Latest Posts新着記事

転職・就職・進学という人生の節目を迎える人が多い3月から4月は、引っ越しシーズンとなります。新居探しや荷造りや家電の購入など、忙しい中で問題になるのが引っ越し難民です。 では、引っ越し難民とはどのような状態の事でしょうか?引っ越し難民にならないためにできることと、なってしまった場合の対策を解説します。

毎年、春になると引っ越しが増えます。人が移動するシーズンですので、必然的に引っ越しが増えて、引っ越しをしたくてもできない「引っ越し難民」が増えるのも、この時季です。春に引っ越しをする予定があるのであれば、引っ越し難民になる可能性があります。確実に引っ越しができるように対策を見てみましょう。

最近では引っ越しをする際に、業者を予約できずに日程をずらさざるを得ない人が急増していて、そのような人は「引っ越し難民」と呼ばれています。 引っ越し難民となると、これから新生活を始めようとするときに、最初からつまずいてしまうことにもなるでしょう。引っ越しの日程が遅れることで、仕事に支障が出てしまう人もいるかも知れませんね。では、なぜ引っ越しの予約が取りづらくなったのか、その原因について詳しく解説していきます。

例年春先になると、引っ越しのハイシーズンになるので、希望通りに引っ越しができなくなる引っ越し難民が続出します。ピークを迎えるにつれて、さらに引っ越し難民が増える理由として見積もりが高いことが挙げられます。 引っ越し見積もりが高いときに、安くする方法はあるのでしょうか?引っ越し難民にならないためにできることをご紹介します。

「引っ越し難民」という言葉が、2018年に話題になりました。これから、引っ越しをする予定のある人は、自分が引っ越し難民になってしまわないかどうか気になるのではないでしょうか。 スムーズに引っ越しができないと、気持ちのいい新生活を始められませんよね。転勤などで引っ越す場合、引っ越しの日程が遅れると仕事に支障が出る場合もあります。では、なぜ引っ越し難民が社会問題化しているのか、引っ越し難民にならないためには、どう対処すればいいのかを見ていきましょう。

2018年には引っ越し難民がメディアで大きく取り上げられましたが、今後も3月前後に引っ越しをする人は苦労するかもしれません。 引っ越しを予定通り済ませられないと、その後の生活にも影響が出てくるため、引っ越し難民になってしまうのは避けたいところです。では、引っ越し難民にならないためにはどうすればいいのでしょうか。その方法を解説していきます。

2018年には、引っ越しの繁忙期に引っ越ししたくてもできない「引っ越し難民」が増加したことが問題となりました。毎年引っ越しの繁忙期は、予約をとるのが難しくなります。では、引っ越しができなくなる「引っ越し難民」になってしまうのはいつ頃までなのでしょうか?引っ越しが間に合わない時にできる方法も合わせてご紹介します。

進学や就職を控えて、さっそく引っ越しの準備をしている人も多いことでしょう。しかし、2018年の引越しシーズンのピークとなる3月から4月には、引っ越しをする人が急増したことがありました。その結果、引っ越ししたくてもできない「引っ越し難民」が発生したのです。 そして、2019年にもこの引っ越し難民の発生が危惧されています。ここでは、引っ越し難民発生の原因を、社会情勢や法令の変化などの視点から見ていきましょう。また、引っ越し難民にならないための対策についても解説していきます。

引っ越しの繁忙期になると、引っ越しをしたくても引っ越しができない「引っ越し難民」が増えます。毎年繁忙期になると、引っ越しが難しくなるのが分かっているのに、引っ越し難民が続出する現象は、なぜ発生するのでしょうか? ここでは、理由や対策について解説します。

