【徹底解説!】あなたは片付けられない主婦ではないですか?

部屋が片付けられないと悩む主婦の方ってとても多いですよね。家は家族が集う場所なので、いつでもきれいに整えておきたいという気持ちはあるものの、片付け自体が苦手で後回しにしてしまうという人もいると思います。 そうはいっても片付け上手な主婦になりたい!と切望する人のために、今回は片付けられない主婦の特徴や、片付け上手になるための工夫についてご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

まずは片付けられない主婦の特徴と習慣を知ろう


片付けられない主婦は片付け上手の主婦といったいどこが違うのでしょうか。ここでは、片付けられない主婦の特徴と習慣をご紹介します。

片付けられない主婦の特徴

片付けられない主婦の特徴としては以下の3点が挙げられます。

・いつか使うかもと考える
「いつか使うかも…」の「いつか」はほとんどの場合訪れないことが多いです。今使わないものや年間を通して使わないものについては、いつか使うことはまずありません。
この「いつか使うかもしれない」という思考は、片付けられない・捨てられない人の大半が持っている思考といえます。まずはこの思考はなくすことが片付けられない地獄から抜け出す方法なのかもしれません。

・収納ばかりにこだわる
片付けられない人は、片付けるために収納ボックスを増やしてしまう傾向にあります。収納ボックスというのは不思議なもので、あればあるほど物が増えてしまい、片付かなくなるのです。
片付けられない人は、片付ける前にまず収納ボックスを用意しようとします。物を分別せずに手当たり次第に収納ボックスに入れてしまうので、何をどれだけ持っているかを把握しにくく、似たようなものを買ってさらに物を増やすことにつながるのです。

・片付けに慣れていない
片付けることに慣れていない主婦は、片付けられない人が多いです。これまで意識して片づけを行ってこなかった人は片付け方がわからないので片付けるのが苦手。
片づけにはいくつかのコツがあるので、それらのコツを押さえれば片付けも慣れ次第で上手にできるようになるはずです。

片付けられない主婦の習慣

片付けられない主婦の特徴についてご紹介しました。ここではそんな片付けられない主婦の習慣を解説します。

・夕食後すぐに洗いものをしない
「すぐにやる」というのは片付けの基本です。夕食の後は動くのが面倒だからといつまでも片付けずに置いておく人の中には片付けられない主婦が多いです。
体がだるくても立ち上がるのが面倒でも、夕食後はすぐに片付けるということを徹底すればおのずと片付け上手になれます。

・テレビやインターネットを見る時間が長い
テレビやインターネットなど、家事の間のつかの間の息抜きが長ければ長い人ほど片付けができない主婦が多いです。必要な時間だけ時間を決めて息抜きを行い、計画的に家事や息抜きをこなせる主婦になりましょう。

・洗濯物をすぐに干さない
夕食の片付けをすぐにできない人と同じですが、洗濯物をすぐに干せないのも片付けができない人特有の習慣です。
片付けができる人は、目の前に来るひとつひとつの家事を淡々とこなすことに長けています。しかし、片付けができない人は、淡々とこなすことができず、家事の合間にスマホを見てしまったり、長電話をしてしまったりと脱線しがち。
片付けができない人は、すぐにやるということがまったくできない人が多いのです。

・掃除は来客が来る時だけしかしない
掃除は、毎日少しずつ行うのがきれいな家を保つ秘訣です。バスルームならお風呂に入るたびに、トイレもトイレを使うたびに、こまめに掃除するのが鉄則。
しかし片付けができない主婦は、来客があるときにまとめて大掃除をするハメになってしまう人が多いのではないでしょうか。汚れがたまると掃除も大仕事になり、余計にするのが億劫になってしまいますよね。
汚したらすぐ掃除することが、片付け上手への第一歩なのです。


