TRUNKROOM MAG(トランクルームマガジン)|
「モノとうまく付き合う」をテーマにお役立ち情報や収納情報を発信するメディアです。

引越し難民の原因や今後の動向について分かりやすく解説!

引越し難民の原因や今後の動向

毎年3月から4月にかけて話題に取り上げられる「引越し難民」。具体的にどういった状況のことを指すのか、なぜ引越し難民が発生してしまうのかについて知らない方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、引越し難民が意味する状態や引越し難民が発生してしまう原因について分かりやすく解説しています。また、今後の動向についても解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

こちらの記事もオススメ!
関連記事:引っ越し難民にならないための予防策・対策方法は?
関連記事:引っ越し難民対策にトランクルームを選ぶポイントとは?
関連記事:引越し時にトランクルームを利用するメリットとは?荷物の準備が終わらない場合の対処法も紹介!

東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」 東京・神奈川で屋内トランクルームをお探しならキーピット/Keepit 「24時間365日利用可」「 選べる部屋サイズ」

47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど 47都道府県4,000施設以上の情報を掲載 ニコニコトランク トランクルーム検索サイト バイクコンテナ・室内収納スペース・屋外コンテナなど

Outline 読みたい項目からご覧いただけます。

引越し難民とは?

引越し難民とは

引越し難民とは、引越し料金の高騰などの理由によって「引越しをしたいけれど引越しができない人」を指します。繁忙期に増加する引越し需要に対して、引越し業者の供給が間に合わないことによって生じるとされています。

「引越し難民」という言葉自体は、2018年頃からメディアで取り上げられることが増え、世間での「引越し難民」に対する認知度が高まりつつあります。

POINT~引越し難民とは~

引越し難民とは、引越し料金の高騰などの理由によって「引越しをしたいけれど引越しができない人」。

引越し難民が引越しできない理由は?

引越し難民の方が引越しできない主な理由としては、「高い引越し料金を支払うことができない」「引っ越し業者の予約が取れない」ことが挙げられます。

引越しの繁忙期である3月~4月は、引越し業者に予約が集中します。業者側は、より多くのスタッフを確保したりする必要があるため、引越し料金も高騰してしまうのです。

POINT~引越し難民が引越しできない主な理由は~

  • 高い引越し料金を支払うことができない。
  • 引越し業者の予約が取れない。

引越し難民が発生する原因

引っ越し難民が発生する原因

ここでは、引越し難民が発生してしまう根本的な原因について解説していきます。

POINT~引越し難民が発生する原因~

  • 進学・就職・転勤などによる引越し需要の集中
  • 引越し業界の人手不足と働き方改革
  • 繁忙期の引越し料金高騰

進学・就職・転勤などによる引越し需要の集中

引越し難民が発生してしまう根本的な理由のひとつとして、特定シーズンにおける引越し需要の急激な増加が挙げられます。

引越しの繁忙期とされる3月~4月にかけては、国内における年間の引越し件数の3分の1が集中すると言われています。これはこの期間に、進学や就職、転勤を伴う人事異動などの理由で新生活をスタートする人が増加するためです。

つまり、急激に増加する引越し需要に対して、引越しサービスの供給が間に合わないため、引越し難民が発生してしまうというわけです。

また、引越し業者に頼らず自力で引越しをしようと考える人も多いため、この時期はレンタカーが借りづらくなります。

引越し業界の人手不足と働き方改革

引越し難民が発生する背景には、引越し業界の人手不足が大きく関係しています。少子高齢化に伴う労働人口の減少は、深刻な問題です。

また、2016年から推進されている働き方改革の影響もあります。引越し業者が、長時間労働により補っていた分の引越し件数を請け負うことができなくなったのです。これにより、「予約を受け付けたくても対応することができない」という引越し業者が増えていると言われています。

ほかにも、宅配業と兼業していた引越し業者が、宅配業へと完全にシフトしてしまうことによる影響もあります。近年、ネット通販やフリマアプリの普及によって運送需要が増加していることが関係しています。

繁忙期の引越し料金高騰

繁忙期には、引越し業者が多数の引越し依頼に対応するために、トラック確保やスタッフ増員を行います。そのため、繁忙期の引越し料金はそれらのコストを反映した料金設定になります。

また、引越し件数が少ない平常月(5月~2月)の収支を支えるために、繁忙期とされる3月~4月の見積金額が高騰しやすくなってしまうという側面もあります。

引越し難民がとるべき4つの対策とは?

