ネットショップの在庫管理に必要なこととは

今や誰でも簡単に売買が出来るようになったネットショップですが、在庫の管理に苦しめられている人は多くいるのではないでしょうか?仕入れをしたのに在庫管理が難しく、ネットショップの売買をやめていく人は多くいるのです。このことからネットショップで成功するためには、「上手な在庫管理」が大切になってきます。 今回はそんなネットショップの在庫管理に必要なノウハウを紹介していきます。在庫管理で悩んでいる人、これからネットショップを始めようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

ネットショップの在庫管理で知っておきたいポイント

ここでは、「開設初期」と「運営になれてきた時期」に分けて、ネットショップのポイントを解説していきます。

初期に気をつけるべきこと

ネットショップ開設初期は、売りたいものを売るというよりも、市場のニーズ、つまり”流行り”を把握して仕入れましょう。

まずは、市場の動向をつかんで的確に応えつつ、自分のネットショップの方向性を見定めていくことが大切です。最初から自分の売りたいものだけを仕入れても、ニーズに沿わない商品である場合は売れ残って在庫を抱えてしまうことになりかねません。

はじめのうちはどのような商品が売れるのかを手探りのように探し出す必要があるため、仕入れるときは、できるだけ少なくしましょう。さらに、在庫を仕入れすぎたり、種類を増やしすぎたりしてスペースをどんどん拡大するのはNGです。スペースを増やせば増やすほど在庫も増えていくので、なるべく省スペースを心がけましょう。

ネットショップの運営になれてきたら

ネットショップの運営に慣れてきたら、在庫の回転率を上げることを考えましょう。売買の回転率が上がれば、ユーザーからの信頼されやすくなります。常に新しい商品をネットショップ上に並べておくことで、「商品の回転率がいい」=「繁盛店である」とユーザーに思わせることもでき、ネットショップのイメージアップにもつながるのです。

逆に、同じ在庫をいつまでも抱えていると、「このネットショップは全然品替えが行われない=あまり売れてない」、「何かしらの問題があるのでは?」と思われてしまう恐れもあります。

また、ある程度ネットショップで回せるようになれば、「人的ミス」や「ルーティン作業」による損失をなくすことも考えていきましょう。発注ミスや金額ミスなど立て続けて増やしてしまうとユーザーは離れてしまいます。軌道に乗る頃に起きやすいため、より一層注意して業務にあたりましょう。

ネットショップでの売り上げが安定してきたら、適正な在庫数をつかむことも大切です。仕入れ過ぎず、品切れにならない在庫量を把握しておきましょう。


目次へ

ネットショップの在庫管理で多い悩み

実はネットショップの在庫管理はとてもハードな業務です。扱う商品が多ければ多いほどかかる時間も比例し、膨大な作業時間を割かなければなりません。

在庫を把握して管理し、さらにネットショップ上に反映させなければならないので管理の手間もかかってしまいます。在庫の管理をおざなりにしてしまうと、ネット上の在庫数と実際の在庫数が異なり、ユーザーに不利益を与えることになりかねません。そのためリアルタイムで正確な在庫数の把握を行うことが求められているのです。

これらのすべてを手作業で行うことは不可能に近く、非常に骨が折れる作業になりますよね。


目次へ

システムを取り入れた ネットショップの在庫管理方法

ネットショップの在庫管理に欠かせない在庫管理システム。このシステムを取り入れた在庫管理の方法についてご紹介します。

システムの導入で可能になること

在庫管理システムを導入することで、作業時間を大幅に削減することが可能になります。これまでひとつひとつ数えて管理していたものを、バーコードやデータで管理できるようになるため、データの検索も簡単です。

さらに、データを一元管理することが可能になり、どこに在庫数を記録したのかデータを探す手間も省くことができます。また、システムにアクセスできるように設定すると、スタッフ全員で同じデータを共有することができるので、伝達ミスなどもなくすことが可能になるのです。

さらに、在庫分析ができるのも在庫管理システムのメリット。いつ頃何を何個出庫したのかを継続的に分析してくれるので、適正在庫の把握に役立てることができます。
人の手でやるには時間がかかりすぎることをシステムならあっという間にデータ化してくれるので、ネットショップ運営の大きな力となることは間違いありません。

在庫システムの選び方

たくさんある在庫管理システムですが、商材特性によって選ぶべきものが変わってきます。自社のネットショップの特徴を考慮して選びましょう。

モールに出店する場合は、そのモールにシステムが対応しているのかも重要なポイント。せっかく在庫管理システムを導入したのにモールに連携できなかったら結局データ入力の手間がかかってしまい、システムを導入した意味がなくなってしまいます。

そのため、自社の在庫管理に必要なものは何か、どんなシステムがあれば煩雑な在庫管理を簡潔に終えることができるのかをしっかり考えて、事前にきちんと把握しておくべきなのです。
金銭的にシステムの導入が厳しい場合、独自にエクセルなどで管理するのもひとつの方法ですが、結局は手入力で補うことになるので、在庫管理を簡潔にするまでの効果はないのかもしれません。


目次へ

ネットショップの在庫を置くスペースは十分であるか

実店舗とネットショップの両方を運営している経営者の方は、実店舗の売上予測とネットショップの売上予測の両方を網羅して、それなりの在庫を用意する必要があります。売上を確保するために、実店舗とネットショップのどちらかの分だけを優先して仕入れるということは、なるべくしたくありませんよね。

そうなると、在庫を保管するスペースが必要になってきます。在庫管理をするスペースはもちろん、店頭に並べたり、ユーザーに発送する際のタグ付け作業、発送作業、梱包作業などを行うバックヤードのスペースも確保しておくのも必要です。
ネットショップ用の在庫を置くスペースが、現在の倉庫では十分でない場合は貸し倉庫をおすすめします。

キーピットのトランクルームは、さまざまな大きさのトランクルームを扱っています。しかも室内のトランクルームなので、空調完備・24時間体制の警備で防犯・品質保全対策も問題ありません。いつでも出入り自由なので、急に保管場所が必要になった、トランクルーム内の物を急いで運びたいという場合でも、何にも気兼ねなく利用していただくことができます。

在庫管理を行っているという人で、「スペースがなくなってきたな…」と感じているのなら、ぜひキーピットのトランクルームをご利用ください。
関東ならたくさんのトランクルームを契約しているため、お近くのトランクルームを検索で探すことも可能です。また、関東圏外でトランクルームをお探しの人はニコニコトランクを活用してください。


目次へ

まとめ

さて今回はネットショップの在庫管理方法についてご紹介しました。ネットショップの在庫管理は、物が増えれば増えるほどさらに複雑になってしまいます。在庫管理には在庫管理システムを活用し、手軽で正確な管理体制を目指したいですね。

さらに、保管スペースにお困りの際にはキーピットのトランクルームがベスト!快適なトランクルームで大切な商品を大事に保管いたします。バックヤードが散らかっていると、紛失や人的ミスも起こりやすくなりますので、在庫管理はトランクルームに預けてしまうのがおすすめです。ぜひ一度弊社にご相談ください。