整理整頓できないのはなぜ?整理整頓を行うコツを知ろう!

部屋を綺麗に片付けたのに、なんだかごちゃついたかんじがする・・・それは、掃除はできていても「整理整頓」ができていないからなんです。 今回は、だれでも簡単に整理整頓できるコツを伝授します!


この記事は約7分で読み終わります。

整理整頓できない人の特徴

まずは、整理整頓できない人の特徴を見ていきましょう。
そもそも「整理整頓方法が分からない」という人は、物の定位置を決めていない人がほとんど。
たとえばハンコは玄関近くの箱、爪切りは引き出しの一番上、など「これはここに置く!」と決めていないと、毎回違う場所にしまうため次に使うときに物がどこにあるのかわからなくなってしまいます。

そして、整理整頓ができない人は手の届く範囲に普段使う物を置きがち。使いやすいように収納されていればいいのですが、バラバラに散らばっているととても整理できているとはいえません。
これは「物に囲まれると安心する」心理状態であり、ひょっとすると寂しがりの人が当てはまるのかもしれません。
「もったいない」と物を溜めこんで捨てられないのも整理整頓が苦手な人の特徴です。いらない物を処分しないと、収納するスペースを確保することもままなりません。
「いつか使うかも」と何年もホコリをかぶったままの荷物はありませんか?綺麗な状態だったとしても、使わないのであればそれは宝の持ち腐れ。捨てるのがもったいないのであれば、人に譲ったり、メルカリに売るなど、なんらかの形で処分するという決断をしましょう。


目次へ

整理整頓を行うコツ

では、どんな人でも整理整頓できるコツ、まずは基本から説明していきます。

整理整頓の基本

整理整頓するときの基本的なポイントはたったの3つ。
・物を全部出す
・分類する
・収納する

物を全部出すといっても、いきなり家中の物を出すわけではありません。まずは家のどの場所を整理するか決めます。例としてタンスを整理すると考えてみましょう。

まずは衣類を全部出してしまいます。すると、毛玉がついていたり、よれて色あせている服などはありませんか?
または何年も着ていないけどとりあえず置いてある服もいくつか出てくるのではないでしょうか。

出てきた衣類は、着る・着ないという判断基準だと「いつか着るかも」という物がでてきてしまいますので、ここ一年きたかな…?と考えどうかで分けていきましょう。

服は、流行りや年齢を重ねるうちに似合う色や形も変わります。女性は特にメイクや趣味嗜好が変わると服のテイストも大きく変わることがありますよね。

残すのは「今似合う服」だけにして、1年以上着ていない物は思い切って処分してしまいましょう。

どうしても迷う場合は、一時的に収納する箱(段ボールなど簡易的な物)を用意してそこに入れておきましょう。

整理整頓が苦手な人がいきなり大量に処分するというのは不安になったり、後悔してしまうこともあるかもしれません。どうしても迷っている物に関しては一時的に保管しておきましょう。ただしその時「あと1年使わなかったら処分する」と決めておくと迷うことなく処分することができます。

これで今、「着る服」「着るか迷う服」「着ない服」の3つに分かれましたよね。
では、着る服を元の収納スペースにいれていきましょう。まずはとりあえずいれるだけで大丈夫です。整理整頓が苦手な人がここからさらにきっちり収納しようとすると疲れてしまいますし、すでにいらない物を省いたことでスペースに余裕ができて十分使い勝手がよくなっているはずです。

自分に合った整理整頓ルールをつくる

整理整頓は、一度したらそれでおしまいというわけではありません。季節によって入れ替えたり、古くなって処分する物もでてきます。
整理整頓は継続するもの!と言ってしまうとハードルが高くなってしまいますので、自分に合ったルールを作ってしまいましょう。

例えば
・クローゼットを季節ごとに整理
・帰ってきたら10分だけ掃除
・1日1個は物を捨てる
・毎週水曜日は整理の日

など、簡単なもので構いません。気負いすぎると疲れますし、続きません。整理整頓は「慣れ」が大事。

スッキリした部屋を保つためには、その状態に慣れること。そうすると、ごちゃごちゃしてきたときに「なんか落ち着かない」気分になるでしょう。

なかなか物を捨てられない人でも、「1日1個」なら気軽にチャレンジできるのでは?整理整頓することによって、思考もスッキリします。
取捨選択の練習をすることによって判断力と決断力も身に付きます。

「たかが整理整頓、されど整理整頓」。大きなところから手をつけると難しいから無理だ!と思う人も多いですが、大きなところから始めたほうが、気持ちがスッキリして癖になりますよ。

収納場所が少ない場合はトランクルームを検討

捨てるか決断できずに悩んでいる物や、使うわけではないけど大事な物で収納スペースがあふれてしまうといった場合は、トランクルームに預けるといった選択肢を検討してみるのもいいでしょう。
たとえば家族写真のアルバムや、冠婚葬祭用品、シーズン外れの服(特に冬服のコートやダウンなど、かさばるもの)を一時的に預けることができれば、かなり収納スペースに余裕ができますよね。

トランクルームを利用するメリットは他にもありますよ!
※内部リンク:http://keep-it.jp/media/article/trunk_room_applications/

トランクルームと聞くとなんとなくただの小屋にぎゅうぎゅうに荷物が押し込められるんじゃ・・・と思ってしまうかもしれませんが、トランクルームを選べば、空調や防犯設備も整っていますので本や服が傷む心配もありません。

もちろん本などは箱に詰めて預けた状態で保管されますので、傷がつかないよう丁寧に梱包する必要はあります。
コートなどを預ける場合は、あらかじめクリーニングに出しておくといいでしょう。

関東で自分の大切なものを預けるトランクルームをお探しの場合はキーピットがおすすめ。

ネットで簡単に契約手続きをすることが可能ですし、契約前に内覧することもできます。
冠婚葬祭用品を預けても、24時間いつでも出し入れ可能で必要なときにすぐ取り出せるので便利です。
時期によっては割引キャンペーンなども行っていますので、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

全国でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランクがおすすめ。

クレジットカード決済対応の物件で空きがある場合は即日予約も可能ですので、思い立ったときにすぐ預けることができます。
「どれくらい料金がかかるのか分からない」という場合には、お見積りもできますのでまずは気軽にお問い合わせください。


目次へ

片付いた状態を維持するためには?

せっかく綺麗になったのに、半年後には元通り・・・なんてことになったらまたイチから整理整頓しなければなりませんし、考えるだけでぐったりしてしまいます。
いらない物を処分したり、今は使わない物を預けて部屋がスッキリしても、その状態を維持することも大切です。

散らかさないコツは、「出しっぱなしにしない」こと。使ったものをついテーブルの上に置きっぱなしにしたり、あとでしまおうと思ってそのままになっていたりしませんか?
使い終わったら、すぐに片付ける。定位置を決めているものは特にそうしましょう。普段からよく利用するもの・・・ティッシュやリモコン、仕事の道具などは出しっぱなしでも構いません。

ですがその中でよく「どこいったっけ?」と探しているものがあれば、それに関しては定位置を決めてあげましょう。

また、「ながら片付け」も効果的です。料理をしながら期限の切れた調味料を捨てたり、化粧をしながらもう使っていない古いコスメを処分したり。
なにかのついでに片付けるとそこまで負担にも感じませんし、片付けよう!と意気込んでいるときにはなかなか気付くことのない場所(化粧ポーチの中身など)も整理することができます。


目次へ

まとめ

いきなり全部やってしまおうとするのではなく、少しずつ整理整頓する。これが部屋をスッキリと綺麗に維持するコツです。
まずはできることから、ひとつずつチャレンジしてみてくださいね。