目次へ

片付けられるようになるためには

片付けられない主婦が片付けられるようになるためには、何をどう変えればよいのでしょうか。

まずやるべきこと

・不要なものはとにかく捨てる
片付けができない人は、物を捨てるのが苦手な人が多いです。不要なものはとにかく考えずに捨てていくということを意識しましょう。捨てればおのずと物が減るので、片付けもしやすくなるはずです。

・収納をむやみに増やさない
収納を増やすと、その分物を入れるのでなかなか物が減りません。不要でも、入れるところがあれば入れてしまうのが人間の自然な思考なので、そもそも収納自体を増やさないことが片付けの基本ともいえます。
まずは不要なものを捨て、今ある収納を生かして収納し、それでも足りないときにだけ収納を増やすようにしましょう。

・家事や育児を分担する
家事や育児に追われているとなかなかゆっくり片付けをする時間もとれませんよね。分担することで時間ができ、片付けをする時間を確保することもできます。
さらに、分担することで、自分だけではなく家族全員が使いやすいような家具や備品の配置にしなければならないので、自然と片付くというメリットも。
片付けができなくて困っている主婦の方はぜひ分担を提案してみましょう。

上手な部屋の片付け方

上手に部屋を片付けるには、「要不要の物を分ける」ということがいちばん大切です。まずは捨てるのが第一段階なので、不要な物を捨ててしまいましょう。
そのあとに残した物を「よく使う」「時々使う」「あまり使わない」のカテゴリにわけ、よく使う物から出し入れしやすい場所に収納していくとスムーズに片付けが進みます。
いったん置いたら、その場所を置き場所として決めましょう。ラベリングなどをして次に使うときもどこに置けばいいかわかりやすくしておくのもおすすめです。

使わないものを思い切ってトランクルームに預ける

「あまり使わない」のカテゴリに分類した物は、いったん貸し倉庫に預けて、貸し倉庫で整理するのも一つの方法です。
そうすることで、あまり使わない物が占める場所も使え、家も片付いて不用品の整理もすることができます。
関東でトランクルームをお探しならぜひキーピットをご覧ください。用途に合わせて使える都市圏のトランクルームを多数管理しています。24時間出し入れ自由なので、自分のライフスタイルに合わせて片付けを行うことが可能。あなたのライフスタイルにトランクルームを取り入れてみてはいかがでしょうか。
その他全国のトランクルームをお探しならニコニコトランクで検索!地方のトランクルームまで網羅しているので、あなたの近くにもきっと良いトランクルームが見つかるはずです。


目次へ

片付けた部屋を綺麗なまま保つためには

片付けた部屋をきれいなまま保つためにもいくつかのポイントがあります。

・使った物は必ず元の場所に戻す
すべての物の置き場所を決め、使ったら必ず元の場所に戻すということを心がけましょう。片付けができない人は、散らかすのは上手な人が多く、元あった場所に戻せないことも多いです。徹底して元の場所に戻す努力をしましょう。

・なるべく物を増やさない
物が増えると散らかる元になります。靴1足買ったら1足捨てるなどの工夫をして、物を増やさないようにすることも大切です。

・汚れたらすぐに掃除
家事である片付けが苦手な人!汚れても「あー汚れちゃった」で放置してしまうことがありませんか?汚れたらすぐに掃除!即掃除!をこころがけると片付けも得意になりますよ。

・ながら片付けをする
テレビを見ながら、音楽を聞きながらなど、何かをしながら手の届く範囲から片付けを始めましょう。片付けや掃除は気合いを入れて取り掛かるものではなく、日常生活に自然に取り込むようにすると片付け上手になれるはず。


目次へ

まとめ

さて今回は片付けられない主婦の特徴と改善策についてご紹介しました。片付けられない人は片付けがしにくい生活習慣を持っているということですね。
不要な物を捨て、片付けをこまめに行いながら片付け上手な主婦を目指しましょう。それでも入りきらない物についてはトランクルームなども上手に使いながら、いつでもおうちをきれいに保ちたいですよね。