捨てられない人に対して物を捨てるよう説得するには?

あなたの周りに物が捨てられない人はいませんか?友人や知り合いならまだしも、家族の中にそんな人がいると、家が散らかりやすくなってしまうので嫌になりますよね。しかも捨てられない人は、何度注意してもどうしても物を捨ててくれません。そんな物を捨てられない人にきちんと捨てるように説得するにはどうすればよいのでしょうか。


この記事は約6分で読み終わります。

捨てられない人の心理状態って?

捨てられない人は、捨てるのが得意な人と根本的に感覚が違うのではないでしょうか。捨てられない人の心理状態について解説します。

もったいない精神

もったいない精神は日本人の古き良き思考のひとつです。戦時中に物がなく貧しい思いをした曽祖父母や祖父母などから「捨てるのはもったいない」「まだ使える」と言われて育った人たちも多いのではないでしょうか。

そういった人たちにはもったいない精神が身についています。いつか使うときがくるかもしれないと思うと、なかなか捨てることができないのです。しかし、いつか使える物はたいていもう使わない物のほうが多いので、どんどんいらない物が増えてしまいます。
また、いくら使わないからと言ってまだ使える状態にある物を捨てることはできないと考えている人もいます。そもそも使える物を捨てるという思考にならないのです。そういう人も少なからずいますよね。
さらに、せっかくお金を出して買ったものを捨ててしまうのはもったいないという思いの人もいます。お金も物も大切にするタイプの人ですが、掃除や片付けに関してはなかなかできない人といえるでしょう。

物を捨てることに罪悪感がある

もう使わないけど愛着がある物ってありますよね。愛着があるから捨てられないという、思い出や物を大事にすることはとてもいいことです。しかし、片付けるということにおいては、捨てられないというのは致命的。

また、貰い物を捨てることに気が引けるという人もいるでしょう。貰い物を捨てるのは、せっかくいただいた好意を捨てることになるのではないかと罪悪感が芽生えてしまうのです。
物を捨てることに罪悪感がある人はとてもやさしい人ですが、片付けという面ではなかなかうまくいかず、物がたまってしまいます。


目次へ

捨てられない人に効果的な説得の仕方

捨てられないのは仕方ないにしても、一緒に住んでいたりすると物が増え続けると散らかった困るので何とか捨ててほしいですよね。捨てられない人に物を捨ててもらうために効果的な説得の仕方はあるのでしょうか。

説得する前に自分の意見を整理する

説得する前にまずは自分の言いたいことを整理しましょう。片付けや掃除、物を捨てるか捨てないかに関する考え方は人それぞれです。片付けるのが正しい!と思い込んで、無理に自分の意見を押し付けないように気を付けましょう。
また、自分がなぜ物を捨てたいと思っているか、捨てることや掃除することの意義や思い、どんな部屋にしたいのか、ということについても、自分の意見を相手に伝えておいて意識の統一を図らなければなりません。
さらに、物を捨てるとどんなメリットがあるのか、どんなに素敵な部屋になって気持ちよく過ごせるのかということも、伝えられるだけ伝えておきましょう。

なぜ物が捨てられないか理由を知る

頭ごなしに「片付けてほしい」というのではなく、まずは相手の物に対する価値観や考えを知ってなぜ捨てられないのか理由を分析しましょう。
本当は捨てたいのに捨て方がわからないのかもしれませんし、反対に捨てる必要がないと開き直っているかもしれません。相手が物を捨てないことに対して批判をせず、必ずどういう考えなのかを聞き出しましょう。
かたくなに片付けない人の場合は、必ず何か理由があるはずです。一方で「片付けないといけないとは思っているんだけど…めんどくさくて…」という場合は、きっかけさえあれば片付けに協力してくれるかもしれません。
その上で捨てられないという場合は、物が本当に必要かどうかを話し合うことも大切です。必要ないのに惰性で買っているのかもしれませんし、コレクターとして集めているのかもしれません。いずれにしても、捨てられない人の気持ちは捨てたい人にはわからないので、お互いに自分の気持ちを伝えあうことが大切なのです。


目次へ

捨てられない人に対して物の処分をしてもらうには?

捨てられない人にどうしても捨ててほしい…自分も相手も気持ちよく片付けができるように、まずは物を処分してもらうにはどうすればばよいのでしょうか。

一気に物を捨てようとしない

一気に物を捨てようとすると、捨てられない人からの反発を招く恐れもあります。
必要があって捨てずに置いているのかもしれませんので、まずは物を捨てる期限を決めてみてはいかがでしょうか。
1日で一気に全部捨ててもらうのではなく、必要かどうか考える時間を設けながら1週間~2週間程度様子を見てみる時間も必要です。
捨てられなかった人が、1週間で捨てられるようになるのならラッキー。捨てるための時間を設けてじっくり物と向き合ってもらいましょう。
いきなり部屋の大きな家具と向き合うのではなく、まずは小物を入れがちな引き出しの中から始めてもらうのもおすすめ。小さなエリアでもしっかり片付けることができたという小さな成功体験を積みながら、物を捨てて片付けることに慣れてもらいましょう。

一時的に物を箱に保管する

捨てるか迷っているものがあれば一時的に箱に保管するのもひとつの方法です。まずは迷っている物を箱に入れておき、目に入らないところに置いて保管してみましょう。
しばらく経って振り返って時に箱を開けたか開けなかったかで本当に必要かどうかわかるのでおすすめです。
捨てられない人はまず目の前から片付けてみるところから始めてもらいましょう。
物が多すぎる場合は、「いる物」「いらない物」「迷っている物」の3つの箱に分け、迷っている物の箱はそのまま目につかないところへ、いらない物の箱は破棄し、いる物の箱は置き場所や保管場所を決めながら間違いなく片付けていきましょう。


目次へ

捨てられないときはトランクルーム利用を検討する

それでもなかなか捨てられない家具や備品、小物もあると思います。捨てるのが惜しいならトランクルームに預けるのも解決策のひとつ。
24時間出し入れ可能なトランクルームを選べば、自分が使いたいと思ったときに取り出せ、もういらないと思ったときにすぐに片付けられます。

捨てるかどうか迷っている物もいったんここに置いて様子を見るのもいいですね。空調完備のトランクルームなら、湿気や熱などにも強く、預けたものが傷みにくいので安心です。
関東でトランクルームをお探しの場合はキーピットの検討をぜひ!
ネットで契約手続き可能なので、忙しい現代人にぴったり。もう捨てられない!と思い立った時にすぐ契約することができます。片付けるモチベーションを保ったまま、トランクルームをご契約いただくことができるのです。

地方でトランクルームをお探しの場合はニコニコトランクにアクセス!全国各地のトランクルームを網羅しているので、ご自宅の近くで自分の用途に合ったトランクルームを探すことが可能です。
片付けたいと思ったときに使えるトランクルームがあれば、片付けもはかどりますよね。


目次へ

まとめ

さて今回は捨てられない人を説得するための方法についてご紹介しました。物を捨てられない人は何かしら原因があるはずなので、必ずその人の言い分を聞きながら片付けを促しましょう。1回限りの片付けではなく、これからも継続して片付けてもらえるようにしたいですね。
もし収納スペースが足りなくなってしまったら、シーズン物やめったに使わない必要な物などはトランクルームに預けるのも◎。預けたい物や自宅からの距離などを考えてトランクルームの利用も検討してみてはいかがでしょうか。トランクルームなら契約しておけばいつでも預けられるので、急に片付けがしたくなったときでも、物を簡単に預けることができます。ぜひトランクルームを使って物を上手に片付けましょう。