子供の思い出・作品の保管方法!捨てないでも家が広くなる方法

子供が生まれると、思い出ともにさまざまな物が増えていきますが、保管方法に悩んでいませんか? いつでも手元に置いておきたい品でも、自宅の収納スペースには限界があります! これをわきまえていないと、家の中は物があふれて大変なことに…。 ゴチャゴチャしたお部屋では落ち着いて子育てができませんし、子供もお片付けを学ぶことができません。 子供の思い出の品を保管する方法や、断捨離についても解説していきます。


この記事は約8分で読み終わります。

子供の思い出の残し方 保管アイデア

無印良品などの便利グッズを活用する

子供が幼稚園や保育園で書いた絵やお手紙など、いつの日か見直してにんまりしたいものですよね。しかしこれらのペーパー類は四つ切画用紙から便箋サイズまで、大きさがばらばらで保管が難しいものです。

これらの作品を大切に保管するため、無印良品や100円均一ショップなどにある保存グッズを活用してみましょう。

絵や手紙などのペーパー類を保管するには、書類等を保存するためのファイルボックスが活躍。サイズも豊富なため、収納にぴったりの大きさのものを選びましょう。

幼稚園や保育園では、大きな画用紙に絵を描くことが多く、きれいに保管する方法に案外頭を悩まされます。それらの作品を折らずに保管するためにも、A3サイズといった大きなサイズのものを使うのがおすすめです。無印良品のようなシンプルなデザインで統一感を出せると、おしゃれに保存を楽しめるでしょう。

工作で作った作品や、生活の中で使っていた道具など、立体的なものも保存したくなりますよね。これらを保存するにはボックスタイプのコンテナや、押し入れにしまえる衣装ケースなどが有効です。一つの引き出しや箱に何年分を入れておくなど、整理のルールを決めておけば後で見直すときにも迷わずに済むでしょう。

絵は絵本にして収納する

幼稚園や保育園で書いた絵だけでなく、お家でパパ・ママと一緒に書いた絵、お休みの日に書いたお手紙など、子供の創作意欲は留まるところを知りません。書いたばかりの作品は飾ってあげると子供も喜び、パパ・ママも一緒に楽しめますね。

しかし増える一方の作品は徐々に飾る場所もなくなり、入れ替えをしないといけない日がやってきます。子供の成長を見て取れる作品の数々。さらにパパ・ママへのメッセージが入っているものなど、一つ一つに思い出が詰まっていますよね。そんな作品が集まってきたら、オリジナルの絵本にしてみるのはいかがでしょうか。

サイズや規格もバラバラな作品を、学年ごとやテーマごとにまとめてフォトブックにしてくれるサービスを利用すれば、いつでも思い出に触れることができます。一度フォトブックにできれば何冊でも作れますので、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントすることもできます。子供や孫と一緒にページをめくりながら、作品を作った時、もらった時の思い出を語るのはきっと楽しくて幸せな時間になるでしょう。

子育て中のパパやママの中で、「子供の思い出の品が、捨てられない」という悩みを抱えている人は多いでしょう。

たとえば、次のような品物。

・子供が着ていた洋服
・気に入って遊んだおもちゃや絵本
・子供が初めて書いたクレヨン画
・お手紙やワークブック
・幼稚園や小学校で作った工作、などなど

パパやママにとっての子供の思い出の品は多岐にわたり、成長するにつれてその数は膨大に増えていきます。

子供の思い出の品は期間を決めて保管する

しかし子供が成長するにつれ、子供自身が昔の思い出に興味を示さなくなる時がくるでしょう。昔の思い出ではなく、今の生活やこれからの未来に興味が向くのは成長のあかし。子供がそういう素振りを見せ始めたら、パパ・ママも今までずっと大切に保管してきた子供の作品を整理するタイミングなのかもしれません。

しかし一気に捨ててしまうのはさすがに抵抗があるという人も多いでしょう。処分するものと残すものを分けないといけませんが、その分類がなかなか進まないという場合には、種類別に保管期間を決めるのがよいでしょう。

学校行事で作った作品は長期保管用として収納ボックスに入る範囲で残し、普段の生活の中でのお絵描きは処分するといったルールを決めると、テンポよく整理が進みやすくなります。ポイントは収納するボックスの大きさや数、スペースをあらかじめ決めておくこと。最初にここを決めておかないと、結局最後まで何一つ処分できないということになりかねません。

もし収納ボックスやスペースからあふれてしまうほど、残しておきたい候補が出た場合には、子供と相談して何を優先して残すか決めましょう。今まで楽しませてくれた作品たちとお別れをするための相談が、親子で相談することの大切さ、大きな片づけをする大切さを考えるいい機会となってくれるでしょう。