3月から4月は1年の中でも特に引っ越しが集中する時期です。しかも、近年では引っ越し業者が増大する引っ越し需要に対応しきれず、引っ越したくてもできない引っ越し難民が大幅に増加しています。 2018年に続き、2019年もこの時期に引っ越しが集中し、引っ越しどころか見積もりすらもできなくなってしまうかもしれません。ここでは、そうした場合にもできることがないかを解説していきます。引っ越し難民発生の状況を見ながら、引っ越し難民になってしまったときの解決策を見ていきましょう。

日頃は扉を閉めている押入れ。いざ開けると、あらゆるものが乱雑にしまわれていて思わずため息をついてしまう…そんなご家庭はけっこう多いのではないでしょうか。 押入れにものをきれいに収納するのって案外難しいですよね。 そこで今回は押入れの収納術を徹底的に解説!押入れのスペース別に見るおすすめの収納術や、収納がぐっと楽になる雑貨の紹介もしていきます。 それでもどうしても押入れにものが収まり切らないという場合は、トランクルームを活用する手段も。 これからご紹介する対処法を駆使して使いやすい押入れ作りを目指しましょう。

海外留学で一定期間日本を離れる際、問題となるのが海外留学中の荷物の保管をどうするかということでしょう。特に一人暮らしの場合、日本を離れている間の荷物を一旦実家に戻すのも手間がかかります。海外留学の準備と共に進めたい不要な荷物をお得に処分するコツと、一時保管に便利な貸し倉庫についてご紹介します。

近年、多くの災害が発生するようになりました。日本でも豪雨や台風、地震に火山の噴火など、いつ発生するか分からない災害に対して対策が必要となっています。 そんな中で私たちにできることに、防災用品を備蓄することがありますが、防災用品をどこに収納したらいいか分からない人はいませんか。そこで今回は、防災用品の最適な置き場所について解説していきます。

布団はどのようにして収納しているでしょうか。季節によって使用する布団が異なるため、シーズンオフの布団は何ヶ月も押入れの中に入れっぱなしの人も多いです。布団は大きいため収納するスペースを確保するのも苦労します。収納場所や収納方法によっては布団の品質を損ねてしまうこともあるかもしれません。では、布団はどこにどのようにして収納すればいいのか解説していきます。

長年愛用してきたギターたち。どれも思い入れがあって、「しばらく弾いてないし、捨てて!」と言われても、できれば手放したくないですよね。 正しい保管方法でしまっておけば、長期間保管したとしても、そのギターを良い状態でまた弾けますよ。 そこで今回は、ギターの最適な保管方法とお手入れの仕方、保存場所についてご紹介します。

定期購読をしていたりすると、いつの間にか大量に溜まってしまうのが雑誌です。 定期的に増えていくので処分しないと増えるばかりですが、手放したくないものもあるでしょう。ここでは、そうした大量の雑誌を抱えて困っている人のための収納方法を紹介していきます。一見どこにも収まりそうになくても、ハンガーやラックなどのアイテムを活用すればうまく収納ができます。

家の中にはさまざまな物品がありますが、以外に収納に困るのが靴です。家族が増えてきたり、さまざまなシーンで履く靴を使い分けたりしていると、いつのまにか靴を収納するスペースが狭くなってしまうもの。ここでは、そうした靴の収納スペースに悩んでいる人たちのために、限られたスペースでもうまく大量の靴を収納する方法を紹介していきます。

みなさんの中にも、骨董品収集が趣味の人がいるのではないでしょうか。骨董品を購入したが、保管方法や収納方法に困っている人もいると思います。そこで今回は、骨董品の保管方法とそれぞれの最適な保管場所をご紹介していきます。

漫画を集め始めると、いつの間にか部屋の中が漫画だらけになっていたという経験がある人は多いでしょう。大量の漫画は、しまっておくスペースを確保するだけでも一苦労です。大量の漫画をしまっておくスペースがない、でも手放したくないとお悩みでしょう。 ここでは、そうした人たちのために、大量の漫画をうまく整理するための漫画収納術をまとめてみました。なるべく費用を抑えられるように、100円均一のケースやDIYでできる収納術を紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

