Keyword"引っ越し"

結婚が決まり、新しい人生の第一歩。結婚して共同生活が始まる前に、まずは自分の荷物を整理して断捨離をしましょう。 とはいえ、はじめてのことなので、どこまで処分したら良いのかわからないですよね。今回は、結婚前の引っ越しに必要な1人暮らしの荷物の断捨離術をご紹介します。

引っ越しは、これまでの自宅から全ての荷物を新居に移動させる大仕事です。引っ越しの中でも、荷造りをするのは、期日までに終わらせる必要がある工程。仕事をしていたり、急に引っ越しが決まってしまったりすると、間に合わないということもあるでしょう。では、引っ越しまでに荷造りが終わらない場合の対処法をご紹介します。

建て替えで仮住まいに引っ越しをしようとした際、どのような点に注意したら良いのでしょうか。「どうせ仮住まいだから」といって、何も考えずに決めてしまうと後から後悔することになるかもしれません。この記事では、入りきらない荷物の保管方法や、仮住まいに引っ越しをするときに確認しておくべきことなどを紹介します。

家をリフォームする時には、荷物を一時的に移動させる必要があります。他の部屋には荷物を置くことができなかったり、大掛かりなリフォームでほとんど全ての荷物を移動させる必要があったりすると、荷物の預かり場所に悩みます。この記事では、リフォーム時に荷物預かりを依頼できる場所や、料金の目安を解説していきましょう。

転職・就職・進学という人生の節目を迎える人が多い3月から4月は、引っ越しシーズンとなります。新居探しや荷造りや家電の購入など、忙しい中で問題になるのが引っ越し難民です。 では、引っ越し難民とはどのような状態の事でしょうか?引っ越し難民にならないためにできることと、なってしまった場合の対策を解説します。

毎年、春になると引っ越しが増えます。人が移動するシーズンですので、必然的に引っ越しが増えて、引っ越しをしたくてもできない「引っ越し難民」が増えるのも、この時季です。春に引っ越しをする予定があるのであれば、引っ越し難民になる可能性があります。確実に引っ越しができるように対策を見てみましょう。

最近では引っ越しをする際に、業者を予約できずに日程をずらさざるを得ない人が急増していて、そのような人は「引っ越し難民」と呼ばれています。 引っ越し難民となると、これから新生活を始めようとするときに、最初からつまずいてしまうことにもなるでしょう。引っ越しの日程が遅れることで、仕事に支障が出てしまう人もいるかも知れませんね。では、なぜ引っ越しの予約が取りづらくなったのか、その原因について詳しく解説していきます。

例年春先になると、引っ越しのハイシーズンになるので、希望通りに引っ越しができなくなる引っ越し難民が続出します。ピークを迎えるにつれて、さらに引っ越し難民が増える理由として見積もりが高いことが挙げられます。 引っ越し見積もりが高いときに、安くする方法はあるのでしょうか?引っ越し難民にならないためにできることをご紹介します。

「引っ越し難民」という言葉が、2018年に話題になりました。これから、引っ越しをする予定のある人は、自分が引っ越し難民になってしまわないかどうか気になるのではないでしょうか。 スムーズに引っ越しができないと、気持ちのいい新生活を始められませんよね。転勤などで引っ越す場合、引っ越しの日程が遅れると仕事に支障が出る場合もあります。では、なぜ引っ越し難民が社会問題化しているのか、引っ越し難民にならないためには、どう対処すればいいのかを見ていきましょう。

2018年には引っ越し難民がメディアで大きく取り上げられましたが、今後も3月前後に引っ越しをする人は苦労するかもしれません。 引っ越しを予定通り済ませられないと、その後の生活にも影響が出てくるため、引っ越し難民になってしまうのは避けたいところです。では、引っ越し難民にならないためにはどうすればいいのでしょうか。その方法を解説していきます。

2018年には、引っ越しの繁忙期に引っ越ししたくてもできない「引っ越し難民」が増加したことが問題となりました。毎年引っ越しの繁忙期は、予約をとるのが難しくなります。では、引っ越しができなくなる「引っ越し難民」になってしまうのはいつ頃までなのでしょうか?引っ越しが間に合わない時にできる方法も合わせてご紹介します。

進学や就職を控えて、さっそく引っ越しの準備をしている人も多いことでしょう。しかし、2018年の引越しシーズンのピークとなる3月から4月には、引っ越しをする人が急増したことがありました。その結果、引っ越ししたくてもできない「引っ越し難民」が発生したのです。 そして、2019年にもこの引っ越し難民の発生が危惧されています。ここでは、引っ越し難民発生の原因を、社会情勢や法令の変化などの視点から見ていきましょう。また、引っ越し難民にならないための対策についても解説していきます。

引っ越しの繁忙期になると、引っ越しをしたくても引っ越しができない「引っ越し難民」が増えます。毎年繁忙期になると、引っ越しが難しくなるのが分かっているのに、引っ越し難民が続出する現象は、なぜ発生するのでしょうか? ここでは、理由や対策について解説します。

3月から4月は1年の中でも特に引っ越しが集中する時期です。しかも、近年では引っ越し業者が増大する引っ越し需要に対応しきれず、引っ越したくてもできない引っ越し難民が大幅に増加しています。 2018年に続き、2019年もこの時期に引っ越しが集中し、引っ越しどころか見積もりすらもできなくなってしまうかもしれません。ここでは、そうした場合にもできることがないかを解説していきます。引っ越し難民発生の状況を見ながら、引っ越し難民になってしまったときの解決策を見ていきましょう。

引っ越しの際、荷物をまとめるのはなかなかの大仕事です。一人暮らしならまだしも、世帯家族だとその荷物はかなりの量になってしまい、家の中にまとめきれないということもあるでしょう。荷物をまとめるのに手間取っていると、引っ越しのスケジュールも詰まってしまいます。そうならないように、引っ越しの際には事前にうまく荷物をまとめ、要らないものは処分してしまうことが大切です。ここでは、引っ越しの際の上手な荷物のまとめ方と断捨離の仕方を紹介していきます。

単身赴任となると、その準備はなかなか大変なもの。なかでも考えなくてはいけないのが、その荷物を一時的に預ける場所をどうするかです。仕事が絡むので引っ越しのときほどはスケジュールに融通が効かないため、荷物を一時的に預ける場所を見つけるのはなかなか難しいでしょう。ここでは、そんなときに便利なレンタル収納スペースやトランクルームの特徴を紹介していきます。

進学、就職、転職などをはじめとして、引っ越しをする人は多いでしょう。その人の暮らし向きにもよりますが、引っ越しの際にはたくさんの荷物が出てきます。しかし、自宅に大量の荷物を置いたまま引っ越しの準備をするのはなかなか大変なもの。そこでおすすめなのが、荷物の一時保管サービスです。これを利用すれば、邪魔な荷物を自宅から移動させた上で引っ越しの準備ができるのです。ここでは、この荷物の一時保管サービスについて見ていきましょう。