷つけたり穴をあけたりしないようにだけ注意して使いましょう。


目次へ

まとめ

革製品は、湿気・乾燥・直射日光が苦手です。カビや痛み、劣化の原因となるため注意しましょう。「自宅はムシムシして湿気がすごい」「乾燥しないように加湿器を設置しているから湿度が高い」といったように、保管場所に心配がある場合は、自宅以外での保管を検討しましょう。

トランクルームなら冷房完備、24時間出し入れ可能。鍵つきで防犯カメラも設置されていて安心です。ぜひトランクルームをご活用ください。