家の中に不用品があると、掃除や整理整頓を妨げて、部屋が片付かない原因になります。だからといって潔く捨てるのは難しいものです。どのように整理すればいいのか、トランクルームの活用法も紹介します。

特別なイベントのときしか出さないもののひとつに、ひな人形があります。ものにもよりますが、かなり大きなものなので、使わないときの収納場所に困っているという人も多いのではないでしょうか。しかも、ひな人形はひな祭りシーズンというごく限られた時期にしか使わないので、倉庫で眠っている時間の方が長いものです。そのため、長期間保管している間に劣化や破損が起こる可能性もあります。ここでは、そうした事態を避けるためのひな人形の有効な保管方法について見ていきましょう。

部屋が物であふれかえると、広いところへ引っ越せば解決すると考えがちです。けれども、家賃が高くなって引っ越し代や敷金、礼金もかかります。こうした悩みは、トランクルームの活用で解決できるでしょうか。

引っ越しの際、荷物をまとめるのはなかなかの大仕事です。一人暮らしならまだしも、世帯家族だとその荷物はかなりの量になってしまい、家の中にまとめきれないということもあるでしょう。荷物をまとめるのに手間取っていると、引っ越しのスケジュールも詰まってしまいます。そうならないように、引っ越しの際には事前にうまく荷物をまとめ、要らないものは処分してしまうことが大切です。ここでは、引っ越しの際の上手な荷物のまとめ方と断捨離の仕方を紹介していきます。

単身赴任となると、その準備はなかなか大変なもの。なかでも考えなくてはいけないのが、その荷物を一時的に預ける場所をどうするかです。仕事が絡むので引っ越しのときほどはスケジュールに融通が効かないため、荷物を一時的に預ける場所を見つけるのはなかなか難しいでしょう。ここでは、そんなときに便利なレンタル収納スペースやトランクルームの特徴を紹介していきます。

よくある夫婦間の問題の1つに、夫が趣味で集めたコレクションが住まいを占領し、片付かない上に放置されているというのがあります。その趣味を理解できないならなおさら苦痛です。どのように解決すればいいのでしょうか。

進学、就職、転職などをはじめとして、引っ越しをする人は多いでしょう。その人の暮らし向きにもよりますが、引っ越しの際にはたくさんの荷物が出てきます。しかし、自宅に大量の荷物を置いたまま引っ越しの準備をするのはなかなか大変なもの。そこでおすすめなのが、荷物の一時保管サービスです。これを利用すれば、邪魔な荷物を自宅から移動させた上で引っ越しの準備ができるのです。ここでは、この荷物の一時保管サービスについて見ていきましょう。

海外赴任が決まると、そのための準備をすると同時に、家財道具の保管場所も考えなければいけません。いずれ日本に戻ったとき使うからです。そんなときはトランクルームが役に立ちます。その理由と選び方を紹介しましょう。

落ち着かない家は居心地が悪く、ストレスが溜まったり、外出が増えて無駄な出費が多くなったりします。自分の家なのに、なぜ落ち着かなくなるのでしょうか。その原因と対処法を紹介します。

普段はワイルドな印象を与えるバイクも、実は保管方法にとても気を使います。野ざらしだと早く劣化する上に、盗まれやすくなるからです。バイクのために最適な収納スペースを用意できないときは、どのように対処すれば良いのでしょうか。

以前は、「物置」というイメージが強かった「貸し倉庫」。今や、呼称も変わり、さまざまな用途に使われることが多くなった、トランクルーム。 もちろん、本来の使用目的である倉庫として利用している人は多くいますが、住まいとして利用するなど、誤った使い方をしている人がいるというニュースがあがってきています。 「ここに、住んでしまいたい」と思わせるほど、「快適」と感じるトランクルーム。実際、トランクルームに住むのはいいのか、だめなのか。どこまでの範囲で利用することができるのかを、見ていきましょう。