目次へ

子供の思い出の品の断捨離方法

そもそも服は、子供が成長してサイズアウトしてしまうと用無しですし、おもちゃや絵本だって、子供が見向きもしなくなった段階で不要物。

本来は保管しておく必要はないのですが、「かわいかったなあ」と振り返る思い出の縁になってしまうと、捨てることができないのが親心です。

子供が作った作品や服などの思い出の品は、充分なスペースがあって保存が可能であれば、気が済むまで取っておいても良いでしょう。

ただし将来的にどんどんたまっていくことを考えれば、いずれかの時点で「断捨離」の決断はしなくてはいけません。

データとして残す

子供はお気に入りのおもちゃにせよ、自分が描いた絵や作った作品にせよ、大切なものはずっとため込んでいきたいと思っているでしょう。しかし収納できるスペースには限りがあり、全てを保存し続けることは難しいことをいつか学ばなければいけません。思い出の品の処分は、子供にものを処分する大切さを教えるいい機会になるでしょう。

予定していた収納スペースがいっぱいになってしまったら、子供と相談しながらどうしても残しておきたいものと、これを機に処分してもよいものに分類しましょう。そして処分すると決めたものは、スマホやデジカメで写真に撮影、またはスキャナなどでデジタルデータ化して残しておきましょう。

完全に捨ててしまうと、ふとした時に思い出しても見返すことができず、思わず後悔してしまうこともあります。処分の際にデータとして残しておけば、大きな保存スペースもいらず、いつでも好きな時に見返すことができます。

残すものは選ぶ

子供と相談しながら何を残すか決める時、何を満たしたらとっておくかの基準を作っておくとよいでしょう。おすすめの基準は「ストーリーがあるかどうか」。その絵や作品を見て、作った時・もらったときのエピソードを思い出したり、うれしい・楽しいといった気持ちがあふれ出てくるなど、感情が動くようなストーリーがあるかどうかを基準にすると、捨てるか残すかをスムーズに決められるでしょう。

思わぬ作品が子供にとって大切なものだとわかる反面、いい出来だと思っていたものを見ても何も感じないことに気づくこともあるでしょう。心が動かなかったものをバッサリと捨てる決断も、子供にとっては大きな成長のきっかけの一つとなるかもしれません。


目次へ

大切な思い出作品の保管にはトランクルームが便利!

最近は子供の思い出の品を撮影して保存するアプリなど、さまざまなサービスがあります。

こういったサービスの利点は、プロの手で、思い出の品をきれいなまま管理・保管ができること。

状態が良いほど我が子が巣立ってしまった後の楽しみができますし、結婚や出産などにあわせて、子供自身にプレゼントするのも喜ばれます。

捨てられない子供の思い出はトランクルームへ保管

整理しようとしたけれど思い切って捨てられなかった、想像以上に思い入れの強い絵や作品が多かったなど、想像していたよりも減らせなかったという場合もあるでしょう。そうなると、これからもどんどん思い出の品は増えていくけれど、もう収納しておく場所がないという事態は目の前。そんな時には、ぜひトランクルームに保管することを検討してみましょう。

トランクルームは借りるスペースの大きさでレンタル料金が変わります。どうしても段ボールひと箱分だけしまえないというような場合や、部屋を一つ丸ごと思い出の品で埋めたいというような状況にも対応可能。希望通りの期間、広さのスペースをレンタルできます。

トランクルームの中は温度・湿度が厳重にコントロールされていますので、デリケートな材質の思い出の品の保管も安心。特に水分や湿気に弱い紙でできた作品も、いつまでもきれいな状態で保管できます。

おすすめのトランクルームといえば、なんといってもキーピット。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に多くのトランクルームを抱えており、アクセスのよい場所を選ぶことができます。

キーピットのトランクルームは、アイテムを守るために必須の空調はもちろん完備。温度・湿度を快適に保ち守り続けます。また全ルームに防犯セキュリティも完備していますので、盗難・破壊といったトラブルからも大切な宝物をしっかり守ってくれます。


目次へ

まとめ

パパやママが残しておきたい子供の思い出の品には、さまざまな種類があります。

最近はさまざまな技術が発達して、写真や動画、データとして残すなど、思い出の品の保存方法は多種多様。

自分の生活スタイルや居住スペースに応じて、さまざまなバリエーションから自由に保存方法を選ぶことができます。

ですが、見るだけでなく手で触れることができる、「物」にまさる思い出の保管方法はありません。

子供の思い出の品は思い出とともに色鮮やかに、ありのままの姿を、美しく保存をするのが理想です。

無理のない範囲で思い出の品の保存に気を配って、大事に保管をしていきましょう。