すでに引越し難民の状態になってしまっている方も少なくないのではないでしょうか。引越し難民になってしまった方がとるべき対策は、主に以下の4つです。

POINT~引越し難民がとるべき4つの対策とは~

  • 引越しの日程をずらす
  • 軽貨物輸送を利用する
  • 自力で引越しする
  • トランクルームを活用する

予算やスケジュールなどを考慮して、自分に合った対策を見つけてみてください。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

 引越し難民とは?原因や予防策・解決策まで徹底紹介!
あわせて読みたい
引越し難民とは?原因や予防策・解決策まで徹底紹介!

引越し難民にならないための予防策は?

引越しの機会は突然くることもあるでしょう。そんなとき、引越し難民にならないように前もって準備しておくのがベストです。

引越し難民にならないための予防策は、主に以下の5つです。

POINT~引越し難民にならないための予防策~

  • 箇条早めの問い合わせ・見積依頼が鉄則書き
  • 複数業者に相見積もりを依頼
  • 荷物をできるだけ少なくする
  • 荷物の量・サイズを把握しておく
  • 混載便やフリー便も検討する

事前の準備次第で、引越し難民にならずに済むかどうかが変わってきます。引越しを検討している方は、必ず確認しておくことをおすすめします。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

 引っ越し難民にならないための予防策・対策方法は?
あわせて読みたい
引っ越し難民にならないための予防策・対策方法は?

引越し難民はなくならないのか?

引越し難民はなくならないのか

そもそも、「引越し難民問題はなくならないのか?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。現状の答えとしては、「今後も引越し難民は発生する」という見方が強いようです。

これは、引越し難民の主な原因である、「3月~4月における引越し需要の増加」と「引越し業者の人手不足」が早期に解決できる問題ではないとされているためです。

ただ、近年では引越し難民緩和の取り組みが見られます。転勤時期をずらす企業や引越し一括見積サービス、トラックのシェアリングサービスの登場などがそれにあたります。

まとめ

今回は、引越し難民が発生してしまう原因や今後の動向について解説しました。引越し難民は今後も発生することが想定されます。前もって準備しておくことで、引越し難民にならないように対策しておくとよいでしょう。

もし引越し難民になってしまった場合は、トランクルームの活用がおすすめです。一時的に荷物を保管できるので、自力で引越しをしたり、時期をずらして引越ししたりする場合でも、焦らずゆとりをもって進めることができます。

以下の記事では、引越し時にトランクルームを利用するメリットについて詳しくご紹介しています。引越しを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

もっと知りたい!
続けてお読みください

引越し時にトランクルームを利用するメリットとは?荷物の準備が終わらない場合の対処法も紹介!

あわせて読みたい

引越し難民とは?原因や予防策・解決策まで徹底紹介!

引っ越し難民対策にトランクルームを選ぶポイントとは?

引っ越し時にトランクルームを利用するメリットとは?

不用品の整理

家にある不用品を整理しよう!いらない物を見極めて処分するコツをご紹介

段ボールの保管方法

段ボールを自宅で保管する方法!放置すると危険な理由とは

狭い家(狭小住宅)で収納スペースを確保

狭い家(狭小住宅)で収納スペースを確保するには?おすすめの収納方法をご紹介

Web契約で即日からご利用可能!
屋内型
トランクルームなら
東京・神奈川をメインに
屋内型トランクルームを
お探しの方は、
お気軽にご相談ください。

即日利用/24時間利用可、キーピット無料運搬サービス、安心の防犯セキュリティ、空調設備など
充実のサービスをご用意しています。気になる方は、キーピット(Keepit)の詳細をご確認ください。