TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

引っ越し難民にならないための予防策・対策方法は?

引っ越し難民にならないための予防策・対策方法

何らかの理由で引っ越しすることができない「引っ越し難民」。

引越し難民にならないためには、いくつか覚えておくべきポイントがあります。また、万が一引越し難民になってしまった場合でも、工夫次第で状況を脱することができます。

この記事では、引越し難民にならないため対策方法をご紹介します。

こちらの記事もオススメ!
関連記事:引越し難民の原因や今後の動向について分かりやすく解説!
関連記事:引っ越し難民対策にトランクルームを選ぶポイントとは?

即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt 即日からご利用可能!東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/KeepIt

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

引越し難民にならないための予防策とは?

まずは、引越し難民にならないためにも覚えておきたいポイントを確認していきましょう。

引越し難民になるのを防ぐには、以下のポイントを意識することが大切です。

POINT~引越し難民にならないための予防策~

  • 早めの問い合わせ・見積もり依頼が鉄則
  • 複数業者に相見積もりを依頼
  • 荷物をできるだけ少なくする
  • 荷物の量・サイズを把握しておく
  • 混載便やフリー便も検討する

では、詳しく見ていきましょう。

早めの問い合わせ・見積もり依頼が鉄則

早めの問い合わせ・見積もり依頼

引越し難民にならないためには、早めの予約・準備が欠かせません。

引越しシーズンと言われる3月から4月にかけては、引越し予定日が近くなるほど予約が難しくなり、見積り額も高くなる傾向があります。

引越しすることが決まった段階で、できるだけ早く引越し業者に問い合わせをして、見積もり依頼を出しましょう。

この際、引越し候補日をいくつか用意しておくとやり取りがスムーズになり、条件が良い(見積金額が安い)日程を案内してもらえる可能性が高まります。

複数業者に相見積もりを依頼

引越し業者に問い合わせる際は、複数の業者への見積もり依頼、いわゆる相見積もりが基本となります。

業者によってスケジュールの埋まり具合やトラック・スタッフの稼働状況が異なるため、見積り金額にも違いがあります。

できるだけ価格を抑え、希望のスケジュールで引越しを行うためにも、複数業者への相見積もりを行いましょう。

近年では、複数の業者の見積もりを一括で確認できる「一括見積サイト(サービス)」も登場しています。こうしたサービスを使用して複数業者の見積もりをチェックするのも一策です。

荷物をできるだけ少なくする

荷物をできるだけ少なくする

引越し料金は、時期や日時、移動距離などのほか、稼働するスタッフの人数やトラックのサイズ(もしくは台数)によっても変動します。

スタッフの人数やトラックのサイズが大きくなるほど費用が高くなるので、引越し荷物をできる限り少なくしておくことが大切です。

あらかじめ不要なものを処分して、新居に運び込む荷物を少なくしておけば、最小限の人数かつ小さめのトラックで十分だと判断される可能性が高まります。

また、要らない荷物を処分しておくことで、場合によっては業者に頼まずに自分で運ぶことができるかもしれません。

荷物の量・サイズを把握しておく

荷物をできるだけ少なくするのと同時に、あらかじめ荷物の量・サイズを把握しておくことも大切です。

上述の通りトラックのサイズによって引越し料金は変わりますが、正確な荷物の量が分からない場合、大きめのトラックを確保せざるを得ないケースがあります。

あらかじめ荷物の量・サイズを正確に把握しておくことで、引越し業者もスタッフやトラックの大きさを判断しやすく、適正な見積もりを算出しやすくなるでしょう。

混載便やフリー便も検討する

混載便やフリー便も検討

引越し料金をできるだけ抑えたい場合には、「混載便」や「フリー便」も検討するとよいでしょう。

「混載便」とは、同じ地域や方面に引越しする複数の依頼主の荷物を一緒に運ぶ方法で、荷物が少ない方にオススメです。タクシーの相乗りのようなもので、人件費や輸送費を節約できるので費用も割安になります。

ただし、混載便の依頼主が集まるまで輸送できないため時間がかかりやすく、日時を指定することはできないということは覚えておきましょう。

「フリー便」とは、引越し作業の開始時間を指定しない方法です。当日の予定を立てづらいのがデメリットですが、そのぶん引越し料金を抑えることができます。

もしも引っ越し難民になってしまったら

もしも引っ越し難民になってしまったら

引越し難民にならないためには引越しに向けた準備を早めに進めることが重要ですが、準備する余裕がないまま引越し時期を迎えてしまうケースもあるでしょう。

万が一引っ越し難民になってしまった場合には、どのような解決策が考えられるのでしょうか。

POINT~引越し難民になってしまった時の対処法~

  • 基本的には自分で引越しする引越し時期をずらす
  • どちらの場合もトランクルームの活用がオススメ

引越し難民から抜け出す2つの方法

もしも引っ越し難民になってしまった場合には、主に以下の2つの方法が考えられます。

  • 業者に頼らず自分で引越しする
  • 引越し時期をずらす

業者に頼らず自分で引越しをする場合、マイカーもしくはレンタカー等で荷物を新居に運び込むことになります。

荷物が多い場合には一度に車に載りきらない場合も多く、大型の家具や家電がある場合には家族や知人の協力も必要になるでしょう。また、この時期はレンタカーの予約も難しい時期ですので、車の確保に苦労するケースもあります。

引越し時期をずらす方法は、引越し業者の予約を取りやすく、なおかつ料金の高騰が落ち着く時期まで待つ必要があります。この場合、引越しができる時期までの宿泊先と、家具家財などの引っ越し荷物を一時保管する場所が必要になります。

トランクルームの活用がオススメ

自分で引越しを行う場合も、時期をずらして引越しする場合も、トランクルームの活用がオススメです。

トランクルームとは荷物を保管しておくことができるサービスで、自宅の収納スペースの延長として使用することができます。

トランクルームを活用することで、引っ越し繁忙期が過ぎるまで荷物をまとめて保管しておくことができますし、優先度の高い荷物から少しずつ新居へと運び込むことも可能です。

また、初回利用時にトランクルームまで荷物を運搬してくれるサービスを提供してくれるトランクルーム運営会社もあります。

家族や知人に荷物保管を頼むのが難しいという方にとって、トランクルームの活用は有力な選択肢となるでしょう。

まとめ

今回は、引越し難民にならないための予防策と、万が一引っ越し難民になってしまった場合の解決策についてご紹介しました。

今回ご紹介したトランクルームの活用は、引越し難民にならないための予防策としても、引越し難民になってしまった時の解決策としてもオススメです。

引越し難民対策としてトランクルームを検討している方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。

もっと知りたい!
続けてお読みください

引っ越し難民対策にトランクルームを選ぶポイントとは?

あわせて読みたい

引越し難民とは?原因や予防策・解決策まで徹底紹介!

引越し難民の原因や今後の動向について分かりやすく解説!

引っ越し時にトランクルームを利用するメリットとは?

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、カーキャリーサービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。